小説, 刃と夜, 第二章「痕」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 両手をポケットに突っ込んで歩き慣れた道を歩く。 コンクリートで舗

Silly rond~白き聖女と、終わる世界~, 小説, 第Ⅱ章「剣 -brade-」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 恐い。 胸元のロザリオを、きつく握り締めた。 痛かった。 だけど

小説, 刃と夜, 第二章「痕」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 忘れてしまった話術を、人との付き合い方を必死に思い出そう、思い出

Silly rond~白き聖女と、終わる世界~, 小説, 第Ⅱ章「剣 -brade-」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 それに、反射的に頬を抑える。 痛い。 初めての感触だった。 あの

小説, 刃と夜, 第二章「痕」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 上芝(かみしば)大学のゼミの制度では自分のゼミが合わないと感じた

Silly rond~白き聖女と、終わる世界~, 小説, 第Ⅱ章「剣 -brade-」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 一度上げるまでが、五秒。 そして落とし足首の前の定位置で止めて反

小説, 刃と夜, 第二章「痕」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 黒帯を引っつかみ、素早く腰に結んで階下に下り、裏の勝手口から離れ

Silly rond~白き聖女と、終わる世界~, 小説, 第Ⅱ章「剣 -brade-」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 動かない手足。 動かなくなった子供。 届かない、窓の外の世界。 

小説, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 現在壇上のホワイトボードは白いスクリーンに覆われており、そこには

Silly rond~白き聖女と、終わる世界~, 小説, 第Ⅱ章「剣 -brade-」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 しかし、ビクともしない。 テコでも使っているかのように。 さらに