新着記事

極真空手家ビターゼ・アミランとヨハン・ベプセライネンとイカロ・ナシメント

: 空手および格闘技

“身長2M越えの巨漢たち”アミランビターゼ ヨハンベプセライネン イカロナシメント 異彩を放ったその結末を見逃すな!

身長2メートル 海外、ヨーロッパやアメリカ、アフリカなどでは、身長180センチ、 ...
三日月蹴りを放つ極真空手家盧山初雄

: 空手および格闘技

“三日月蹴り”盧山初雄 カレンバッハと闘い嵐五郎でキック、澤井健一・中村日出夫に学び、第5回全日本大会で二宮城光、佐藤勝昭を破り”日大の花”山崎照朝と激突!

大山道場に入門 極真の歴史の中でも大山道場時代、極真空手時代、その両方でそして長 ...
デンプシーロールを放つヘラルド・マルチネスと闘う長谷川穂積

: 空手および格闘技

原型版デンプシーロール!長谷川穂積最初の防衛で炸裂した誇りを懸けた連打!!

長谷川穂積vsヘラルド・マルチネス 言わずもがな、WBCの世界タイトル3階級制覇 ...
極真空手家山崎照朝と盧山初雄

: 空手および格闘技

【極真の精華】日大の花vs三日月蹴り 山崎照朝と盧山初雄 天地と前羽の構え 壇上を彩った”花”と”月”の名勝負!

"日大の花"山崎照朝 極真史に燦然と輝く天才空手家。 あの、"スモールタイガー" ...

記事ジャンル一覧

第71話「不器用で、無様で、滑稽」

2020年10月7日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 携帯が震えた。
 すぐに見る。

『なんで、私のことが知りたいの?』

 逃げ道を塞がれたと思った。
 前回は、なんか、と付けたことをたしなめることで言い逃れたが、今回は無理だ。
 一瞬だけ、興味本位という言葉が浮かび、それで彼女の顔を見た。

 その瞬間、息が止まった。

 そこには普段の無表情無感情な彼女はおらず、代わりに眉間にしわを寄せ眉を八の字に垂らし、両手でぎゅっとバッグを握り瞳を揺らした、弱気そうな等身大の女の子がいた。
 最初僕はその意外すぎる姿に呆気に取られていたが、次の瞬間唐突に理解した。 

 あ――そうか。
 僕は彼女の今までの行動を思い返していた。

 全身黒一色の周りをよせつけない厳かな服装に身を固めて、何にも興味がないかのように前方を一心に見る彼女。
 誰も来ないような錆びれた場所で、一人昼食を取る彼女。
 肯定否定以外一切の意思表示をしない彼女。
 病的なまでに無言無表情無感情を貫く彼女。

 かと思えばカレーパン一つ、ゲーム一つで子供みたいに喜ぶ彼女。
 そして僕からの――人からの善意に、とまどいを見せる彼女。

 ……ひょっとすると彼女は、今まで人との接し方がわからなくて、友達がいなかったんじゃないのか?
 だからこの質問はきっと、さっきまで僕が考えてたような意図ではなく……
 一生懸命考えて、僕なりの答えを送信した。


『暗戸さんは僕にとって、大事な友達だから』

 彼女の反応は美しかった。
 携帯をおずおずと覗き込み、目を見開き、僕の方を見て、また何度も見比べ、僕が微笑むと、彼女はまた顔を赤くした。

 携帯が震えた。

『ごめん、話せない。本当に、ごめん』

 僕は満足だった。
 喋らない理由も、黒い服の理由も、バッグの中の白いものが何なのかも結局まだわかっていない。

 だけど、それでいいと思えた。
 彼女が顔を赤くして恥ずかしそうに俯くことこそ、何より意味があると思えた。

 僕は代わりに笑った。
 薄汚れた黒い死に装束に身を包む女の子が、ホームの中で顔を赤くして俯き、薄汚れた、濡れて張り付いた白いTシャツを着た男が炎天下の下、改札を隔てて微笑んでいる。

 僕たちはなんて不器用で、無様で、滑稽なのだろう。
 でも、美しいと思えたんだ。

 手を振った。

 ちょっと大げさに、ぶんぶんと、まるで小学生が友達と別れるときにするように。

 彼女も最初おずおずと遠慮がちに、だけど僕が強く振っているを見て恥ずかしそうに、だんだん大きく振ってくれた。

 そして、少しだけはにかむような笑顔を見せた。

 今この瞬間は僕たちしかいないと思えた。

 蝉の声も聞こえず、日差しすら僕たちには届かない。

 切り取られたこの風景を、ずっと胸の内のアルバムに大事にしまっておきたいと思った。

 彼女が去っていく。

 ぶんぶんと手を振りながら、名残惜しそうに駅のホームに消えていく。

 そして僕だけ夏に取り残された。

 世界が戻ってくる。

 蝉時雨が耳朶を叩き、夏の日差しが髪を焼き、手の平と額の汗が不快感をもよおす。

 ずっと見てた。

 彼女を飲み込んでいった改札を、ずっと。

 今日のこの日を、ずっと忘れないようにと思って。
___________________

続きはこちらへ! → 第四章「鬼ごっこ」

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇