新着記事

黙想する大山倍達

: 空手および格闘技

黙想 稽古前後に行われるそこに秘められた、武道空手の深奥とは――

黙想 極真空手の稽古において、それを始める前に正座してまず初めに行われるものだ。 ...
白蓮会館世界王者北島悠悠

: 空手および格闘技

“白蓮世界王者”北島悠悠 南豪宏に次ぐ絶対王者として塚本徳臣とも激闘を繰り広げた必殺の飛び膝蹴り!

白蓮会館覇者 最強の侵略者である、白蓮会館、その初期を支えた絶対的な覇者であり、 ...
ロッキー・リンにアッパーを打ち込むリカルド・ロペス

: 空手および格闘技

ホワイトファング!リカルドロペス最強伝説 はじめの一歩越え衝撃アッパーが相手を場外まで吹き飛ばす!

史上最強リカルド・マルチネス 範馬刃牙でいう範馬勇次郎、ドラゴンボール超でいう破 ...
郭雲深の半歩崩拳

: 空手および格闘技

“半歩崩拳あまねく天下を打つ”郭雲深 郭海皇のモデル,史上最強の武術家 太氣至誠拳法澤井健一の師 王郷斎を弟子に持つ!

郭雲深 私の先生は実技のみではなく、空手のみではなく、様々なジャンルや、そして武 ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • ⅩⅩ/火中の対話①

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  なにが彼女をそこまで言わせるのかは、わからなかったが。 「……ならばベト。貴方の責任は、重大だ」 「ああ、わぁって ……

  • #41「死」小説月が堕ちた夜の表紙

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  死がどういうものか、実のところぼくは考えたことがなかったのかもしれない。  死とは、訪れるものだと思っていた。 そ ……

  • #20「聞き飽きた、常套句」小説月が堕ちた夜の表紙

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  朝起きると、いつものように彼女の姿はなかった。  まるで夢か、幻のように。 それがもし事実とするなら、ぼくはもう先 ……

  • Ⅻ/ベトの離脱③

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  ぼんやりお日様を眺めていたら、声をかけられた。  でっぷりした体躯にひかる禿頭、スバルだ。 スバルは初めて会った時 ……

Ⅶ/傭兵の生活⑥

2020年10月9日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 その日の夕食。

 アレは生まれて初めて、おばあさん以外の人と一緒に食事をとることになった。

 それも、大人数の異性と。

 しかも、大広間で。

「…………」

 少し濁った野菜スープを、一杯スプーンですくう。
 野菜スープといっても、人参や玉ねぎが糸くずみたいに細く切られて入っているだけだ。
 しかも濁っている理由が得体が知れない。
 飲むのには、かなりの勇気を要する。

 考え、しばらくして、かなりゆっくり、口元へ運ぶ。

 啜る。

 なんていうか、ぬるいお湯を呑んだ感じ。
 しかもべちゃ、ってしてる。

「…………」

 感想は、言い辛かった。
 他の食材に、目を向ける。

 なんだか焼かれた肉というか肉の塊というかそんなものがあった。
 どうやって食べるんだろう、あれ?

 フォークじゃ、とても無理そう。

「おう、嬢ちゃんどうしたん?」

 唐突に後方から、声をかけられた。
 周りはみんな他より少しでも多く食べようとガフガフやっていて話しかけられることはないだろうと油断していたアレは振り返るよりもビクッ、と身を固くする。

 そこに肩を置く、不審人物。

「そ、そんなに緊張しなさんなや……おじさん、そんな小兎みたいな初心な若い娘見ると、興奮しちゃうぞ……ハァ、ハァ」

「くたばれ不審者」

 真下から、またも脇腹にアッパーカット。

「ぐべらぁアア!?」

 それに不審人物――スバルの100キロを超える巨体が、30センチは浮き上がる。
 そして床に、べちゃ。
 あとは打ち砕かれたアバラを押さえてのたうち回った。

 それを上からゴミを見るような目でベトは見下ろし、

「……ったく、本当このじじぃはエロで適当で自分勝手で、どうしようもねぇ」

「あ、ベト……」

 それにアレは、水場を見つけた子羊のような瞳で振り返る。
 それにベトは少しうろたえ、

「お、おう。飯、食ってっか? う、美味いか?」

「うん……う、ん? ぅ、んん?」

「て、なんだその反応? 食ってねぇのか?」

「う、うぅん?」

「どした? 不味いのか?」

「う、うん」

「……ま、そりゃそうか」

 そして隣にどっかと腰を下ろす。
 そして皿を傾けスープを啜る。自分にとってみれば悪くないが、まぁ冷静に考えれば美味かぁない。
 普段がろくなもん食ってないから、舌が妥協してるんだろう。

 続いてパンを一口食い千切り、手近の肉塊をフォークで、ぶちぎる。
 そして未だパンをムシャムシャしてる口内へ放り込む。
 味付けも雑なそれでも、貴重なたんぱく質、栄養源。
 うむ、悪くない。

 肉食わないと剣なんて振れるか。

「……うわぁ」

 隣から、引くような声。
 それにベトは、アレの存在を思い出す。

 確かに、女性から見ればこの食卓は荒々しいの一言か。
 しかもこの子は、今までずっと部屋のベッドの上で純粋培養されてきたわけだし。

 ――汚してみたい。

「なぁ、あんた?」

「な、なにベト……」
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇