小説, 月が堕ちた夜, 第3章「memory」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 酷い有様だった。

 検査の次の日に起こったのなんて、

小説, 月が堕ちた夜, 第3章「memory」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 でもぼくにとっての死は、それでもなお違う存在だった。

小説, 月が堕ちた夜, 第3章「memory」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 でも、錯覚だったのかもしれない。
 いましがた、月が雲に

小説, 月が堕ちた夜, 第3章「memory」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 確信する。
 彼には死を間近に控えたためか、ある種の第六

小説, 月が堕ちた夜, 第3章「memory」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 いつの間にか、肩に力が入っていた。

「そう……そう、ですね

小説, 月が堕ちた夜, 第3章「memory」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

「はい、元気でしたよ?」

 ぼくは対人スキルを最大限に発揮し

小説, 月が堕ちた夜, 第3章「memory」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 自分が妖精だという彼女の言葉が、脳裏に蘇っていた。 彼女はずっと、手を握ってくれ ...

小説, 月が堕ちた夜, 第3章「memory」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 タクシー乗り場まで、一緒に歩いた。

 手を繋いで、と

小説, 月が堕ちた夜, 第3章「memory」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 心細いのは、ぼくよりも彼女方かもしれないと思った。

 首都

小説, 月が堕ちた夜, 第3章「memory」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 初めて泣いた。

 テレビや本や漫画やその他もろもろの