新着記事

コロナ禍うつ病潰瘍性大腸炎になり派遣切り就活20敗で考えた事

死と生の狭間、人間の尊厳を想フ いろんなことを考えました。 まず、やはり人間の尊 ...

那須川天心vs皇治 エンペラーは神に挑み、焼かれながら撃ち堕とされなかった

皇治という生き方 戦前は圧倒的な皇治不利 今回の戦いは、事前情報がかなり豊富な状 ...

【とある科学の超電磁砲T】ちょっと救われたわ…人間の尊厳と世の中の理を問う

超電磁砲Sは人間の尊厳に切り込んだ作品 無印とは別物の展開 とある科学の超電磁砲 ...

死に至る病―うつ病闘病記⑩「僕を救ってくれた奇跡の言葉」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________ ...

記事ジャンル一覧

関連記事

RIZIN19テーマは拳であり朝倉海は総合格闘技界の革命者だ!

2020年9月25日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikukose

RENA、山本美優 VSハム・ソヒ、白鳥大珠VS大雅のパンチ決着

今年の RIZINのテーマは、拳だった。

正直私は現時点で地上波しか見ていないが、その4試合が全てその言葉で集約されるものだった。

初戦のRENA。

開始20秒で、左のアッパーで仕留めた。
対戦相手は直前で試合を受けてくれた心意気は素晴らしいし、それでも当日戦った彼女には何の問題もない、そういったいろいろは全て置いておいても、この試合はまさに拳だけで決まった。

第二試合、山本美優 VSハム・ソヒ。

山本美優は、最初の中途半端さを捨て、ただただ自分の強みであるタックル、そして寝技に特化することで勝ち星を積み上げている。
それ自体は悪いものではない。

しかしグラウンドはその厳しいところが、それが決まらなければ何のダメージも与えられないところだ。

ハム・ソヒそれを十分にさばける技術、体幹がある。

そうなると勝敗を分けるのは、コツコツでも大きくでもダメージを与えられる、打撃、パンチになる。この結果はある意味で順当と言えるかもしれない。

そして白鳥大珠VS大雅。

この一戦に関しては、私は大変に想うところがある。

まず、なぜ大雅は蹴りを使わなかったのか?

敗因は、非常にシンプルだ。距離を支配され、闇雲に突っ込んだところに、無防備なところに、きれいにカウンターを合わせられた。必然と言えば必然。

ただですら圧倒的なリーチの差に加えて、さらに蹴りが上手な相手にパンチだけで勝負すれば、こうなるのは当然すぎる。

単純なパンチ力だったら、彼はこの階級でトップクラスに位置する。

私がセコンドだったならば、まずローキックでもインローでもいいから、ガードの上からで構わないからいっぱつ当てて、それを切り口に飛び込ませる。

もし相手が捌かないようだったら、徹底的に足を痛めつけて、足が効かないようにしてから飛び込ませる。

指導者問題はこの1戦に関しては大きいと思う。

朝倉海の右ストレート

そしてメインイベントである朝倉海VS佐々木憂流迦。

私は以前の記事でも述べたが、朝倉海の恐ろしいところは、とにかくその右ストレートであると思っている。

まるで一瞬の閃光、レーザーやビームのそれだ。あまりに速く、あまりに強烈で、それはあまりに鮮烈だった。

そしてそれが完璧な状態で放てるよう、そこまでの持って行き方がもはや完成されている。

私はこの試合、どう考えても序盤、それもスタンドで、朝倉海の右ストレートで決まるんじゃないかと思えてならなかった。

試合は、完璧に予想通りになってしまった。

私は佐々木選手の、その根性に驚いた。どう考えてもいっぱつで、顎がへし折れている。

それでもあきらめず、身をかがめて、追撃を回避して、彼は勝ちに行こうとしていた。

しかし、朝倉海は強すぎた。

身をかがめて、佐々木選手を横倒しにして、冷徹とも言える右ストレートのパウンドで彼の顎を打ち抜いてしまった。

レフェリーのストップは、個人的にはやや遅いきらいがある位だった。

衝撃の二か所骨折、歯粉砕

衝撃の事実、彼の顎は2カ所がおられ、そして歯さえも吹き飛んでいたという。

この前の試合を思い出した。堀口恭司は、その右ストレートを、なおかつカウンターで食っておきながら、いちどは踏ん張った。やはり彼もまた怪物だった。

今回のRIZIN、地上波以外は情報でしか聞いていないが、総合格闘技と言うにもかかわらず、あまりにも短期間の打撃によるKOが多い。

それだけ、皆の打撃に対する認識、その技術が向上している証拠だろう。

変遷する総合格闘技の在り方

私は総合格闘技と言うものは、子供の遊戯でいうコマのような1面があると思っている。

多少いっぱつ当ててとかいっぱいつ蹴りが入ったとか、そういうことよりも、低く、重心しっかりと、長く長く回転し続けて、そのスピードと、粘り強さで、最終的に相手を弾き飛ばしたほうが勝ち。

現在、総合格闘技界でトップ戦線を走っている、デミトリウス、もしくはデミトリアス・ジョンソン、通称DJに関して特にそういう感想を抱いていた。彼は何かが特化しているとか、そういうタイプではなく、圧倒的に重心が低く、そして軸がしっかりしていて、バランスが良く、安定していて、それゆえに、崩せず、相手を消耗させて、最終的に勝つと言う、最も攻略しにくい、往年のヒクソン・グレイシーのようなタイプだと私は感じていた。

そんな中、朝倉海のような選手が現れた。例えるなら彼は、通常の駒に、その真ん中あたりにナイフのような刃物を備えた異質者だ。普通にぶつかってこようものなら、そのナイフによって切り裂かれ、無残に倒れてしまう。

現在、総合格闘技界に革命のようなものが起こり始めているのは間違いない。

朝倉海が見せているのは、まだ右ストレートのそれだけと言うそれだけだ。まだまだ強さの底が知れない。特に兄である未来が得意とする左ミドルキック左ミドルキックのような、蹴りはあるのか?

ますます、面白くなるであろう格闘技界に目が離せない。
___________________

おススメ記事!↓

その他の関連記事はこちらへ! → 空手及び格闘技

執筆者の超本格格闘技小説はこちら! → 

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇