新着記事

Thumbnail of new posts 186

: 空手および格闘技

“格闘マシーン”黒澤浩樹 初出場優勝最年少 松井章圭と死闘,下段で一本勝ちの山を築き上げた軌跡!

魂の下段廻し蹴り それに命をかけた選手というのが私の知る限り、四人存在している。 ...
Thumbnail of new posts 041

: 空手および格闘技

“武芸者”木村靖彦 日本連続準優勝,世界連続6位で日本を支えた大黒柱!

左中段廻し蹴り 極真空手の歴史の中で、様々な得意技を持つ選手たちを見てきたが、そ ...
Thumbnail of new posts 133

: 空手および格闘技

極真史上最強に名を連ねる五人の空手家たち

極真史上最も強い人間とは誰か? そう考えた場合に、極真空手を20年以上行ってきて ...
Thumbnail of new posts 058

: 神アニメレビュー

【かおす寒鰤屋】この程度の雨なら濡れるのも風情だ――名作漫画名言

骨董がテーマのジャンプ漫画 ジャンプ漫画の中でも極めて珍しい、骨董をテーマにした ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • #40「甘い会話」小説月が堕ちた夜の表紙

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  ここはどこなんだろう、と不意に思った。  夢なんじゃないかなんて、思ったりした。 「マヤ……きみは、きみはさ」 「 ……

  • Ⅻ/ベトの離脱③

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  ぼんやりお日様を眺めていたら、声をかけられた。  でっぷりした体躯にひかる禿頭、スバルだ。 スバルは初めて会った時 ……

  • ⅩⅥ/育ての親③

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 「なぁ、少しでいいから考えてみないか? 本当にお前、このままでいいのか? 傭兵としてひとを殺して、その糧で生きていく ……

  • 第54話「ガンシューティング」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 「――――」  思考が、凍りつく。 体も硬直する。  今見たものの意味がわからない。 意味がわからないと動きようがな ……

七十六話「巨獣 vs 武人」

2020年10月7日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 間彦六がリングの上に立っていた。

 純白の空手衣をまとい、手には指定されたオープンハンドグローブを着け、自然体を保っている。
 それを、観客が異常な静けさの中見つめていた。
 先ほどの試合の余韻が、まだ残っているのだ。

 凄まじかった。
 誰もが、言葉を失っていた。
 とても高校生の試合とは、思えなかった。

 いや――あれを空手の試合だとは、思いたくなかった。
 見る者を圧倒する、気迫。
 勝ちに拘る異常なほどの、執念。
 それに伴う、醜悪さ。

 どれも武道性や神聖さ、スポーツマンシップなど、どこにも見受けられない。
 ただ勝ち負けに――相手を壊す事に、特化した行為。

 まるで人の――自分の身にも潜んでいるかもしれない凶暴性、獣性。
 それを無理やり見せつけられた心地だった。
 それにみな動揺し、今の静寂に繋がっていた。

 夕人は、担架で病院に搬送されていった。
 勝った天寺も、終わった途端意識を失い、同じく担架で医務室に運ばれていった。

 まるで、勝者が誰もいないような試合だった。

 いや、事実あの試合に、勝者はいなかったのだろう。
 ルールの上では天寺の勝ちだろう。

 だが、勝った天寺は、満足だったのだろうか?
 天寺は何を想って、あそこまで鍛え上げたのだろう。

 あれが……本当の意味での、戦いというものなのだろうか?

 想いは重く、石のように会場に落ち込んでいた。
 そこに、対戦相手の、盟帝会のチャンピオンという男が花道から現れた。
 スモークが焚かれ、スポットライトが照らし出す。

「あ……」

 それを見て、反対側のセコンドに待機している慎二が、声を上げた。

 アメリカ人だった。

 スキンヘッドの、黄色い眉に青い瞳を持った男。
 しかしそれ以上に、その体つきが目を引いた。

 体が、テレビのボディービルダーのように節くれだっていた。
 身長が、あの間六彦よりも頭一つ分は高かった。
 おそらく身長は2メートル近く、体重は130キロを越えているのではないか。
 しかも慎二が声を上げたのは、それが見たことのある男だったからだった。

 対戦相手は、アメリカのバーリトゥード団体の大手、RTB(ローリング・サンダー・バトル)のミシシッピ州のチャンピオンである、レナード=バルタスだったからだ。
 今でこそぴちぴちの空手衣をまとい、腰にも黒帯が巻かれているが、全然似合っていない。
 着こなせていない。
 見る者が見れば、一発でわかる。

 ――なにが、盟帝会だ。
 夕人の一件といい、お前のところには選手がいないのではないか?

 レンタル空手め……。

 慎二は唇を噛み締めた。脳裏に三枝の言葉が蘇る。

『ルールですが、リベンジマッチは空手ルールで行いますので、間さんの時は総合格闘技(なんでもあり)ルールでどうでしょうか? そちらは世界チャンピオンでもあるわけですし、観客のみなさんもそれでしたら飽きずに楽しめると思いますので――』

 間先輩……。

 すがるような目で慎二がリング上に視線を上げようとした、その時。
 哲侍がリングの下から声を上げようとしてるのが見えた。

 何を言うのか――

「六彦~、1分で倒せー。倒せんかったら、二度と道場にこんでいいぞ~」

 野次。

 それを聞いた時慎二は、これは応援でも激励でもなく野次だと思った。
 今から戦う選手によりにもよって、そんなプレッシャーを与えるようなことを師範ともあろう人がかけるだろうか?

 間六彦はそれに口を押さえて苦笑すると、大仰に拳で十字を切り、

「押忍」

 ゴングが鳴った。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇