新着記事

パニアニューギニアのオセアニア最強の極真空手家ウォルターシュナーベルト

: 空手および格闘技

“オセアニア最強”ウォルターシュナーベルト 野地竜太”拳獣”サムグレコを下した鉄拳で一本を築き全日本ベスト8、リングスでバロージャクレメンチェフを倒した英雄譚!

パプアニューギニアの暴君 彼の名をご存知の方はある種極真通とも呼ぶことができるの ...
ウィリーウィリアムスに勝利する極真空手家の田原敬三

: 空手および格闘技

“広島の巨象”田原敬三 猪木と戦うウィリーを破り世界大会四連一本勝ち、鎖骨骨折で病院に運び込まれるまで戦い続けた漢!

ウィリーを破った漢 極真空手史上最強の一角にもあげられる"熊殺し"ウィリーウィリ ...
はじめの一歩ヴォルグ・ザンギエフのモデル勇利アルバチャコフのホワイトファング

: 空手および格闘技

リアルヴォルグ勇利アルバチャコフがホワイトファング!はじめの一歩の必殺技、その衝撃映像を目に焼き付けよ!

ヴォルグ・ザンギエフ 超本格ボクシング漫画、はじめの一歩。 その中でも、私が特に ...
極真空手と大氣至誠拳法のヤン・カレンバッハ

: 空手および格闘技

“始祖の巨人”ヤンカレンバッハ 本部の茶帯を総崩れ、盧山初雄、山崎照朝、加藤重夫らを席巻し、藤平昭雄との激闘を経て”拳聖”澤井健一に学んだ文字通りの大武道家!

本部に襲来 大山道場時代からの極真空手を知るオールドファンは、この名前になじみが ...

記事ジャンル一覧

Ⅹ/急襲⑥

2020年10月9日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 答えない。
 安易には。
 というか、自覚している。
 自身の無知さを、無力を、自分、自身を。
 それは、痛いほどに。

 その上で、出てきている。

 理解して、利口になって、何もしないことで――得ることなど何もないと、理解している。

 なんだ、これは?

「……それ、」

 新たな問いを口にしようとしたが、出来なかった。
 どう考えても、ない。
 そもそも思考方法が、自分とは決定的に違っている。
 なら、今までの自分の考えで理解しようとしても、出来ない。

 持て余している。

「――――」

 ベトは沈黙した。
 そこで、理解したから。
 今まで自分が、この娘を飼っているようなつもりでいたが、その実内情も把握していないし、その行動を規制することすらも出来ていなかったことを。

「あんたは――」

「お、おいベトっ!」

 その時だった。
 唐突に切羽詰まった声が、ベトにかけられたのは。

 声に、振り返る。

 目の前に、矢が浮かんできていた。

「――――」

「――――」

 声を出す暇すら、ない。
 狙いはおあつらえ向けに、左胸。
 心臓。
 終わった。
 もうこの運命から、逃げようがない。

 もう、よけられない。


 自分の死が、確定してしまった。

 余計なことを、考えていたせいだった。
 アレに気を取られたせいだった。
 一瞬の迷いがすべてを分ける戦場で、どれだけの時を無駄に過ごしたのか? 
 当然といえば、当然の結果だった。

 だが、今まで自分が生きるために散々敵の命を奪ってきた結果としてこうして戦場で野たれ死ぬことに、不満などあろうはずもなかった。
 わかっていた。
 自分がいつかこういう末路を迎えることは。

 殺した。
 殺した。
 何人も、何十人も。
 それも、惨たらしく。
 一番悔いが、残る形で。

 その瞳が、見ていた。
 胴と離されても、自分を見つめていた。
 呪ってやるとすら思えなかった、その瞳が物語っていた。
 次は、お前だと。

 否、次は俺だと。
 そんなことは、わかりきっていた。
 許されるわけもないを先回りして、許されるつもりだってなかった。

 生きるために必要だった。
 それは事実だった。
 偽りようもない。
 他の生き方を知らないし、することもできない。
 だけどだからって許されようだなんて微塵も思っちゃいなかった。

 死ぬのなら、呆気なく。
 もっとも惨めで、惨たらしく。
 もっとも悔いが、残る形で。

 死ぬ時の条件は、これだけだった。
 そしてこの矢は、その条件を見事に満たしていた。

 戦場の真ん中で拾った女と口論してる間に仲間の呼び掛けの声に振り返ったためちょうど心臓に突き刺さり、モノ考える暇もなく、死ぬ。

 上等だとすら、思った。
 ベトは心静かに、受け入れる。
 何百分の一秒で、瞳を閉じた。
 残す言葉すら、自分にはない。

 ただ、アレのこの先が見れないことだけが、残念だった。

 べきん、という物凄い音がした。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇