Silly rond~白き聖女と、終わる世界~, 小説, 第Ⅱ章「剣 -brade-」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 気づけばアレは、眠っていたようだった。「……ん、んん?」 瞼を開

Silly rond~白き聖女と、終わる世界~, 小説, 第Ⅱ章「剣 -brade-」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

「…………」 それに対してアレは凍結、無言で応えた。 初めて会う人

Silly rond~白き聖女と、終わる世界~, 小説, 第Ⅱ章「剣 -brade-」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 ベトからの適当な説明に、アレは律義に頷く。 それにスバルはやれや

小説, 刃と夜, 第一章「世界一」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 僅か小学一年生でこの狡猾さとは……やっぱりちょっぴり将来が不安、

小説, 刃と夜, 第一章「世界一」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 ……でかい。 後ろ足だけで立った状態の頭が、天井近くに達している

小説, 刃と夜, 第一章「世界一」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 妹を抱きかかえようとしてた手を思い切り引き、右半身の体勢から半回

小説, 刃と夜, 第一章「世界一」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 ついさっきまでの僕は確かに動揺もしていたし、衝撃も感じていながら

小説, 刃と夜, 第二章「痕」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 桐峰筋(きりみねすじ)。 早瀬市(はやせし)の中心地に位置する繁

小説, 刃と夜, 第二章「痕」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

「今日の卒論発表会、結構長くてだるかったね。正直みんなもっと色々と

Silly rond~白き聖女と、終わる世界~, 小説, 第Ⅱ章「剣 -brade-」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 なにも読みとれない。 それはわかりやすいバカな生き物と認識してい