空手および格闘技,名勝負徹底解説

極真史上最も難解な試合

第7回全世界空手道選手権大会決勝の、数見肇vsフランシスコ・フィリオである。

私は幼少期にこれを見ていて、正直言って訳がわからなかった。

退屈、 ...

空手および格闘技,名勝負徹底解説

3階級制覇を賭けたウーゴ・ルイスとの戦い

日本が誇る世界3階級チャンピオンで、バンタム級は過去11度防衛しており、さらには1秒間に10連打を繰り出すというハンドスピードでも圧倒的な知名度を誇っ ...

空手および格闘技,名勝負徹底解説

世界初の異種格闘技戦

新日本プロレスの企画した格闘技世界一決定戦であり、世界的に初とも言えるような異種格闘技戦であり、世紀の1戦とされた日本武道館での試合だ。

当時WBA、WBC統 ...

空手および格闘技,名勝負徹底解説

総合格闘技の頂上決戦

格闘技史上最高のベストバウトといえるものが、個人的に6試合ある。

極真空手から2試合、総合格闘技から2試合、顔面蟻の立ち技格闘技からの2試合だ。

...

空手および格闘技,名勝負徹底解説

RIZIN26の三大話題

それはほとんど3つのイベントに話題を持っていかれたと言っても過言ではないと思う。

シバター、朝倉未来、そして堀口恭司。

それも、2対2対6位の ...

空手および格闘技,名勝負徹底解説

RIZIN25で斎藤裕と殴り合う朝倉未来

あまりにも圧倒的な試合前予想

朝倉未来 vs 斎藤裕の試合が組まれて、しかも大晦日の約一か月前と言うことで、正直言って私は甘く見ていたところがある。

朝倉未来はこの1年、たったの1 ...

空手および格闘技,名勝負徹底解説

RISEで裕樹の健闘を称える那須川天心

ロッタンを追い詰めた”Mr.RISE”との引退試合

“神童”那須川天心と”エンペラー”皇治との戦いから、僅か1ヵ月。

空手および格闘技,名勝負徹底解説

ジェイソンマロニーにストレートを打ち込む井上尚弥

約一年ぶりの井上尚弥の試合

井上尚弥が試合をする。

前試合WBSSの決勝ノニト・ドネアとの決戦は、それこそ世界中を巻き込んだ大変な歴史的1戦となった。

いや、井上尚弥が ...

空手および格闘技,名勝負徹底解説

RIZIN24でK-1の皇治に膝蹴りする那須川天心

皇治という生き方戦前は圧倒的な皇治不利

今回の戦いは事前情報がかなり豊富な状態から始まっている。

皇治は過去K-1の武尊とも戦っており、その際は基本的には一方的に責め立てられたが、 ...

空手および格闘技,名勝負徹底解説

勝敗を分けたもの

今回あまりにも短時間で終わってしまったので、技術的にあまり書くことがないかと思ったのだがしかしその中でも思うところがあったので、今回筆を取ることに決めた。

山崎秀 ...