新着記事

Thumbnail of new posts 194

: 空手および格闘技

“ヒットマン”長田賢一 空道北斗旗を通算7度制し,佐竹雅昭,極真と共に最強の一角に数えられた、一撃必殺のその打撃!

大道塾草創期の絶対王者 大道塾空道を代表する選手として、その草創期に多大なる活躍 ...
Thumbnail of new posts 007

: 空手および格闘技

ミッシェルvsアデミール 欧州最強の男と南米の星で繰り広げた星の潰し合い、世界最強を決める壮絶な戦い!

極真史上最高のBEST BOUT それを考えた場合私の頭に、3つの戦いが浮かんで ...
Thumbnail of new posts 027

: 空手および格闘技

残り1秒の奇跡 塚本徳臣vsローマン 会場総立ちにした究極の一撃必殺!

格闘技史上最高の盛り上がり 極真史上いやもしかしたら格闘技史上においても、最も会 ...
Thumbnail of new posts 059

: 空手および格闘技

本物のデンプシーロール!幕之内一歩の必殺技元祖ジャックデンプシー,その勇姿!!

ジャック・デンプシー 彼ほどあの漫画の影響で有名になったボクサーもいないのではな ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • 二十四話「2年前の事件」殴り蹴りあう空手家二人

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  遥は、あれからずっと上の空だった。  授業中も、移動教室中も、お弁当食べてる時も、家に帰ってからテレビ見ててもご飯 ……

  • 十九話「イン・ロー」殴り蹴りあう空手家二人

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  一瞬自分の身に何が起こったのか、天寺はわからなかった。  膝の内側を狙ったローキック――イン・ローが左足に叩き込ま ……

  • 十六話「県王者」殴り蹴りあう空手家二人

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 「…………」  そうして去っていった哲侍と遥のやり取りを、朱鳥は天寺から視線を動かさずに聞いていた。  今まで朱鳥は ……

  • 六十四話「左中段廻し蹴り――左ミドル」殴り蹴りあう空手家二人

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  決勝戦は、音が幕を上げた。  足の甲の部分のサポーターが叩きつけられる、弾けるよう快音が会場に響き渡る。 纏の左足 ……

#45「怖い」

2020年10月7日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

「わたしが、遼を……見てるみたいに?」

「――――」

 今度はぼくの方が、絶句する番だった。
 もはや嬉しいとも違う。
 というより、意味がわからない。

 なぜ彼女はここまで、ぼくのことを買ってくれるのか?

「…………」

 またか、とぼくは少し落胆した。

 ぼくはどこまでいっても、理屈の人間なのだろう。
 理論で納得できなければ、感情が振れない。
 きっと幸せから一番縁遠いタイプの人間なのかもしれない。

「遼は、わたしのこと、覚えてる?」

「――前に、会ったの?」

 記憶を探る。
 だけど浮かんでくるのは、見慣れた人ばかりだった。
 もうだいぶ会っていない父親に、愛想笑いばかりしていた母に、難しい顔の渡河辺先生に、豪快な裕子さんに、噂好きな幾人もの看護士さんや事務や裏方のみなさん――

 みんな。

 みんな、失ってしまう。

「…………っ」

 とつぜん。
 まるで身を裂くような恐怖が、ぼくの全身を襲った。

「く、あ……ァ!」

 それは物理的な痛みを伴うような、そんな信じられないくらいの激しさを伴うものだった。

 みんなと、二度と会えなくなる。
 言葉を交わせなくなる。
 触れ合えなくなる。
 もうぼくは成海遼としての権利をすべて――失ってしまう。

 信じられない。
 信じられないくらい――信じたくないくらい、怖い。

「ッ、うぅ……ううううッ!!」

 死が怖くないだなんて、そんなのは嘘だった。
 怖かった。
 怖いのは動けなくなるとかもう生きれなくなるだとかそういうことじゃなく、当たり前のものにもう触れ合えなくなってしまうという事実だった。

「う、うぅ……父さん、母さんっ!」

「遼……」

 心配するような声。

 それにぼくはハッとする。
 というか事実心配しているのだろう彼女の存在を思い出し、ぼくは少しでも気持ちを落ち着かせようと努める。

 だいじょうぶだだいじょうぶだだいじょうぶだから……そう自分に、必死に言い聞かせる。
 なにもだいじょうぶじゃなかったけど、だけど今だけは、その理屈を忘れてくれ。
 なんでもいいから大丈夫だと、思ってくれと。

「ぅ……う、ん。だいじょおぶ? だよ。はは……」

 声がひっくり返って力ない笑顔で大丈夫もないとぼく自身思うがこの辺りが、限界だった。

 唐突に車いすの前進が、止まる。
 ぼくの擬態が通じずに彼女に心配させてしまったかと心配したが、そうではなかった。

 地面がゆっくりと、上がりだした。

 もちろんそうじゃない。
 ぼくたちは今、階段に設置されている昇降機の上にのっているのだろう。
 ということは、ぼくたちは、もう――

 目の前の空間が、開かれる。




 ほとんど来たことがなかった、屋上。

「あぁ、今日は……雪なんだね」

 そこには天から、意外なプレゼントが舞い降っていた。

「初めて、触るよ……」

 雪。
 ひらひらと舞い、まるで遊ぶ妖精のように暗い夜空を染める白い雪。

 それにぼくは、手を、伸ばす。
 白い雪は冷たくて、手に触れると同時に形を崩し、溶けて、水へと変わっていった。
 よく創作物や理科の参考書に書かれているような、あの綺麗な幾何学模様は見てとれない。

 これが本物の雪なのか。

 本当に彼女は、ぼくに感動を与えてくれてばかりだった。

「冷たい……冷たいなぁ」

「遼、楽しい?」

 ピン、とくるものがあった。
 これだけの雪、そうそう降るものじゃない。
 ぼくじゃなくてもきっと、ひとの目を奪う類のものだろう。

 だけど彼女は、ぼくに訊く。

 考えればいつも、ぼくに訊いていた。

「――楽しいよ、本当に」

 だからといってストレートに訊くほど野暮じゃない。
 ぼくのことをそんなに想ってくれているのなら、ぼくも誠実さで応える。

 だって楽しいと思っていることも、間違いなく事実なのだから。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇