新着記事

板垣学のモデルシュガーレイレナード

: 空手および格闘技

実写版クロノス!板垣学覚醒 シュガーレイレナード超高速連打が木端微塵に粉砕する!

板垣学vs星洋行 あまりにも有名にしてスピーディーにしてテクニカルと言われ、ロベ ...
全日本キックで戦うゲーオフェアテックス

: 空手および格闘技

“衝撃の左ハイ”ゲーオフェアテックス 山本元気を返り討ち 全日本キックでの完璧なる戦いに刮目せよ!

ゲーオ・フェアテックス 現在ではゲーオ・ウィラサクレックと呼ばれている彼の名前は ...
合気道開祖植芝盛平

: 空手および格闘技

“開祖”植芝盛平 渋川剛気のモデル塩田剛三の師 合気柔術武田惣角から柳生新陰流剣術の武術を集め合気道を作り体重差40kg以上の力士を投げ飛ばした歴史的真実!

合気道 最近はYouTubeでのコラボレートなどを中心として、何かと話題に上って ...
ギャリーオニールと闘う現代の侍数見肇

: 空手および格闘技

“現代の侍”数見肇 骨折,靭帯損傷でグラウべ、フィリオを破り全日本二連覇 ギャリーオニール、岩崎達也、堀池典久らと激闘を繰り広げ勝ち取った栄光!

第26回全日本空手道選手権大会 全日本大会都合五度の優勝、全世界ウェイト制大会優 ...

記事ジャンル一覧

#14「いい天気」

2020年10月7日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

「あ、はい、どうも……あの、ぼくは、成海遼――」 

「知っとりますとも。いま呼びましたじゃろ?」 

 もっともだった。
 結構ぼくはこれでテンパっているらしい。無理もない話だった。

 そも、ぼくは人と話すスキルは高くない。受け流すスキルはそこそこ自信を持っているが。 

「で、ですね。その、なにか……?」 

「用がなくては、話しかけてはいけませんかな?」 

 その言葉に、ぼくはぐぅの音も出ない気分になった。
 それはもっともだったが、しかし同時にそれは実現しないことでもあった。 

 用もない人は、ぼくに話しかけてくることはなかった。
 だからそれがあたり前というより、それしか在り得ないと思っていた。 

 ぼくはどう受け取ればいいんだろうか? 

 ぼくはどう思えばいいんだろうか? 

「……そ、そんなことはもちろんないですよ?」 

 そこまでは言えた。
 だけどそれ以上は何も言えなかった。いうべき言葉を持ってはいなかった。 

 ぼくにどうしろっていうんだろうか? 

「よい、てんきですなあ」 

 最初ぼくは、その言葉が意味するところを理解出来なかった。 

 てんきが天気だとわかり、そして彼の視線の先を追い窓の外の景色を見た。 

 いつもとなにひとつ変わらない中庭と向こうの病棟が、そこには広がっていた。 

「いい天気、ですね」 





 対人スキル、起動。なにげない会話を相手に合わせるのは、得意だった。
 こんなことなら心を凍らせて、何時間でも話していられる。

 なんだ、このご老体はただ話し相手が欲しかっただけなのか。 

「あなたもこんな曇り空が、お好きなのですかな?」 

 問われ、ぼくは僅かに動揺した。 

  よく見ると、確かに空には灰色の雲がかかっていた。
 そのせいで空全体がまるで澱んでいるような印象になっている。これが好きかといわれれば―― 

「まぁ、嫌いではないですかね?」 

「嫌いではない? ではあなたは、どんな天気が好きなんですかな?」 

「好きな、天気……ですか?」 

 動揺、そして困惑。
 そんなこと聞かれても、正直困ってしまう。 

 天気なんて、気にしたこともないし。 

「……えーと、」

「なんですか。好きな天気もないのですかな?」 

 なんだか、小馬鹿にしたような口調だった。
 だからそれが、気にかかった。 

 というか、気に障った。 

 なんでそんなこと、言われなければいけないのか? 

「……ありませんね。悪いですけどぼくは生まれてこの方、この病院から出たことがない身でして、正直毎日検査と点滴と投薬で、そんなことを考える余裕もありませんでした」 

「理由になるのですかな?」 

 なにが? 

 というかなにが言いたいんだ、このご老体は? 

「どういう意味ですか? 理由というのは、ぼくが好きな天気がないということの、ですか?」 

「そうじゃあないです」 

 酷く緩慢とした、一種イライラさせるほどの動作だった。 

 早くして欲しかった。時間が惜しい。 

「だからなにが――」 

「あなたは、生きるのは楽しいですかね?」 

 ムカっとした。
 ストレートに。 

「楽しかないですよ」 

 楽しいわけがない。

 生まれてこれまで、一度もこの病院を出ることもなく、そしてなにものをも成することもなく、あと三週間も保たずに死ぬ身だ。 

 楽しいわけがない。
 それどころか世の中探してみても、ぼくほど不幸な人間もいないだろう。 

 こんな質問、常軌を逸している。 
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇