新着記事

人類は衰退しました 終末観を想わせず軽やかに描く妖精さんとの日常

田中ロミオという神ライター 田中ロミオというシナリオライターがいる。 泣きゲー、 ...

死に至る病――うつ病闘病記㉑「初面接で人生の落後者扱い」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________ ...

”MR.パーフェクト” アーネスト・ホースト~K-1史上最強の四人

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む________________ ...

呪術廻戦 呪いと悪と正義を暴虐の力で叩きつける超少年漫画!

4人の主人公と2人の中心人物 呪術廻戦を語るにあたって、この作品には4人の主人公 ...

記事ジャンル一覧

関連記事

史上最強ボクサーメイウェザーの真実、彼は現代の宮本武蔵!

2020年11月9日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikukose

メイウェザーの強さは、その圧倒的なパンチ力

メイウェザーの強さの秘密と聞いて、今まで話してきたほとんどの人が思い浮かべる言葉があります。

距離感、間合いの取り方がうまい。

総じて、防御力が高い。
うまく相手を翻弄して、ダメージを負わずに、ポイントアウトすることに長じている。

その考え方が間違っていると言うわけではありませんが、それは1番の肝と言うわけではありません。

メイウェザーの強さの秘密。

それは――圧倒的な、パンチ力です。

パッキャオ戦の疑問

それを確信したのは、マニー・パッキャオと世紀の一戦です。

最初、私はずっと疑問でした。

なぜマニー・パッキャオは距離を詰めないのか?

マニー・パッキャオは一気に飛び込み、加速させたその重たいパンチを叩き込むことで相手をなぎ倒してきました。

しかし、メイウェザーとの1戦ではマニー・パッキャオその飛び込みを使いませんでした。基本的には中間距離、ある種テクニカルとも言える戦いを繰り広げていました。

そうではありません。

マニー・パッキャオは、飛び込めなかったのです。

メイウェザーのあまりに重たいその左ジャブ、メイウェザーのそのあまりに恐ろしい右の破壊力の前に。

事実として序盤のやり取りでマニー・パッキャオは効かされ、明らかに警戒を強めています。

それでもさすがは六階級王者なのでKOは狙い続けてはいたのですが、結果的にそのパンチ力に加えて万端待ち構えてのカウンター狙い故に、最後までその本領を発揮することは出来ませんでした。

なぜKOが少ないのか?

少しそこで疑問に思われる方も多いでしょう。

そこまでパンチ力があるんだったら、なんであんな戦い方をするのか? もっと積極的で、KOの山を築けばいいじゃないか。

私は彼のいくつかのインタビューや、考え方を聞く機会がありました。

そこで総合的に判断して、彼はボクシングを完全なビジネスを捉えています。

あの、蝶のように舞い蜂のように刺すと言って退けて、華麗なるボクシングテクニックで相手を翻弄し続けた天才ボクサー、モハメドアリですら、晩年はパンチドランカーが重大な原因でいわれるパーキンソン病を患い、まともな生活が送れない状態になりました。

どんなに華麗はテクニックを持っていようとも、接戦を戦い、 KO を狙えば、必ず脳にダメージを負って、パンチドランカーになるリスクにさいなまれるなります。

メイウェザーはボクシングを完全なビジネスと捉えている

メイウェザーは、それらの経験や、知識や、自分の考えから、KOにはこだわらず、長くより多くの財をなすために、危険を犯さず、ダメージを負わないことを何より大一とし、その上で無敗と言うブランドを築き上げ、自分の価値を高めることを第一としたように思われます。

だからこそ、詰めればKO出来る場面でも無理はせず、ダメージをもららないことを第一としているように思われます。

彼にとっては負けないことが第一なのです。

それは那須川天心の一戦を見ても確信しました。彼はあれだけ体重差があり、年齢差もあり、経験差もある相手に対してさえ、万事を尽くしました。

相手を挑発し、揺さぶり、自分は相手をなめてると言う印象を徹底的に与え、油断を誘い、試合直前に執拗にテーピングのまき直しまでさせて、自分が勝つ可能性を0.01%でもあげようと画策しました。

そして試合では、ニヤニヤとしてペースを上げず、相手の怒りを誘い、その上で体重差がある相手には1番やられたくないガードを固めて詰めると言う戦法を選ぶ徹底ぶり。

この試合でKOしたのは、ただ1つ。

那須川天心には、ダメージをもらう危険性が極めて低いと判断したことでしょう。

勝利至上主義、勝って――生きて戻ることに徹する武士

ありとあらゆる要素が、超一流の中でも最高レベルで揃っており、穴がなく、さらにその中でもパンチ力とテクニックは類を見ません。

100戦100勝を常として、自らの価値を高めることに終始し、その為なら色物ともいえる戦いであろうと受けるし、あらゆる滑稽にもとれるようなパフォーマンスも存分に演じる。

まさにプロの中のプロ、Moneyという二つ名はそれこそ彼のためにあしらわれたもの。

私から見て、以前の那須川天心との試合の記事で述べた通り、彼はまさに現代に生きる宮本武蔵といっても過言ではないでしょう。

___________________

おススメ記事!↓

関連記事はこちらへ!→ 空手及び格闘技

執筆者の超本格格闘技小説はこちら! → 

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇