空手および格闘技・羽生善治論, 小説, , 第参章「胎動」, 超本格格闘技小説「顎」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 何でもありの喧嘩において上着は、掴まれたり首を絞められたりと不利に働くこと ...

小説, 月が堕ちた夜, 第3章「memory」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 ここはどこなんだろう、と不意に思った。 夢なんじゃないかなんて、

小説, 刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

『彼女は……ありゃあ別に暗いんじゃない。単に感情表現が下手なだけだね。 ...

Silly rond~白き聖女と、終わる世界~, 小説, 第Ⅲ章「魔 -devil-」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

「だから最初から、大人しく背中を流されればよかったんですよー」 ...

空手および格闘技・羽生善治論, 小説, , 第参章「胎動」, 超本格格闘技小説「顎」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 ――耐え、られる?

 膝は一発では止まらず、立て続けに何発も腹にぶち ...

小説, 月が堕ちた夜, 最終章「fall up」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 死がどういうものか、実のところぼくは考えたことがなかったのかもし

小説, 刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

「えーと……じゃあ、アクセサリー屋は、どう? それ」

 と ...

Silly rond~白き聖女と、終わる世界~, 小説, 第Ⅲ章「魔 -devil-」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 プライヤはその唐突な質問に眉ひとつひそめることもなく、

...

空手および格闘技・羽生善治論, 小説, , 第肆章「宴」, 超本格格闘技小説「顎」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 十一月――神薙が道場に見学に来てから、7ヶ月が経ったこの月。 天寺と慎二、 ...

小説, 月が堕ちた夜, 最終章「fall up」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 結局ぼくは、最初から最後まで彼女のことは訊かなかった。