新着記事

大山倍達や安田英治と闘った澤井健一

: 空手および格闘技

“拳聖”澤井健一 大山倍達と赤城山で決闘 盧山初雄 カレンバッハに道を伝え”ケンカ十段”安田英治と死闘を繰り広げ、現代に気の概念を持ち込んだ歴史的武術家!

拳聖 同じ呼び方を持ち、武の根源とも言える剣の道において、剣客、剣豪、その上に存 ...
ムエタイファイター吉成名高

: 空手および格闘技

“絶技炸裂”吉成名高 クリスクロス,前蹴り,マッハ蹴り 格闘の枠を超えたその神域!

名高エイワスポーツジム 現在私が、最も注目する格闘家の1人。 世界的に有名なボク ...
ムエタイ最強のセンチャイ・ソー・カムシン

: 空手および格闘技

“神の御業”センチャイソーカムシン NJKF竹村健二に前蹴り ジャンピング肘 センチャイキック 投げ飛ばしの妙技が炸裂!

ムエタイ史上最強 その筆頭とも言ってまず構わないと思える選手が、今回紹介させてい ...
新極真会の柏木信広

: 空手および格闘技

“清廉裂帛”柏木信広 武道精神と闘争心 ブラジリアン/マッハ蹴りで一撃必殺を体現した空手家!

ブラジリアンキック 柏木信広。 現在までに途中から起動が変化する、縦蹴りとも、変 ...

記事ジャンル一覧

#19「抱擁」

2020年10月7日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 こんなにぼくが色んな事を考えて生きているとは、ぼく自身思ってもいなかった。
 だからこの言葉たちは、彼女から絞り出されたと言えるかもしれない。 

「ぼくはずっと……生きる、という意味がわからなくて……それでずっと、悩んでたんだ。こんな風に毎日病院で、愛想笑いして、なにも出来ずに死んでくなら、ぼくはなんのために生まれたんだろうって……だけどマヤに会えて、初めて楽しいと、思えたんだ。生きていく、ことが」 

「……でも、遼」 

 でも、という返しがくるとは思っていなかった。 

「なに、マヤ?」 

「生きてくって、辛くない?」 

 それも、核心に迫る質問だった。 

 というよりも、出来るだけ考えないようにしてきた質問だった。 

「つ……辛い、よ?」 

 目を逸らしたくなった。
 なんでこんな事態になってるのかわからなかった。 

 辛いか辛くないかでいえば、辛くないわけがなかった。
 日々の検査、投薬、当然のように起こる副作用、見返りのない我慢の日々。 

  辛くないわけが、なかった。 
 
 誤算だった。
 予想外だった。

 こんなはずじゃなかったのに。
 ぼくはただ、彼女と他愛のない話をしたかっただけなのに。 

 ぼくも人生を楽しんでいいんだって、伝えたかっただけなのに。 

「遼は苦しいのに、なんで生きてくの?」 

 さらに追い打ちを、君はかけるのか。 
「……そこに理由なんて、ないよ」 

 ぼくの胸の裡を無理やりに近く暴かれ、進退きわまってというものに近い形でぼくは、棚多さんの言葉を借りていた。 

 ぼくの瞳を見つめるマヤの、涙に濡れた瞳は、揺れていた。 





「理由、ないの?」 

「う、うん……ない、ね。ただ生きてる。生きたいから生きてるというより、生きない理由がないから、生きてるっていうべきかな?」 

「じゃあ、死にたい?」 

 最初の出会いを思い出させる問いかけ。 

「死にたく……は、ないかな……今は」 

 ぼくはそこに、限定条件をつけた。 

「いま、は?」 

「うん、今は。まだ、死にたいとは思わない……というより、思ってはいない、かな?」 

 今は、まだ。 

 死にたくなるほどは、生きるのは辛くないかな、と。 

「じゃあ遼は、いまは生きていたいんだね?」 

「そう、なるかな」 

「だったら、わたしが傍にいてあげる」 

 マヤはそう優しく言って、ぼくの頬を挟んだまま、その胸にかき抱いてくれた。 

「――――」 

 それほど人と深く接した記憶が、ない。
 だから嬉しさやそういった類の感情よりも、正直戸惑いや動揺の方が強かった。 

 だけどそれをねじ伏せて余りあるほどの安堵感が、全身を包んでいた。 

「あ……」 

 思わず声が、漏れた。
 それほどだった。

 不安や不満や葛藤や苦しみが、その瞬間ぼくの中から消え去った。 

 世界が、ぼくと彼女だけになってしまったように錯覚した。
 それほど彼女の温もりは、心地よかった。
 まるでぼく自身が、胎児にでも戻ってしまったかのように。 

「……マヤ」 

「寂しかったんだよね、遼は。いっぱい話聞いて、わかったよ。だからいまは、わたしが傍にいてあげるね。寂しく、ないように」 

「なんで……?」 

 心地よかった。
 嬉しかった。

 だけどそれは、やっぱり理解できないことだった。 
 疑問。 

「なんで、そんなに……優しくしてくれるんだい?」 

 マヤはそれには応えず、ただ静かにぼくを抱き続けた。
 されるがままのぼくは、もし看護士さんが見回りに来たらどんな顔されるだろうな、なんてことを考えていた。 
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇