新着記事

黙想する大山倍達

: 空手および格闘技

黙想 稽古前後に行われるそこに秘められた、武道空手の深奥とは――

黙想 極真空手の稽古において、それを始める前に正座してまず初めに行われるものだ。 ...
白蓮会館世界王者北島悠悠

: 空手および格闘技

“白蓮世界王者”北島悠悠 南豪宏に次ぐ絶対王者として塚本徳臣とも激闘を繰り広げた必殺の飛び膝蹴り!

白蓮会館覇者 最強の侵略者である、白蓮会館、その初期を支えた絶対的な覇者であり、 ...
ロッキー・リンにアッパーを打ち込むリカルド・ロペス

: 空手および格闘技

ホワイトファング!リカルドロペス最強伝説 はじめの一歩越え衝撃アッパーが相手を場外まで吹き飛ばす!

史上最強リカルド・マルチネス 範馬刃牙でいう範馬勇次郎、ドラゴンボール超でいう破 ...
郭雲深の半歩崩拳

: 空手および格闘技

“半歩崩拳あまねく天下を打つ”郭雲深 郭海皇のモデル,史上最強の武術家 太氣至誠拳法澤井健一の師 王郷斎を弟子に持つ!

郭雲深 私の先生は実技のみではなく、空手のみではなく、様々なジャンルや、そして武 ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • 第46話「かなりまずい文面」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 『へえ、それって格ゲーとかガンシューティングとかのことかな。それなら僕も結構やるよ。 でも、ゲームが好きなんて少し意 ……

  • 四十五話「友人の戦場」超本格格闘技小説顎

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  だが、この前の教室での、慎二との戦い。  倒した後の、達成感という言葉では足りない、目を閉じ、唇を噛み締めた、感極 ……

  • 第9話「仮初の日常①」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  桐峰筋(きりみねすじ)。  早瀬市(はやせし)の中心地に位置する繁華街のここは、市内でも一際都会然とした雰囲気を漂 ……

  • 第99話「しろ」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 「さっきは手加減なしに打ってすまなかった。この謝辞は万言を尽くして――」  彼女は言葉を遮るように、ふるふると頭を振 ……

#49「なんで?」

2020年10月7日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 純化されていく。
 降り注ぐ雪の冷たさが、すべてを。

 このまま凍りついてしまえば、それこそ見応えがある美しい彫像になることだろうと思ったりした。
 だけどその戯言は、嘲笑を起こすぐらいには楽しいものだった。

 階下が、とつぜん騒がしくなる。
 ぼくが抜け出したことがバレたのだろう。
 おそらくしばらくすれば、ここにも誰かがやってくるだろう。
 そうすればもう、ぼくは病気に食い尽されるだけの身になってしまうだろう。

 だからぼくは、最後の力を振り絞って、囁いた。
 幸い彼女はぼくと、これ以上ないほどの近距離に入る。

 耳元に、

「――やってくれ」

 彼女は覚悟したように身震いしたあと、一歩身を引いた。

 同時に屋上に通じる鉄扉が、押し開かれる。
 もう時間がない。
 そちらを見ることなくぼくは彼女に促そうと視線を――

「遼っ!!」

 母だった。





 思わずだった。
 ぼくは視線をそちらに転じずにはいられなかった。 
 こんな必死なこの人の声を、初めて聞いた気がした。
 それはぼくの胸を、激しく打った。

 その人は――泣いていた。

「…………」

 言葉が出ない。
 声が出せない。
 想いを鼓膜を通して、伝えることが出来ない。

 だからぼくは視線で、訴えかけた。

 どうして、泣いてるの?

「遼、遼……あなたこんなところで、いったいなにやってるのよ……ッ!?」

 なんで、叫んでるの?

 見れば、周りにはたくさんのひとたちが勢ぞろいしていた。
 裕子さんに渡河辺先生に他のお医者さんや看護士さんや事務のひとたちに加えて患者さんたちや――棚多さんまで。

 しかしみんなに、すぐにぼくを取り押さえようという様子は窺えなかった。
 それには少し、安堵する。
 だけど――

 母が。

 いつも苦笑いして、愛想笑いして、ぼくに色々聞いてきて、面倒そうだなと申し訳ないなと思っていたあのひとが、あんなに口調まで変えてスゴイ形相でこっちを睨んで、叫んで、泣いて――いる理由が、どうしてもわからなかった。

「遼ッ!!」

 なんで遼さんじゃなくて、遼と呼ぶのかと。

 なんで言葉にそんなに気持ちを込めるのかと。

 それがどうしてこんなにぼくの胸を打つのかと。

 本当になにもかも、わからないことだらけだった。

「な、成海さん?」

 そして、裕子さん。
 なんであなたまで、泣いているんですか?

「成海さん……な、なんで、どうして、こんなところにいるんですか? 早く戻らないと、治るものも、な、治らないですよ?」

 初めて見た。
 裕子さんがそんなわたわたと、うろたえていいるところを。
 言葉に、勢いがないところを。

 そんな状態があるということ事態初めてだったから、どうしたらいいかなんてまるでわからなかった。
 ぼくはただ、瞳を揺らして二人を見ていることしか、出来なかった。

「遼っ!」

「な、成海さん……?」

 よくわからなくなって、視線を転じる。

 周りでは他の看護士さんたちがわーきゃー顔を――真っ青にして、騒ぎ立てていた。
 いっつもいつも噂話でぴーちくぱーちく盛り上がっていたみんなが、あんな青い顔をして互いの手を取り合ってるのなんて、初めて見た。

 どうしてか不意に。
 胸が締め付けられるような心地になった。
 発作だろうか?

 なんて。
 ぼくは視線を移して、白衣にメガネの恰幅のいい男性に視線を移した。

 渡河辺先生だけはいつも通りにむっつりした顔で、こちらを見ていた。
 そちらへぼくは、救いを求めるように視線を交換した。
 いつも通りを、ぼくは求めた。
 その方が、安心できると思って。
 予想通りだと、思って。

 違った。
 いつも通りではなかった。

 渡河辺先生は、いつもの――数倍にも至る重い面持ちでこちらを、見つめていたのだ。

「……成海くん、きみは……それほどに、それほどに……」

 言葉に出来ないのか。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇