Silly rond~白き聖女と、終わる世界~, 小説, 第Ⅱ章「剣 -brade-」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 隣で剣の手入れをしてた髭もじゃが、勝手に会話に参加してきた。まぁ

Silly rond~白き聖女と、終わる世界~, 小説, 第Ⅱ章「剣 -brade-」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 どさっ、と物のようにベッドの上に投げる。 それでもなお、アレは起

小説, 刃と夜, 第二章「痕」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

「……ごめんなさい。白柳(しろやなぎ)君のこと、嫌いじゃないんだけ

小説, 刃と夜, 第二章「痕」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 バスに揺られながら、僕は不意に強烈な眠気に襲われた。 ここのとこ

小説, 刃と夜, 第二章「痕」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 首以外の体はまったく動かなかった。 それどころか感覚すらまったく

小説, 刃と夜, 第二章「痕」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 ストレッチャーが動き、僕は手術室の中に入った。 今回は全身麻酔を

小説, 刃と夜, 第二章「痕」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 そうして僕も吐き出すものがなくなり、嗚咽もようやく落ち着いてきた

Silly rond~白き聖女と、終わる世界~, 小説, 第Ⅱ章「剣 -brade-」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 なら、どうする? 難しい。 話しかけるか? コミュニケーションな

Silly rond~白き聖女と、終わる世界~, 小説, 第Ⅱ章「剣 -brade-」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 どうしようもない世界。 その言葉は、ベトの胸に突き刺さるようだっ

小説, 刃と夜, 第二章「痕」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 それでも何十人もの、あるいはもっとたくさんの患者のリハビリを担当