新着記事

Thumbnail of new posts 101

: 空手および格闘技

“ヒットマン”長田賢一 空道北斗旗を通算7度制し,佐竹雅昭,極真と共に最強の一角に数えられた、一撃必殺のその打撃!

大道塾草創期の絶対王者 大道塾空道を代表する選手として、その草創期に多大なる活躍 ...
Thumbnail of new posts 178

: 空手および格闘技

ミッシェルvsアデミール 欧州最強の男と南米の星で繰り広げた星の潰し合い、世界最強を決める壮絶な戦い!

極真史上最高のBEST BOUT それを考えた場合私の頭に、3つの戦いが浮かんで ...
Thumbnail of new posts 174

: 空手および格闘技

残り1秒の奇跡 塚本徳臣vsローマン 会場総立ちにした究極の一撃必殺!

格闘技史上最高の盛り上がり 極真史上いやもしかしたら格闘技史上においても、最も会 ...
Thumbnail of new posts 148

: 空手および格闘技

本物のデンプシーロール!幕之内一歩の必殺技元祖ジャックデンプシー,その勇姿!!

ジャック・デンプシー 彼ほどあの漫画の影響で有名になったボクサーもいないのではな ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • 第9話「仮初の日常①」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  桐峰筋(きりみねすじ)。  早瀬市(はやせし)の中心地に位置する繁華街のここは、市内でも一際都会然とした雰囲気を漂 ……

  • #48「彼女の願い」小説月が堕ちた夜の表紙

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  ぼくは苦笑しつつ、 「辛かった、ずっと……いいことなんてなくて、こんなんじゃ死んでも死にきれないって、思ってたんだ ……

  • #53「受け入れる、それさえも」小説月が堕ちた夜の表紙

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  おかあさん、と。 呼ぶことが出来ることが。 遼ちゃんと、呼んでもらえることが。 なんの気兼ねもなく、なんでも話せる ……

  • 七十三話「格闘技ビジネス」殴り蹴りあう空手家二人

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  その日、会場には大量の観客が訪れていた。  三枝の宣伝は効果的だった。 あの練仁会世界チャンピオンの間六彦が、盟帝 ……

Ⅶ/傭兵の生活②

2020年10月9日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 それに、反射的に頬を抑える。

 痛い。
 初めての感触だった。
 あの時――尖った金属を無理やりに肉に分け入られたのとは、別の衝撃を覚えた。

 それに、頭真っ白になった。
 それで前を見たら、ベトがいた。

「……ベト?」

「っ……やっと正気に戻ったかよ? ったく、んま焦らせんなよ」

 顔に手をやり、そのまま後ろのベッドに仰向けになる。
 その状況に、アレは完全に頭?になる。

「え……その、あ、あれ?」

「んだよ? 慣れない寝床に、怖い夢でも見たかよ?」

 ベトの言葉に、今までのことを整理し――納得する。

「あ……は、はい。その、そうみたい、で……」

「ま、しゃあねぇか。いきなり俺みたいな危ない奴と二人っきりの部屋で寝たんだ。そりゃ悪夢も見るよな。ハハ」

「いえそんな、危ないだなんて……」

 そういえば最初の出会いでは娼婦だなんて呼ばれて連れて行かれそうになったことを思い出す。
 なかなかフォローが難しい状況だった。

「ま、それでも今すぐ手を出す気はないから……っつても安心してくれとは言い辛いがな」

 正直すぎる言葉に、アレは何も言いだせなかった。
 今すぐ、ということは後には予定があるのだろうか?
 しかも安心してくれとは言い辛いとは、結局何が言いたいのかわからない。

 わけわからない会話。

「……ぷっ」

 思わず噴き出したアレに、ベトはベッドの上で上半身を跳ね起こし、頭に?を浮かべる。
 そうこうしているうちに、召集の鐘が鳴った。
 それにベトはベッドから飛び上がり、立ち上がる。

 アレはさらに?を頭の上に浮かべ、

「じゃあ、行くか。昨日約束したろ?」

 炎天下。

 それは、地獄の所業だった。

「ほれ、127,128,129,130っ!」

「う……く、ぐ、っぅうう……!」

 アレは、剣を振っていた。

 アレが泊まった建物はコの字型に展開しており、中庭が存在していた。
 その中央に井戸が、連絡用の鐘が設置され、その周囲を囲むように傭兵たちが思い思いの鍛錬をしていた。
 その輪の中に、アレとベトの姿もあった。

 昨日約束した通り、ベトはアレに剣の振り方を教えていた。
 剣の握り方、振り上げ方、そして下ろし方。
 その時脇をしめる、握りは小指に力を入れるなど基本的なものを一通り教えたあとは、ごたぶんにも漏れずの反復練習の始まりだった。

 持ち上げるのさえ苦痛を伴う鉄の塊を、だ。

「ぅ、うう……っ、はっく……!」

「271,272,27――って、おいおい全然ついてこれてないぞ?」

 ベトが隣でブンブン唸りを上げてバカみたいにでっかい歪曲した片刃の剣を振りながら、楽しそうににこちらを見て軽口をたたく。
 訂正、愉しそうにが一番合っているだろう。

 それに対してアレは椅子に座った状態で、へろへろと剣をお腹の前あたりにまで持ち上げては、それを下ろすというか落とすという動作を、繰り返していた。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇