新着記事

Thumbnail of new posts 146

: 空手および格闘技

“武芸者”木村靖彦 日本連続準優勝,世界連続6位で日本を支えた大黒柱!

左中段廻し蹴り 極真空手の歴史の中で、様々な得意技を持つ選手たちを見てきたが、そ ...
Thumbnail of new posts 023

: 空手および格闘技

極真史上最強に名を連ねる五人の空手家たち

極真史上最も強い人間とは誰か? そう考えた場合に、極真空手を20年以上行ってきて ...
Thumbnail of new posts 048

: 神アニメレビュー

【かおす寒鰤屋】この程度の雨なら濡れるのも風情だ――名作漫画名言

骨董がテーマのジャンプ漫画 ジャンプ漫画の中でも極めて珍しい、骨董をテーマにした ...
Thumbnail of new posts 200

: 神アニメレビュー

【Dr.STONE】楔を打ち続ける!石神千空×コハク邂逅の時!

異色な科学漫画 それまで様々な漫画やアニメやゲームやライトノベルなどあらゆる媒体 ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • ⅩⅢ:陽動

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  二度の奇襲、それに恐怖と屈辱を受け、まとめて魔法として、解放する。  振りかぶったマダスカの掌が、赤く燃える。 「 ……

  • 第13話「あの日のその後②」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  首以外の体はまったく動かなかった。  それどころか感覚すらまったくなかった。  首だけ回して見ると、周りには同じよ ……

  • #47「純化」小説月が堕ちた夜の表紙

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  沈黙がおりた。 それも当然だった。 こんな質問、答えようがない。  ぼくはただ天を仰ぎ、雪を見つめ続ける。 そこに ……

  • 十九話「イン・ロー」殴り蹴りあう空手家二人

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  一瞬自分の身に何が起こったのか、天寺はわからなかった。  膝の内側を狙ったローキック――イン・ローが左足に叩き込ま ……

第70話「儚さ」

2020年10月7日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 恐怖に、彼女の答えが来ることに、心臓が高鳴る。
 手の平の汗を握り潰す。

 彼女はしばらくは考えるような様子を見せていたが、突然閃いたように携帯を取り出し、熱心に何かを打ち込み始めた。
 と、思った次の瞬間、ポケットの携帯がメールの着信を告げた。
 急いで取り出す。

 送信元は、やはり目の前の彼女だった。
 覚悟を決めて、本文を読む。

『それも、私のことを知りたいから?』

 心臓が跳ねる。
 最初の出会いの、骨のような白い棒状の物がフラッシュバックする。

 心臓が跳ねる。
 さっき不意に抱きしめてしまった時の、彼女の錯乱状態がフラッシュバックする。

 心臓が跳ねる。知りたい――でも……

 心臓が跳ねる。
 心臓が跳ねる。
 心臓が跳ねる。
 心臓が跳ねる。

 …………恐い。
 恐さと、あの日以来刻まれてしまった弱気な自分が、まともに意識の表層に表れる。

 ――知ってしまったとして……後戻りは、できるのか?
 暴れ狂う心臓の音は、まるで打ち鳴らされる早鐘のようだった。
 ずっと携帯の画面を睨んでた顔からも、冷や汗が吹き出してくる。

 意識と、答えを聞かなければならない義務感がせめぎあい、僕はそれから逃れるように、彼女の顔を見た。

 感情、というものがまるで宿っていないかのような冷たい瞳が、試すようにこちらを見つめていた。

 それは――骨のことを聞いた時の、去り際のように
 放っておけばまた、踵を返して去ってしまいそうな――

 どくん、
 そんな冷めたような、でも、どこか儚さを秘めたような姿に、心臓が波打つ。


 ――なんで。
 彼女の言葉がフラッシュバックする。
 僕の行動一つ一つに『なんで』を繰り返し送ってきた、彼女。

 ……もし、彼女が一人で苦しんできたなら、

 心を、決めようと思った。

 それが何でなのか……知りたい。

 答えは出た。
 覚悟、なんて大それたものじゃないけど、このまま、はい、さよなら出来ないことも、わかった。

『うん』

 一言だけ打ち込み、送信する。
 彼女を見る。
 彼女は頭を下げて携帯を見て、少しだけ驚いたような顔をこちらに向けて、下ろして、またすぐにメールを打った。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇