新着記事

”破壊者” アリスター・オーフレイム ~K-1史上最強の四人

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む________________ ...

人類は衰退しました 終末観を想わせず軽やかに描く妖精さんとの日常

田中ロミオという神ライター 田中ロミオというシナリオライターがいる。 泣きゲー、 ...

死に至る病――うつ病闘病記㉑「初面接で人生の落後者扱い」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________ ...

”MR.パーフェクト” アーネスト・ホースト~K-1史上最強の四人

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む________________ ...

記事ジャンル一覧

関連記事

那須川天心vs武尊 両方ムエタイ王者倒しどっちが強い考察に実現の是非,K-1武尊の実情

2020年11月9日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikukose

二人のキャリア

まずはもともと、私は那須川天心が勝つ派でした。

まぁそうは言っても、割合は6対4位でしょうか。もちろん大接戦にはなるとは思いますが、しかし競り勝つだろうと言う意見でした。

理由としては、それまでの2人のキャリアです。

まず以前にも述べましたが、武尊はK-1の看板選手となってしまった以上、基本的には負けるのが許されない立ち位置になってしまいました。それは彼が素晴らしい強さを発揮して、逆境を克服してきた結果であり、それ自体は賞賛されるべきものだと思います。

しかしそのせいで、まず勝てないだろうと言う選手はおろか、勝つか負けるか五分五分と言うレベルの選手とすら戦う機会は、奪われました。これはある意味、不安だとさえ思います。選手はやはりあるときはケタ外れの相手と戦って、決定的敗戦を経て、その上で自分を完全に分解して、再構成する必要があります。

これは将棋でも言われていたことで、どんなに強い棋士でも名人とタイトル戦を戦えば、いちどは調子を崩すそうです。それは7番勝負の最中で、これまでの自分ではダメなんだと徹底的に思い知らされるから、いちどバラバラにして、また組み直さなければいけないと骨身に知らされるからだそうです。

二人のバックボーン

武尊は以前も述べたように、空手の、それを極めて高度な、しかし基本的な理念をベースとした、素晴らしい戦い方です。

対する那須川天心は、常に逆境にいました。対戦相手はそのほとんどが、まず勝つ事はありえないと言うレベルの選手ばかりでした。そもそもがその名を知らしめたワンチャローンセンチャイジム自体が、伝説的な相手です。それを後ろ蹴りのいっぱつで、意識を吹っ飛ばしてしまうなんて考えられません。

なぜそんなことができたのかと言う理由をひもとくために、那須川天心のインタビューが大変参考になりました。

那須川天心はもともとが格上や、自分よりも圧倒的に体重が重い選手とのスパーリングを繰り返しており、それ故そういった相手から基本的には一発ももらわず、素早い攻撃で崩していくと言う、そういうスタイルを完成させていったそうです。

現時点で、というかその時考察をしていた時点で、2人のスタイルは対極と思えるものでした。片方はオーソドックスに、隙を見て詰めていくスタイル。もちろん武尊です。

対してもう片方は広い間合いで壱発ももらわずに、様々な技で翻弄していっぱつ当ててそこからパンチで詰めるスタイル。

戦歴の違い

問題は、片方は片方のスタイルに慣れているか否かと言うことでした。

当然那須川天心は、慣れています。基本的に相手が強く、詰めてくる。にかいやったムエタイの超一流選手、スアキム、ロッタンもそうでした。そんな中でも丁寧に丁寧に相手の攻撃をさばき、そしてポイントを稼ぎながらも壱発を狙う。だからこそ攻略できました。

対する武尊は、自分より格上や、もしくは近い選手との対戦経験が圧倒的にありません。これはかなりのフリといえます。

実際やれば、那須川天心のスタイルに戸惑い、少しずつポイントが積み重ねられてしまう、その可能性はある程度高いと言わざるをえませんでした。

私が現ムエタイラジャダムナンチャンピオン、ヨーキッサダー・ユッタチョンブリーとの戦いを拝見するまでは。

拮抗する実力

現在、2人の実力は拮抗しています。
それは私の見解で、正直甘いところが露呈してしまったためです。

那須川天心の、伸びしろです。

正直あの時点で、那須川天心はかなり完成されていました。実際無敗と言う戦績を取るだけでも、それは容易に想像できます。パワーもスピードもテクニックも、超一流。 まだ若いといっても、練習いっぱいやってるといっても伸びしろはもうが高が知れている。私は勝手にそう思い込んでいました。

間違いでした。大間違いでした。

確かに私は以前、この記事、那須川天心2018の神試合を一挙解説! vs破壊神ロッタン、堀口恭司、メイウェザー! 神々との戦いは超高等技術の応酬劇!!、でも、この経験が那須川天心にとって凄まじい成長を呼ぶ可能性が高いとは述べていました。

しかしそれにしても、今回の那須川天心の成長は私の想像をはるかに超えていました。
そして同時に、那須川天心の考えと、私の考えが、かなりシンクロしていたことにも驚きました。

那須川天心の体幹は、圧倒的強くなっていました。腰が、以前よりもはるかに頑丈になっています。そして重心が、地面に張り付いてるんじゃないかってくらい落ちていました。 そのパンチ力たるや、以前の1.5倍ぐらいあるんじゃないかと想像させました。

武尊の爆発力

そこで突然急といえば急ですが、武尊の話を挟ませてください。

引用ばかりで恐縮ですが、以前書いた記事、『遂に判明、武尊の笑う理由――武尊VS ヨーキッサダー・ユッタチョンブリー人生を賭けた世紀の一戦から紐解く』、でも述べさせていただきましたが、彼の駆け引き、当て感、一瞬の爆発力は、恐るべきものがあります。

正直この時点で、以前の予想が覆り、6対4で武尊が勝つのではないかと思っていました。 理由は簡単で、武尊にはムエタイのチャンピオンを倒すことができたけれど、那須川天心にはKOは無理だろうと思えたからです。

那須川天心の劇変

しかしこの1戦、以前の那須川天心はどこにもいませんでした。

圧倒して、意識を吹き飛ばす。

その大言壮語とも言える言葉を、有言実行するために、那須川天心はステップを捨て、出入りをせず、かなり正面から重いパンチを連打で打ち込んでいました。 そして左ハイキックを、何度もあてていました。その辺はこれまた引用恐縮ですが、こちらの記事、『那須川天心VS スアキム戦2に怒りの声、胴廻し回転蹴りは掛け逃げじゃないし、那須川天心はアイドルじゃねぇ!』、に詳しいのでよかったらどうぞ。

那須川天心は、武尊のような豪快無双なKOは、狙えません。少なくとも、ムエタイ王者に対しては。

しかし那須川天心は、逆に武尊にはできないような1本の線のように大きな流れを作り出し、そして超高等技術の1つである胴廻し回転蹴りをぶち当てると言うこれまた逆に武尊では難しいと言える老獪さを見せつけました。 那須川天心は武尊にフィジカル面では劣ると思われていましたが、その差も今ではかなり小さくなっているように思います。

武尊は自分に迫る強敵相手では自分のペースに持っていけないのではないかと思っていましたが、駆け引きのうまさ、そして一瞬の隙があれば充分だと言う爆発力を見せつけました。

この2人は、ある意味ではすごい好対照な2人だといえます。

那須川天心は現在進行形でどんどん伸びている末恐ろしい化け物です。

武尊はこれだけの強敵との戦いを経てなお、自分の強さの底を見せていない、文字通り底知れぬ怪物です。

【K-1】11月24日の武尊復帰戦の会見。

そんな中迎えたK-1の、11月24日の武尊復帰戦の会見。

私にはK-1が武尊に、危ない橋を渡らせたくないように思えました。

那須川天心選手の対戦要求に関しては一切触れず、そして対戦相手に関しては現状私が最強と考える、ジャパングランプリで準優勝に輝いた小宮山工介選手をジャブで倒すという武尊選手も成しえなかった離れ業をやってのけて、会見直前のKrushで西京佑馬選手を破ってチャンピオンとなったレオナぺタス選手でもなく、

ましてや前回のユッタチョンブリーや本人も噛み合うといっていて那須川天心と激戦を演じてONEという団体でチャンピオンとなったロッタンのようなラジャダムナンやルンピニーのチャンピオンやランカーですらなく、こういっては角が立ちますが那須川天心選手に二度も敗れている村越優汰選手。
しかしそれは、運営的に考えるなら決して責められることではないかと理解できます。
武尊vs那須川天心は確かに世間が待望するドリームカードです。

K-1の経営団体としての立ち位置

個人的にという意味では確かに二人の対決は見たいという気持ちは大変強いですが――団体を否定してまではどうか、と言う気持ちもあるのが正直なところです。
選手ら、運営にとっては、それで食っていく、いけることがなによりも1番大事。
全体が盛り上がるよりも、生活が大事である。
武尊はK-1そのものといってもいいほどの存在であり、まさに看板であるが故、その結果如何によってはK-1そのものの存続が危うく可能性があります。
それほどの影響力が、既に彼にはあります。

そしてK-1事態も一時の流行りではなく100年続くK-1を標榜にあげています。

それは同時に大変不安定である格闘家という職業の体制そのものに一石を投じるある意味魅力的なものでもあります。

批判されている、k-1が那須川天心に3年契約の話を持ち込んだのもそのビジョンの一環であるという見方も出来なくもありません……正直苦しいとは思いますが(苦笑
そんな事情の中ただ感情論で否定するのは、個人的には無責任が過ぎるかと考えています。

私には、選手である彼らの生活を保障など出来ませんから。かくいう私自身も派遣スタッフをしながらなんとかかんとか空手修行と小説執筆にブログ更新を続けている状況ですし……。

武尊の漢気

それは充分に理解したうえで、しかし私はそれでも格闘技界というあまりに大きすぎる十字架を自ら背負って立とうとする人は、かっこいいと思います。

そして出来得るならば二人にとって、そして格闘技界、ファンにとって、最高の形で対戦が実現してくれればと祈るばかりです。

___________________

他の那須川天心の記事はこちら!↓

関連記事はこちらへ!→ 空手及び格闘技

執筆者の超本格格闘技小説はこちら! → 

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇