新着記事

Thumbnail of new posts 073

: 空手および格闘技

“格闘マシーン”黒澤浩樹 初出場優勝最年少 松井章圭と死闘,下段で一本勝ちの山を築き上げた軌跡!

魂の下段廻し蹴り それに命をかけた選手というのが私の知る限り、四人存在している。 ...
Thumbnail of new posts 162

: 空手および格闘技

“武芸者”木村靖彦 日本連続準優勝,世界連続6位で日本を支えた大黒柱!

左中段廻し蹴り 極真空手の歴史の中で、様々な得意技を持つ選手たちを見てきたが、そ ...
Thumbnail of new posts 030

: 空手および格闘技

極真史上最強に名を連ねる五人の空手家たち

極真史上最も強い人間とは誰か? そう考えた場合に、極真空手を20年以上行ってきて ...
Thumbnail of new posts 026

: 神アニメレビュー

【かおす寒鰤屋】この程度の雨なら濡れるのも風情だ――名作漫画名言

骨董がテーマのジャンプ漫画 ジャンプ漫画の中でも極めて珍しい、骨董をテーマにした ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • Ⅶ/傭兵の生活④

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________  動かない手足。  動かなくなった子供。  届かない、窓の外の世界。  手を伸ばしたい。  そして、救ってあげたい。  子 ……

  • ⅩⅩ/火中の対話②

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  嘘だった。 別に獣を侮っているというわけでもないが、結局これからずっとアジトで起こったような襲撃には備えなければな ……

  • ⅩⅣ/悪魔憑き⑧

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 「教会には、悪魔憑き――現在魔女という名称に統一しようとする流れがあるが、それの、」 「魔女? それは悪魔憑きが女性 ……

  • 第28話「バッグの中身②」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  僕は今、彼女の服装を見て、まるで喪服みたいだと思った。  つまりはそういうことだ。  僕は今、自分の頭の中で作った ……

Ⅵ/ありふれた傭兵⑤

2020年10月9日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 どうしようもない世界。

 その言葉は、ベトの胸に突き刺さるようだった。

 わからない、理解できない、そんなものは知らない。

 ベトにとって世界とは、ただそう在るものだった。
 力がなければ、どうされても文句が言えない。
 それは仕方がないことだった。
 だから傭兵になり、力をつけて、人を殺して生きてきた。

 それがイコール人生だった。

 疑問という概念すら、ベトの中にはなかった。

 だからそれが"どうしようもない世界"だなんて呼ばれる謂われは、ないはずだった。

「あんたさ……」

「わたしは、契約した。この命を捧げると。だからこの身は、既に死んでいる。だからわたしはすべてを捨ててでも、世界を変えなければいけない」

 アレは、両手を開いた。

 そして、天を仰いだ。
 まるで教会の神父が、そうするように。

 その瞳は、尋常な色をしていなかった。

 限界まで見開かれ、瞳孔も開き、そこには凄まじい迫力が込められていた。

 今までのアレとは、違う。
 まるで別のなにかがのり移っているかのようですらあった。

「あ、あんた……」

「――でも、わたしには何もない。知識も、力も、歩くことさえままならない。そんな時、あなたが現れてくれた。
 嬉しかった」

 そこでいきなり。

 不意打ちにみたいな笑顔が、ベトを襲った。

「っ!?」

 それは襲った、という表現が一番近かった。
 見つめた、というレベルじゃない。
 今までの緊迫感から急転直下の、無防備で花咲くような可愛らしい笑顔。

 それはベトの間合いを一瞬で詰め、防御を容易く貫き、そのまま心臓を刺し、遥か後方まで突き抜けていった。

 あとにはただ、衝撃が胸の内に残るだけだった。

「……ベト?」

 アレからの問いかけにベトは言葉で応えず、アレの腰に差した剣を無言で抜いた。
 そしてその美しい切っ先を見つめ、

「――オレが手伝えるのは、剣の振り方を教えるくらいのもんだ」

 その言葉にアレは一拍遅れて、

「あ……は、はい! よろしくお願いします!」

 ひゅん、とベトは剣を振るった。
 そして横目で、無邪気な笑顔でこちらを見ている少女を確認した。

 なんなんだろうな、ホントに。

 初めて、自分の部屋以外の場所で眠ることになった。

 胸がハラハラして、なかなか寝付けなかった。
 まるで、夜という名の闇に、呑み込まれていくようで。

「……ハァ……っ」

 寝返りを打つ。窓側のベッドは、さすがに部屋の主であるベトが使用している。
 自分は反対側――ドアの傍の床に、毛布を敷いて横になっている。
 感触は硬く、そして少し寒いが、それよりも問題なのは、場所だった。

 月が、遠い。

 光が、足りない。

 いつも窓際のベッドで、空を見てきた。
 どんな時でも、月を見ていた。
 月を見ていれば安心できて、安心できればそのまま眠りにつくことができた。

 月が遠い。

 光が足りない。

 恐い。

 おばあさんが死んでしまい、自分だけの世界が終ってしまって、こうして何も知らない所にきてしまった。恐い。
 これからどうなるのかわからないし、どうすべきかもわからないことが。

 恐い。

 夜の闇が、恐い。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇