突き詰めてはいけない、自分の感性を信じて

2019年10月11日

突き詰めてはいけない。

私が尊敬する人間の1人、羽生善治先生の言葉の1つです。

人間、どうしても成果を期待する生き物です。そして現状に、簡単に慣れてしまう生き物です。

それ自体は決して悪ではありません。環境に適応してきたからこそ、恐竜が絶滅した状況下でもしぶとく生き延びて、現在の繁栄を手にしたのですから。

しかし、一事が万事ではいけないのです。人間として、工夫しなくてはいけません。それぞれにおいて、自分が心地良いように、幸せになれるように、取捨選択する必要があります。

人は上記の性質から、そして日本古来の子育てのやり方から、現在行っていることの意味や意義を考えてしまうところがあります。

これは何のためにやっているのか?

こんなことをやっている意味あるのか?

生きている事はあるのか?

一度は考えたことがあると思います。主に中学生、よく言われるのは2年生あたりから。思春期だとか、もしくは最近では中二病とか言われることもあります。

それが大人になっても継続しているのは、あまりよろしいと言い難いです。

それをやって、すべてを効率化して、無駄をそぎ落とした先歩は、究極的には死への収束となります。

もしくは、どこまでいってもお金稼ぎです。

日本は資本主義です。成果的なものがすべてお金に還元されます。それは制度であり、よく、できているものであり、それを自分の価値観や生きる意義や、そういったものに当てはめる必要は無いのです。

老人ホームのお年寄りたちを見てみてください。私は昔社長だったとか、わしは今とてもお金を持っているとか、そんなふうに威張っている人はほとんどいません。またいたとしても相手にされません。

そんな時楽しく生きているのは、どこまでいっても人柄が素晴らしく、楽しく生きるコツをわかっている人だけです。

突き詰めてはいけない。

今やっていることが何の役に立つか、何につながるか、何の意味があるか、考えてはいけない。そうすると、がんじがらめになってしまう。動けなくなってしまう。自分の感性の声が聞こえなくなってしまう。

羽生善治が永世七冠になろうと、無冠になろうと、変わらずにその素晴らしい生き方を続けていけるのは、その信念があるからだ。

私は今日も突き詰めず、ぴんとくるもの、そして自分が心地いいと思うものを、ただその瞬間瞬間やっていこう。
面白かったらこちらをクリック👍
 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング