新着記事

黙想する大山倍達

: 空手および格闘技

黙想 稽古前後に行われるそこに秘められた、武道空手の深奥とは――

黙想 極真空手の稽古において、それを始める前に正座してまず初めに行われるものだ。 ...
白蓮会館世界王者北島悠悠

: 空手および格闘技

“白蓮世界王者”北島悠悠 南豪宏に次ぐ絶対王者として塚本徳臣とも激闘を繰り広げた必殺の飛び膝蹴り!

白蓮会館覇者 最強の侵略者である、白蓮会館、その初期を支えた絶対的な覇者であり、 ...
ロッキー・リンにアッパーを打ち込むリカルド・ロペス

: 空手および格闘技

ホワイトファング!リカルドロペス最強伝説 はじめの一歩越え衝撃アッパーが相手を場外まで吹き飛ばす!

史上最強リカルド・マルチネス 範馬刃牙でいう範馬勇次郎、ドラゴンボール超でいう破 ...
郭雲深の半歩崩拳

: 空手および格闘技

“半歩崩拳あまねく天下を打つ”郭雲深 郭海皇のモデル,史上最強の武術家 太氣至誠拳法澤井健一の師 王郷斎を弟子に持つ!

郭雲深 私の先生は実技のみではなく、空手のみではなく、様々なジャンルや、そして武 ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • 二十八話「サンドバッグ」超本格格闘技小説顎

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________  そしてその場所は ……

  • 第九話「脅し」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  それをしっかりと確認してから、天寺はゆっくりとその瞼を開いた。  静かに、自然に、それはまるで仏が悟りを開くときの ……

  • 五十九話「乾坤一擲」超本格格闘技小説顎

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  夕人が動いた。  今まで以上の、暴風のような左ミドルの嵐が叩き込まれる。 ごつ、ごつ、ごつと痛々しく脛が尺骨を叩き ……

  • 第47話「嘘みたいな熱気に包まれて入道雲が高かった屋上で、嘘みたいな十九分間」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  むしろ開き直った。 『いいよ。何時にどこに集まろうか?』  しばしの間をおき、携帯が震える。 『学校。9時』  ― ……

第25話「リハビリ①」

2020年10月8日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 テレビが置いてある購買部前のテーブル席。

 施設が清潔なカフェテリア。

 広くて温かい料理が食べられる食堂。

 空気が綺麗で眺めがいい屋上、というように、僕の大学は食事をするロケーションには様々なニーズに応えている。
 だけどその中にあって、あえて僕はここを好んで利用していた。

 こんな場所、昼休み時なんてほとんど誰も来ない。

 大抵の人はさっき言った場所に行って友達との語らいに花を咲かせるし、友達がアリーナを利用する場合は一階から二階までぶち抜いている観客席に座る。
 利用する時といえばせいぜいこの真後ろにある教室が次の授業で、しかも不測の事態が起こってすぐに中に入れない時に待つ場合とか、休み時間に移動教室の生徒が時折向こうの教室からこちらの教室に歩いてくる人が通り過ぎるくらいだ。

 僕はいつも、そこで何を考えるでもなくぼーっとアリーナの方を見下ろして昼食をとる。

 なぜか。
 それは僕が未だにまだ、完全には人との付き合いに馴染めていないことをあらわしていた。

 話すと、楽しい。
 それは間違いない。

 嬉しい。
 それも本当だ。
 笑いあえる仲間がいてそんな風に感じないわけが無い。

 だけど、僕の場合それだけじゃない。
 自分自身だって、話したり一緒にいる間感じてるわけじゃない。
 思ってるわけじゃない。

 だけど、やっぱりいつの間にかそれは訪れている。

 疲労だ。

 嫌いな人間と無理やり一緒にいて作り笑いをしていた訳でも、面接や接待をしたわけでもないのに、やっぱりふと感じる、この脱力感。
 切間と喋るのが、隼人と笑い合うのが苦痛なわけじゃないのだ。
 僕はそもそも、誰かの視線に晒されるそれだけでも、普通の人間以上に緊張しているのだろうと思う。

 自意識過剰。
 そういわれれば反論のしようもないが、僕自身、今のところ直しようが無い。
 意識しているわけじゃないのだ。
 これが僕にとっての、普通なのだ。
 外に出て、誰かと関わり合いになるだけでも、こんな風になるとは……

 きっと僕は、今でもリハビリが続いているのだろうと思っている。
 元の当たり前の人間の関係が"演じられるようになった"だけなのだろう、と。
 僕自身楽しんでもいるし、自然にやっているつもりでも、それはまだ全て曝け出してる――もちろんそんなこと、みんなしているわけじゃないのはわかっているが――わけでもなく、形だけ取り繕ったものなのだろう、と。
 だからそれまでは気長に、こんな風に小休止を取りながらなんとかやっていこうと思っている。

 ただ、今期に入ってからはまだ一度もそこで昼食を取る機会がなかった。
 理由は、やっぱり美香ちゃんに振られたことが要因だ。
 全然食欲とかわかなかった。
 面倒で、屋上の隅っこで人目を避けるように横になって寝てた。
 ただ、このままじゃいけないとも思う。
 切間にもいつまでも腑抜けてんなと言われた。
 久々にいつもの習慣を取り戻していこう。

 そう考えて、一限の休み時間に購買部で買っておいたパンを食べようと、指定席に向かっていた。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇