遂に判明、武尊の強さの秘密と笑う理由――それは観の目からなる、未来予測能力だった!

2019年10月11日

長年、不思議ではありました。確かに武尊はパンチも強く、そして様々な蹴りを使いこなし、丁寧にさばく防御のテクニックもありますし、スタミナもあるし気持ちも強い。

しかし、それにしては実際の強さの理由としては、どこか足りないような気がしていました。あの見る者を引き込んで離さない、強烈なまでの圧勝。それがどこから来るのか、判然としていませんでした。

きっかけは、Twitterのフォロワーさんとの会話でした。レオナペタスの強さを語っていて、もし武尊とやったらどうなるかと言う話になりました。

最初は、すぐには想像つきませんでした。

はっきり言えば、身体能力、テクニック、体格だけで言うんだったら、正直レオナぺタスの方が上とも言っていい位です。

あのジャパングランプリ準優勝の小宮山工介を、その飛距離が長い華麗なの蹴りをすべてをむしろ自らの蹴りで完全に封じ、その上で左ジャブのたったの1発でKOしてしまいました。

だから最初のやり取りでは、正直武尊も難しいのではないかと答えていました。

ですが少しシミュレーションしてみると、それが間違いだと知りました。

そして今日、はたと気づいたのです。

武尊の強さの秘密。

それは――観の目。

つまりは読みの深さ、大局観──つまりは端的に言ってしまえば、それは未来予測、構成能力といえます。

武尊は試合前から試合終了まで、目の焦点が合っていません。

最初それは、いわゆる解説で言われているような、モードに入っている、いわゆる入れ込んでいる、イっちゃっている状態かと思っていました。

しかしその秘密に気づいたとき、私は知りました。

あれは、いわゆる観の目を発動しているんです。

バガボンドで、見るともなく全体を見ると言う言葉があります。武尊は、相手を見ているようで見ていない。





見ているのは、体格、視線、動き、癖、体調、緊張具合、心理状態――その他諸々を含めた、全体の印象。

それを自分と照らし合わせて、2手先3手先4手先――もっと言ってしまえば、いわゆる将棋で言う詰めの形を見ているんです。

武尊は、自分がどういう形に持っていけば相手をKOできるかを完全に熟知しています。だから、相手をいかにしてその形にもっていくか。

堀口恭司が、自らの戦いを詰め将棋に例えていたのを思い出しますが、武尊はまさに同じタイプと言えるでしょう。

武尊は本能で戦っているのではなく、まさに名人級の軍略家と言っても過言では無い。

そしてなぜ彼は笑うのか。

それは見たところいつも、本人が予想した動きを相手が上回った場合、やるじゃねーかよ? と予想外の展開と、やりがいある苦戦、そして相手を称えるという意味も含めて、思わず笑みがこぼれてしまっているというのが私の想像です。

彼は、皆が思っているよりも、そして私が予想していたよりも、はるかにレベルの高い格闘家でした。

彼の底が見えないのは、当然でした。彼は、対戦相手のレベルに合わせて、自分のレベルも引き上げて、相応の戦いをしていたのです。

だから彼の戦いは一戦一戦、まったく違う展開、雰囲気になります。特にきっかけのひとつは直近の、ヨーキサッダー戦でした。あれだけ様々な技を持ちながら、左のインローのみでコントロールして、引き込んで、右の一発で決めた。

将棋の名言にある、たくさん持ち駒を持っていてもと金を作るほうが最短の詰み筋ということがある。彼は文字通り、唯一にして無駄のない戦略を組み立てていたんです。ちなみにここまでになったのは、私が見た限りではここ1、2年のことのように思えます。 

これは大きい、圧倒的に大きい。

VS那須川天心戦の予想を、大幅に書き換えなければならなくなりました(笑

そして改めて、武尊と言う局所的な存在の圧倒的な大きさを思い知らされ、これからの彼がますます楽しみになりました。
___________________
面白かったらこちらをクリック👍
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村ランキングへ投票


人気ブログランキングへ投票

ありがとうございます。ランキングが上がります🥰
面白かったらこちらをクリック👍
 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング