小説, 刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 考えていると余計に気が滅入り、僕は教授に気づかれないように机の陰

Silly rond~白き聖女と、終わる世界~, 小説, 第Ⅱ章「剣 -brade-」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 その日の夕食。 アレは生まれて初めて、おばあさん以外の人と一緒に

小説, 刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

「そもそも聞いた話によるとさ、美香ちゃんには既に彼氏がいたって話だ

Silly rond~白き聖女と、終わる世界~, 小説, 第Ⅱ章「剣 -brade-」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 笑顔で問いかけてやると、アレはびくびくしながら後ずさりつつも必死に笑顔を作 ...

前書き, 小説, 月が堕ちた夜

今回はちょっぴりまじめな感じです。私は幼少期、入院したことがあります。しかし記憶という記憶はありません。

ただなんとなく、雰囲気を覚えています。言葉に出来るものはいっさいありません。た ...

小説, 第1章「death」, 月が堕ちた夜

 空に、堕ちた。 彼女のその姿は、ぼくの瞳にそう写った。

 真っ逆さまに、天に吸い込まれていく。

 そんな風に見えた。
 それは常識で考えられている重力とは ...

小説, 刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

「まぁまぁ。恋愛のやり方なんて、個人の自由なんだしさぁ」「そんなこと言ってる ...

Silly rond~白き聖女と、終わる世界~, 小説, 第Ⅱ章「剣 -brade-」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 そして深々と、頭を下げる。

 それに全員、ぽかんと口を開けていた。反 ...

空手および格闘技・羽生善治論, 前書き, 小説, , 超本格格闘技小説「顎」

顎と書いて、あぎと、と読みます(笑)

これは自分が実質的に初めて完成させた小説です。

はっきり言いますと、出てくるキャラすべてにモデルがいます。そして、空手

空手および格闘技・羽生善治論, 小説, 第壱章「風の少年」, , 超本格格闘技小説「顎」

 負けたくない。

 ずっとわたしは、想ってきた。

 負けるのが嫌だった。徒競争から、給食を食べる量とかまで、なんでも。
 とにかく女だからとか、そういう納得いかない理由で差 ...