新着記事

黙想する大山倍達

: 空手および格闘技

黙想 稽古前後に行われるそこに秘められた、武道空手の深奥とは――

黙想 極真空手の稽古において、それを始める前に正座してまず初めに行われるものだ。 ...
白蓮会館世界王者北島悠悠

: 空手および格闘技

“白蓮世界王者”北島悠悠 南豪宏に次ぐ絶対王者として塚本徳臣とも激闘を繰り広げた必殺の飛び膝蹴り!

白蓮会館覇者 最強の侵略者である、白蓮会館、その初期を支えた絶対的な覇者であり、 ...
ロッキー・リンにアッパーを打ち込むリカルド・ロペス

: 空手および格闘技

ホワイトファング!リカルドロペス最強伝説 はじめの一歩越え衝撃アッパーが相手を場外まで吹き飛ばす!

史上最強リカルド・マルチネス 範馬刃牙でいう範馬勇次郎、ドラゴンボール超でいう破 ...
郭雲深の半歩崩拳

: 空手および格闘技

“半歩崩拳あまねく天下を打つ”郭雲深 郭海皇のモデル,史上最強の武術家 太氣至誠拳法澤井健一の師 王郷斎を弟子に持つ!

郭雲深 私の先生は実技のみではなく、空手のみではなく、様々なジャンルや、そして武 ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • 第85話「虎顎の構え」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 「――初段、石窪正治(いしくぼ せいじ)。三段、白柳進也(しろやなぎ しんや)」  どよめきが沸き起こる。  来た。 ……

  • 十二話「雑木林の雑談」超本格格闘技小説顎

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  そして、放課後。  神薙兄妹と天寺は、雑木林の中を歩いていた。  堆守高校から二十分ほどいったところにあるそこは、 ……

  • 第10話「仮初の日常②」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 「今日の卒論発表会、結構長くてだるかったね。正直みんなもっと色々と見応えがある大掛かりなものが出たり、飽きないような ……

  • ⅩⅣ/悪魔憑き⑥

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  しかし感じている当人が言うことしか出来なくてかなしいというのもなかなかに突きぬけた感性であり、そして自分がかなしい ……

Ⅷ/夕餉の宣誓②

2020年10月9日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 その素直な言葉に、男たちは一斉に息を吐く。
 やっぱりか、という落胆というか安心というか。

 それに強張っていたレックスも気を緩め、

「ほ、ほら見ろ。やっぱりなんだかんだ言っても、世界をどうとかとか……」

「でも、変えなくてはいけないんです」

 アレの視線も口調も、僅かにも変わってはいなかった。

「わたしは、契約した。この命を捧げると。だからわたしはすべてを捨ててでも、世界を変えなければいけない」

 デジャヴ、いや違う。以前も聞いたこのフレーズだったが、その真意は――

「け、契約って、なんだよ? お前、誰とそんなもんしたんだよ?」

 すっかり相手役になったレックスの言葉にアレは瞼を閉じ、

「――神様と」

『……………………はぁ?』

 突然の言葉に、レックスだけでなくその場にいた全員が、同時に間抜けな声を出した。

 しかしベトだけは、なぜかリンクしてしまった。
 今までの彼女の言動と心の内を、聞いていたから。
 直接神だなんだと聞いたわけではない。
 しかし――

「わたしの身は、既に死んでいる。あの時、殺されている。生きながらえたのは、使命があるから。そのためだけに、生きる。たといどんな不条理が、無理難題が待ち受けていようが、関係ない。それがわたしの、使命だから」

 我が身、顧みない。

 ただその身その命、使命のためだけに。

『――――』

 みな、それに感動していた。
 いや最初は動揺していたのだが、そして普通そんな言葉を聞けば疑惑も湧きそうなものなのだが、アレのあまりに真っ直ぐで、疑いを知らない姿勢、態度に、誰もが引きこまれ、そしてそれをなんの力も持たず、肉親を殺されたばかりの少女が語っているという事実が、みなに感動をもたらしている要因だった。

「そ、それで今日剣を……?」

「ベトに、教わってました。でも、ぜんぜんうまく出来ません。ダメですね、へへ」

 そこで年相応に、にこっと微笑んだ。
 それにもう、みんな骨抜きだった。

「わ、わしで良ければなんでも教えるよ、なんでも聞いてくれ!」
「スバルのおっさんはエロいこと教えるだけでしょ! お、俺が手伝うよなんでも!」
「おれを頼ってくれよ、頼むから、頼むからさ……!」

 もうどっちがどっちなのかわからない言葉たちの羅列。
 それにアレは少し、というかかなり困った表情で笑顔を返すだけだった。

 そんな周囲を、ベトはどうともつかない表情で見つめていた。

 夜、眠りにつく。
 住み慣れた部屋。
 これでこのアジトでの暮らしも、四年を数えた。
 終わりの見えない、泥沼の戦争。
 別に不満も疑問もない。
 殺し合いたい同士、好きなだけ殺し合えばいいと思う。
 自分は金さえ頂ければ、好きなだけ殺そう。

 ただ、あの娘は言った。

「それが悲しい、ね……」

 呟いてみた。
 床についたあとになにかを考え、ましてや呟くだなんて、ずいぶん無いことだった。
 だからその無駄が、新鮮だった。

 無駄は嫌いだった。
 無駄を省いて、ただ生きてきた。
 生きるために無駄な動きを省き、ただ殺してきた。
 生きるとは、人間とはそういうものだった。

 なんなんだ、あの娘は。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇