新着記事

ロッキー・リンにアッパーを打ち込むリカルド・ロペス

: 空手および格闘技

ホワイトファング!リカルドロペス最強伝説 はじめの一歩越え衝撃アッパーが相手を場外まで吹き飛ばす!

史上最強リカルド・マルチネス 範馬刃牙でいう範馬勇次郎、ドラゴンボール超でいう破 ...
郭雲深の半歩崩拳

: 空手および格闘技

“半歩崩拳あまねく天下を打つ”郭雲深 郭海皇のモデル,史上最強の武術家 太氣至誠拳法澤井健一の師 王郷斎を弟子に持つ!

郭雲深 私の先生は実技のみではなく、空手のみではなく、様々なジャンルや、そして武 ...
輪島功一のカエルパンチ

: 空手および格闘技

“カエルパンチ”!輪島功一 はじめの一歩青木勝の必殺技 よそ見や脅かしウサギパンチを見せて掴んだ重量級の栄光!

ユニークスキル ユニークスキルと言う言葉がある。 固有技能と言われているもので、 ...
闘う極真空手家島田慧巳

: 空手および格闘技

“桜花爛漫”島田慧巳 可憐で鮮烈なる春の桜のように咲き誇ったその舞闘が観衆を魅了する!

新極真会第23回全日本ウェイト制大会 新世代の台頭が多く見られたこの大会で彼女は ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • 第七話「天寺司考察②」超本格格闘技小説顎

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  再び思考。  あの時大島と天寺の間には、腕を伸ばしたくらいの距離があった。しかも大島の目の前には自分がいた。 身長 ……

  • 七十五話「執念」超本格格闘技小説顎

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  一瞬自分で自分を殴ったのかと錯覚した。  違った。 ガードのため上げていた腕に、なにか――踵が、ぶつかってきたのだ ……

  • 第八話「閉ざされた屋上」超本格格闘技小説顎

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  そして、5分後。  なぜか身長156センチの朱鳥は、その3メートル近くに及ぶ高き壁の頂きに、迫ろうとしていた。 「 ……

  • #49「なんで?」小説月が堕ちた夜の表紙

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  純化されていく。 降り注ぐ雪の冷たさが、すべてを。  このまま凍りついてしまえば、それこそ見応えがある美しい彫像に ……

第70話「儚さ」

2020年10月7日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 恐怖に、彼女の答えが来ることに、心臓が高鳴る。
 手の平の汗を握り潰す。

 彼女はしばらくは考えるような様子を見せていたが、突然閃いたように携帯を取り出し、熱心に何かを打ち込み始めた。
 と、思った次の瞬間、ポケットの携帯がメールの着信を告げた。
 急いで取り出す。

 送信元は、やはり目の前の彼女だった。
 覚悟を決めて、本文を読む。

『それも、私のことを知りたいから?』

 心臓が跳ねる。
 最初の出会いの、骨のような白い棒状の物がフラッシュバックする。

 心臓が跳ねる。
 さっき不意に抱きしめてしまった時の、彼女の錯乱状態がフラッシュバックする。

 心臓が跳ねる。知りたい――でも……

 心臓が跳ねる。
 心臓が跳ねる。
 心臓が跳ねる。
 心臓が跳ねる。

 …………恐い。
 恐さと、あの日以来刻まれてしまった弱気な自分が、まともに意識の表層に表れる。

 ――知ってしまったとして……後戻りは、できるのか?
 暴れ狂う心臓の音は、まるで打ち鳴らされる早鐘のようだった。
 ずっと携帯の画面を睨んでた顔からも、冷や汗が吹き出してくる。

 意識と、答えを聞かなければならない義務感がせめぎあい、僕はそれから逃れるように、彼女の顔を見た。

 感情、というものがまるで宿っていないかのような冷たい瞳が、試すようにこちらを見つめていた。

 それは――骨のことを聞いた時の、去り際のように
 放っておけばまた、踵を返して去ってしまいそうな――

 どくん、
 そんな冷めたような、でも、どこか儚さを秘めたような姿に、心臓が波打つ。


 ――なんで。
 彼女の言葉がフラッシュバックする。
 僕の行動一つ一つに『なんで』を繰り返し送ってきた、彼女。

 ……もし、彼女が一人で苦しんできたなら、

 心を、決めようと思った。

 それが何でなのか……知りたい。

 答えは出た。
 覚悟、なんて大それたものじゃないけど、このまま、はい、さよなら出来ないことも、わかった。

『うん』

 一言だけ打ち込み、送信する。
 彼女を見る。
 彼女は頭を下げて携帯を見て、少しだけ驚いたような顔をこちらに向けて、下ろして、またすぐにメールを打った。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇