空手および格闘技, 小説, 超本格格闘技小説「顎」, , 第肆章「宴」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 それをセコンドから見ていた天寺は、仰天していた。

 纏の動きは今までの比で ...

小説, 刃と夜, 第四章「鬼ごっこ」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 笑ってた。
 背筋が凍りついた。

 ゲーセンでのエアホッケ ...

Silly rond~白き聖女と、終わる世界~, 小説, 第Ⅳ章「革命 -revolt-」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 フィマールは呆然と呟き、裁判席から下りてきた。

 そ

小説, 第Ⅱ章「勇者の心得」, EN-BLADE 〜ドMなお兄ちゃんが異世界で聖剣と神技で伝説を作る!?〜

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 大上段からの、一撃。
 それをエミルネルは右腕を回して、

空手および格闘技, 小説, 超本格格闘技小説「顎」, , 第肆章「宴」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 夕人の焦燥は、誰の目からも見て取れた。

 天寺は横目で腕時計を確認し ...

小説, 刃と夜, 第四章「鬼ごっこ」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 他の人影は、まったく見当たらない。
 灰色の防波堤の向こうに ...

Silly rond~白き聖女と、終わる世界~, 小説, 第Ⅳ章「革命 -revolt-」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 ベトはただ、剣を背負って城の中を進んでいた。

 愛剣

小説, EN-BLADE 〜ドMなお兄ちゃんが異世界で聖剣と神技で伝説を作る!?〜, 第Ⅲ章「洗礼の聖堂」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 その洞窟で、エリューとマダスカは、必死の形相で息を切らしていた。

空手および格闘技, 小説, 超本格格闘技小説「顎」, , 第肆章「宴」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 そして、未だ天井を仰いで薄ら笑いを浮かべている夕人に、ハイキックを放った。 ...

小説, 刃と夜, 第四章「鬼ごっこ」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 それにより、僕の思考は停止する。 とっくに僕ら三人は着替え終えて