第壱章「風の少年」,,小説

前書き空手歴20年以上の経験を注ぎ込んだ小説

顎と書いて、あぎと、と読みます。

私は武道家の父を持ちます。物心ついた時より、極真空手を学んできました。
行住坐臥、常に修行の ...

第弐章「産声」,,小説

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

本編

 神薙家の遙の部屋では、兄妹(きょうだい)会議が行われていた。

第弐章「産声」,,小説

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

本編 天寺司(あまでら つかさ)。

 2年1組、出席番号1番。 ...

第弐章「産声」,,小説

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

本編 再び思考。

 あの時大島と天寺の間には、腕を伸ばしたくらいの距離 ...

第弐章「産声」,,小説

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

本編 そして、5分後。

 なぜか身長156センチの朱鳥は、その3メート ...

第弐章「産声」,,小説

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

本編 それをしっかりと確認してから、天寺はゆっくりとその瞼を開いた。 静かに ...

第弐章「産声」,,小説

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

本編

 意外な言葉だった。
 てっきり朱鳥はこっちのことなんて気 ...

第弐章「産声」,,小説

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

本編

 天寺はそれを聞き、頭を掻いた。

 それを戦闘承諾と受 ...

第弐章「産声」,,小説

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

本編 そして、放課後。 神薙兄妹と天寺は、雑木林の中を歩いていた。 堆守高校 ...

第弐章「産声」,,小説

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

本編 二人、言葉がハモる。

 そして天寺を先頭に進行を再開し、 ...