新着記事

黙想する大山倍達

: 空手および格闘技

黙想 稽古前後に行われるそこに秘められた、武道空手の深奥とは――

黙想 極真空手の稽古において、それを始める前に正座してまず初めに行われるものだ。 ...
白蓮会館世界王者北島悠悠

: 空手および格闘技

“白蓮世界王者”北島悠悠 南豪宏に次ぐ絶対王者として塚本徳臣とも激闘を繰り広げた必殺の飛び膝蹴り!

白蓮会館覇者 最強の侵略者である、白蓮会館、その初期を支えた絶対的な覇者であり、 ...
ロッキー・リンにアッパーを打ち込むリカルド・ロペス

: 空手および格闘技

ホワイトファング!リカルドロペス最強伝説 はじめの一歩越え衝撃アッパーが相手を場外まで吹き飛ばす!

史上最強リカルド・マルチネス 範馬刃牙でいう範馬勇次郎、ドラゴンボール超でいう破 ...
郭雲深の半歩崩拳

: 空手および格闘技

“半歩崩拳あまねく天下を打つ”郭雲深 郭海皇のモデル,史上最強の武術家 太氣至誠拳法澤井健一の師 王郷斎を弟子に持つ!

郭雲深 私の先生は実技のみではなく、空手のみではなく、様々なジャンルや、そして武 ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • 七十一話「前羽の構え」超本格格闘技小説顎

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  息が、口の隙間から漏れただけのような声が出た。 だが、それでも返事は返事だった。  哲侍はそれを、受け取った。 「 ……

  • Ⅲ/絶望のはじまり①

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  アレ=クロアは、母の墓を作った。  家の裏手に。 既に村のほとんどが襲われ、みな逃げ出すか――殺されてしまっていた ……

  • 第43話「作戦その2「男らしく熱く語ってけ!ww」」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 「と……とりあえず、現段階としては最後の先走り」  睨むと、悪かった悪かったもうからかわねーよ、とにやけ面(づら)の ……

  • Ⅺ/月が世界を食べる夜①

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  ベトはあのあとアレを抱えて、部屋まで連れてきた。  そして自分のベッドに横たえたあと傍の椅子の上に自身も座り込み、 ……

第27話「バッグの中身①」

2020年10月8日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 女の子はパンを食べていた。

 何のパンかはよくわからなかったが、よそ見をせずにまっすぐ前だけを見て淡々と食べていた。
 それは食事を楽しむというより、ただ必要だからその作業を行っているというような印象を受けた。

 そのまま顔に視線をずらす。

 少し、心が色めき立った。

 その顔のつくりに、綺麗さという形容詞の中に可愛いさという相反する要素を秘めたような、不思議な印象を受けたからだ。
 格好、仕草、表情と無駄の無い中にある整った顔立ちは、人の顔、というよりも名の知れた職人が作ったフランス人形のような完成された美しさがあった。

 が、背の低さと顔のパーツ――例えば瞳はつぶらで、頬の輪郭は丸い――そのものはあどけなさを感じさせるものがあり、それが先の矛盾した印象に結びついていた。

 床に置いてあるハンドバッグを見る。
 形はオーソドックスな、財布や携帯電話などの小物を入れるタイプの小さいものだ。
 色は黒で、遠目ということで素材はよくわからなかったが光沢はないのでエナメルや皮製ではないと思う。
 柄も特に無く、酷くシンプルな印象を受ける。

 取っ手の周りを見ていると、ジッパーが少しだけ開いていることに気づいた。

 大体指二本分くらい。
 バッグはこちらに腹を見せる形で置かれているため、少し背を逸らせば中身が見えるかもしれない。

 ほぼ無意識の反応だった。
 見れるものなら見る、という、何とも原始的な行動動機だったと思う。

「くぁあ――っ」

 わざとらしいほど、疲れた人間が息抜きに体を伸ばす時の声を出して両手を伸ばし椅子を傾け、体を逸らす。
 逸らしながら一瞬、横目を使う。

 瞬間、僕は目を剥いた。

「――――っ!」

 危うく声が出そうになるのと椅子が倒れそうになるのを、生唾を飲み込むことと両足を突っ張ることでギリギリ堪えた。
 息を細く吐きながら浮いた椅子の前足を静かに戻し、俯く。
 さっき見えたものを冷静に考える。
 彼女の足元のバッグの、僅かに開いたジッパー。
 特に深い理由もなく降って沸いた好奇心から覗いたそこには……いや、でも、見えたのは一瞬だ。
 確証は持てない。
 だけど、でも、そう見えた。
 僕の網膜が捉えたのは……ジッパーの下の、まるで地獄の底のような暗い空間から覗いていたのは……

 ――白いもの。

 丸く、先端が割れている白いものが、ぽこっと飛び出しているように、見えた。
 それはまるで、下の方が棒のようにになってる、

 骨――――のような……

 最初に浮かんだのは、絶対に見間違いだと叫ぶ内なる声だった。
 絶対見間違いだ。
 そんな訳ない。
 なんでハンドバッグに骨を入れる必要がある?
 よく考えろ。

___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇