新着記事

Thumbnail of new posts 092

: 空手および格闘技

世界唯一のコークスクリュー!山中慎介”神の左”は[はじめの一歩]伊達英二の必殺技ハートブレイクショットだった!

コークスクリューブロー 格闘や、バトル、そういったものが好きな子供だったら、きっ ...
Thumbnail of new posts 098

: 空手および格闘技

“不退転の覚悟”マイケル・ヤング 三瓶啓二,ミッシェルウェーデル,増田章ら超強敵と闘い闘志を見せつけたその勇姿!

三瓶啓二のアバラを叩き折る フィジー、そしてオーストラリアの極真空手家、マイケル ...
Thumbnail of new posts 068

: 空手および格闘技

間柴了の必殺技モデルトーマス・ハーンズのフリッカージャブでパブロ・バエズを衝撃K.O!

間柴了 主人公幕之内一歩の初期のライバルであり、現在でもメインキャラであり、幕之 ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • 四十八話「ゼッケン44番」殴り蹴りあう空手家二人

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  それを、天寺は壇上から見て斜め下――丁度S席のパイプ椅子の群れと、一階席の間の通路から見ていた。 仁王立ちし、腕を ……

  • ⅩⅣ/悪魔憑き⑨

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  疑心暗鬼は、止まらなくなる。 そう考えたら、周りの何もかもが信じられなくなる。 世界そのものに、疑いを持ってしまう ……

  • #41「死」小説月が堕ちた夜の表紙

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  死がどういうものか、実のところぼくは考えたことがなかったのかもしれない。  死とは、訪れるものだと思っていた。 そ ……

  • Ⅶ/傭兵の生活②

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  それに、反射的に頬を抑える。  痛い。 初めての感触だった。 あの時――尖った金属を無理やりに肉に分け入られたのと ……

#12「クリスマス③」

2020年10月7日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 不意にかけられた、無機質な声。
 ぼくは思わず、顔を上げる。

 嘘みたいだった。

 昼なのに、彼女がいた。

「マ、マヤ……?」

「泣いてるの?」

 その言葉にぼくは我に返り、慌ててごしごしと目元と鼻を拭い、啜った。
 そして息を整え、

「いや、その……これは、ちょっと、ぼく風邪気味でね」

「そうなんだ。風邪、大変だね」

 嘘みたいな応えに、嘘みたいな返し。
 どうしようもなかった。
 というか、どうしたもんかだった。

 彼女がなにを考えているのか、なにひとつぼくにはわからなかった。

 彼女は無言で、いつもの定位置に腰掛ける。

 それにぼくはいつものようには横にならず、上半身を起こしたまま見つめる。
 というよりそうするしか、なかった。

 蛍光灯に照らされ、彼女の全身が露わになっている。
 その言い方は少しいやらしいか?
 だけどなぜだろう、彼女には夜が似合っているような気がした。

 あの静寂で、どこか浮世離れした空間が。

「今日は、どうだった?」

 一週間続いてきた会話だった。
 いつの間にか彼女は、ぼくの一日の報告を聞くような立ち位置になっていた。

 そこに意味があるのかはわからない。
 だけどその在り方に、今ではぼくは尊敬に近い念すら抱くようになっていた。

 意味を探り続けてきた結果が、いまのぼくの体たらくなのだから。
 もし意味がないとするなら、彼女の在りようはぼくの理想像といえるだろう。

 まぁ、逆説的に見れば、という話だが。

「ん、今日は……」

 思い返す。

 だけど今日は、いつもほど何かがあったわけでもなかった。
 裕子さんはクリスマスの準備で浮かれてそればかり話し、ぼくは相槌を打っていただけ。晩ご飯はターキーが出てきた。そうそう、なぜか赤飯だったな、お昼は。

「なんだか、わくわくするね」

 彼女の声、ぼくは我に返る。

 あれ?
 ぼく、思ってることそのまま口にしてた?
 そんな無防備で危険な真似を、このぼくが?

「遼、大丈夫?」

 マヤが心配そうに振り返り、ぼくの顔を覗き込み――額にその小さな手を、あてた。

 それは冷たく、だけどどこかほの温かかった。

 ひとの温もりが、そこにはあった。

「あ、うん……だい、じょぶ」

「風邪、悪いの?」

 軽く、動揺した。彼女はぼくのさっきの嘘を、まともに信じているのか。

 そんな子なのか。そんな子が在り得るのか。
 というかぼくは自分で言っていたが、本心を語ることのどこに危険が生じるというのだろうか?

 バカバカしい。心底思った。

「うん、だいじょうぶ。ごめん、心配させて」

 そこで思いきって、にっこり笑ってみた。
 口の端を吊り上げるような感じじゃなく、めいっぱい、無防備に。

 すげー気持ちよかった。

 胸が切り開かれ、心が思い切り深呼吸したみたいな。

 するといつも無表情な彼女も、

「ん、よかった」

 にぱっ、と会って二日目に見せたみたいな無邪気な笑顔を見せてくれた。

 心を開いたから、彼女も心を開いてくれたのか?
 まるで幼児に読み聞かせるみたいな絵本の話だった。じゃあぼくの精神レベルは幼児並みなのだろう。

 それを見ながらぼくは、あと残り少ない時間だけでも心を開いて生きてみたいと、願った。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇