月が堕ちた夜,第3章「memory」,小説

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

本編 いつの間にか、肩に力が入っていた。

「そう……そう、ですね。その ...

月が堕ちた夜,第3章「memory」,小説

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

本編「はい、元気でしたよ?」

 ぼくは対人スキルを最大限に発揮して、満 ...

月が堕ちた夜,第3章「memory」,小説

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

本編

 自分が妖精だという彼女の言葉が、脳裏に蘇っていた。

...

月が堕ちた夜,第3章「memory」,小説

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

本編 タクシー乗り場まで、一緒に歩いた。

 手を繋いで、というか ...

月が堕ちた夜,第3章「memory」,小説

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

本編 心細いのは、ぼくよりも彼女方かもしれないと思った。

 首都高に入 ...

月が堕ちた夜,第3章「memory」,小説

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

本編 初めて泣いた。

 テレビや本や漫画やその他もろもろの物語の ...

月が堕ちた夜,第3章「memory」,小説

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

本編 次の瞬間にはベッドの上で上半身を起こし、朝の8時過ぎだったなんて。「そ ...

月が堕ちた夜,第3章「memory」,小説

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

本編 彼女は歩きながら振り返り、

「遼に、会いたくて」「?」 結局疑問 ...

月が堕ちた夜,第3章「memory」,小説

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

本編 安静時間。

 ぼくたちはいったん別れ、そして病室で眠った。 ...

月が堕ちた夜,第3章「memory」,小説

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

本編 それもまた、ピースのひとつのようだった。「マヤ……」「じゃあの、若人( ...