小説, 月が堕ちた夜, 最終章「fall up」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

「マヤ……」

「遼、遼、遼……わたしは、わたしは、どうしたら

小説, 月が堕ちた夜, 最終章「fall up」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 結局ぼくは、最初から最後まで彼女のことは訊かなかった。

小説, 月が堕ちた夜, 最終章「fall up」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 死がどういうものか、実のところぼくは考えたことがなかったのかもし

小説, 月が堕ちた夜, 第3章「memory」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 ここはどこなんだろう、と不意に思った。 夢なんじゃないかなんて、

小説, 月が堕ちた夜, 第3章「memory」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

「…………」 数秒、意味がわからず、意識がトンだ。 いや実際

小説, 月が堕ちた夜, 第3章「memory」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 それもまた、ピースのひとつのようだった。「マヤ……」「じゃあの、

小説, 月が堕ちた夜, 第3章「memory」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 安静時間。

 ぼくたちはいったん別れ、そして病室で眠

小説, 月が堕ちた夜, 第3章「memory」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 彼女は歩きながら振り返り、

「遼に、会いたくて」「?」 結

小説, 月が堕ちた夜, 第3章「memory」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 次の瞬間にはベッドの上で上半身を起こし、朝の8時過ぎだったなんて

小説, 月が堕ちた夜, 第3章「memory」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 初めて泣いた。

 テレビや本や漫画やその他もろもろの