小説, 月が堕ちた夜, 第2章「night & dream」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 クリスマス、当日。 病院では無数の飾り付けと、電球によるイルミネーション、 ...

小説, 月が堕ちた夜, 第2章「night & dream」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 思わずという感じで、言葉が漏れていた。

 きっと、気の緩 ...

小説, 月が堕ちた夜, 第2章「night & dream」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 不意にかけられた、無機質な声。
 ぼくは思わず、顔を上げる。 嘘みたいだ ...

小説, 月が堕ちた夜, 第2章「night & dream」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 願いというものは、そうそう叶うものでもなかった。
 それ

小説, 月が堕ちた夜, 第2章「night & dream」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

「あ、はい、どうも……あの、ぼくは、成海遼――」 「知っとりますと ...

小説, 月が堕ちた夜, 第2章「night & dream」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

「なにが言いたいんですか? ぼくにはあなたが言っていることの、意味が一つもわ ...

小説, 月が堕ちた夜, 第2章「night & dream」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 要点がわからない。
 意味がわからない。

 この会話は ...

小説, 月が堕ちた夜, 第2章「night & dream」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 湯気が立つ湯のみが、こちらに差し出される。
 それを受け取ると、熱 ...

小説, 月が堕ちた夜, 第2章「night & dream」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 それからぼくは棚多さんとしばらく、会話を交わした。

 いや少し意味合 ...

小説, 月が堕ちた夜, 第2章「night & dream」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 こんなにぼくが色んな事を考えて生きているとは、ぼく自身思ってもいなかった。 ...