小説, 第1章「death」, 月が堕ちた夜

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 生まれてからぼくは、まともな人間関係というものを知らずに生きてきた。

小説, 刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 テレビが置いてある購買部前のテーブル席。

 施設が清潔なカフェテリア ...

Silly rond~白き聖女と、終わる世界~, 小説, 第Ⅱ章「剣 -brade-」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 その素直な言葉に、男たちは一斉に息を吐く。

 やっぱりか、という落胆 ...

小説, 第壱章「風の少年」, 超本格格闘技小説「顎」,

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 ひと目見ただけで、三歩は後ずさりたくなる濃さ。

顔と髪が脂でべったり ...

小説, 第1章「death」, 月が堕ちた夜

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

「――――」

 裕子さんがドアを閉めたのを確認し、ぼくは横になり、毛布 ...

小説, 刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 パンをお手玉にして紙袋が立てる音を楽しみながら階段を昇り、吹き抜けに出た。 ...

Silly rond~白き聖女と、終わる世界~, 小説, 第Ⅱ章「剣 -brade-」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

「……使命、ね」

 考えていた。 使命。 使わされた命。 命の、使い方 ...

小説, 第壱章「風の少年」, 超本格格闘技小説「顎」,

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 ただですら繊細、という文字が辞書にないようなやつだ。
 ちゃ ...

小説, 第1章「death」, 月が堕ちた夜

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 生きている意味ばかり考えていた。

 物心ついてから、ずっと。 ...

小説, 刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 女の子はパンを食べていた。 何のパンかはよくわからなかったが、よ