第壱章「風の少年」,,小説

前書き空手歴20年以上の経験を注ぎ込んだ小説

顎と書いて、あぎと、と読みます。

私は武道家の父を持ちます。物心ついた時より、極真空手を学んできました。
行住坐臥、常に修行の ...