新着記事

黙想する大山倍達

: 空手および格闘技

黙想 稽古前後に行われるそこに秘められた、武道空手の深奥とは――

黙想 極真空手の稽古において、それを始める前に正座してまず初めに行われるものだ。 ...
白蓮会館世界王者北島悠悠

: 空手および格闘技

“白蓮世界王者”北島悠悠 南豪宏に次ぐ絶対王者として塚本徳臣とも激闘を繰り広げた必殺の飛び膝蹴り!

白蓮会館覇者 最強の侵略者である、白蓮会館、その初期を支えた絶対的な覇者であり、 ...
ロッキー・リンにアッパーを打ち込むリカルド・ロペス

: 空手および格闘技

ホワイトファング!リカルドロペス最強伝説 はじめの一歩越え衝撃アッパーが相手を場外まで吹き飛ばす!

史上最強リカルド・マルチネス 範馬刃牙でいう範馬勇次郎、ドラゴンボール超でいう破 ...
郭雲深の半歩崩拳

: 空手および格闘技

“半歩崩拳あまねく天下を打つ”郭雲深 郭海皇のモデル,史上最強の武術家 太氣至誠拳法澤井健一の師 王郷斎を弟子に持つ!

郭雲深 私の先生は実技のみではなく、空手のみではなく、様々なジャンルや、そして武 ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • ⅩⅦ/愛と優しさ①

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 「ほォ……いいのか、マテロフ」 「はい、いいです。すごくいいです。わたしマテロフさん、大好きです」 「そんなにか…… ……

  • Ⅺ/月が世界を食べる夜①

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  ベトはあのあとアレを抱えて、部屋まで連れてきた。  そして自分のベッドに横たえたあと傍の椅子の上に自身も座り込み、 ……

  • 第48話「一番心許せるとも」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 「時間、変えてもらった方が良いかな?」 「……でもまぁ、最初のデートは早目に切り上げてしつこくない爽やかさをアピール ……

  • 四十一話「都大会」超本格格闘技小説顎

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編

第32話「五月二十九日、木曜日①」

2020年10月8日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 そんな悪夢を見た日の大学の昼休み、

「今日も……いる」

 少しの驚きと共に、僕は過去の自分の指定席に違和感無く座る彼女の姿を見つめていた。

 今日の日付は、衝撃の出会い――ってほどでもなかったが、それから二週間が経った、五月二十九日、木曜日。

 彼女はあれから、毎日僕の指定席に現れた。
 昼休み時間になって以前のようにあらかじめ休み時間に買っておいたパンを持ってぶらぶらと吹き抜けに出ると、必ず既に彼女はいて、じっと前を見ているのだ。
 そしてしばらくするとおもむろにバッグからパンを取り出し、頬張りだす。
 あの日から僕が座る指定席は、そこから三つ右側に離れた席に変わっていた。

 ストーカーみたいだな……。
 新しい指定席に座り、カツカレーパンを頬張りながら僕は自嘲気味に思った。

 初めて会った……というか、見つけた日以来、僕は彼女に話しかけることをしていない。
 ただこの新しい指定席に座って所在無くアリーナの方を眺めたり、たまに彼女の方を盗み見たりしながら食事を取っているだけだ。
 一人でぼんやりと放心しながら取っていた頃と違う、たった一人誰かが近くに座っているというだけで繰り広げられる、無言という名の緊張感。

 あの日以来、僕は昼休みになるたびその中に飛び込んで昼食をとるはめになった。
 無言の緊張感のせいで、昼食の味なんかまるでわからなかった。
 だったら場所を変えればいいだろ、と言われそうだが、僕自身はこの場所の寂れた感じを気に入っていたし、やっぱり彼女のことが気になってもいた。

 あの黒一色の格好に意味はあるんだろうか?

 あのバッグの中身は本当はなんだったんだろうか?

 気がつけば僕は食事もそこそこに彼女の方を盗み見ていた。
 そんな毎日を過ごしてるうちに僕は、彼女に関する三つの事柄を確認した。

 一つ。

 僕が学校で見る限りではあるが、彼女は最初に着てた時と同じ格好しかしてきていない。
 これはいわゆる全身黒で統一されたワンピース、帽子、手袋、ハイソックス、ローブーツにハンドバッグというものだ。
 しかし汚れてる様子も――黒だから確証はないが――しわが寄っているような様子もないので、同じものを何着も持っている可能性が大きい。

 てか多分持ってる。

 女性だし。

 これであの日が葬式だったから、特別に喪服として着ていた訳ではないと判明。
 しかしあの日が葬式ではなかった、ということの決め手にはならないと思われる。
 なぜならあの日、僕は彼女のバッグの中に――(以下推測に過ぎない為、省略)

 二つ。

 彼女は昼食中においては前方だけを注視し、一切視線を外さず、表情も変えず、食事のための仕草も最小限のみに留めている。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇