新着記事

全日本キックで戦うゲーオフェアテックス

: 空手および格闘技

“衝撃の左ハイ”ゲーオフェアテックス 山本元気を返り討ち 全日本キックでの完璧なる戦いに刮目せよ!

ゲーオ・フェアテックス 現在ではゲーオ・ウィラサクレックと呼ばれている彼の名前は ...
合気道開祖植芝盛平

: 空手および格闘技

“開祖”植芝盛平 渋川剛気のモデル塩田剛三の師 合気柔術武田惣角から柳生新陰流剣術の武術を集め合気道を作り体重差40kg以上の力士を投げ飛ばした歴史的真実!

合気道 最近はYouTubeでのコラボレートなどを中心として、何かと話題に上って ...
ギャリーオニールと闘う現代の侍数見肇

: 空手および格闘技

“現代の侍”数見肇 骨折,靭帯損傷でグラウべ、フィリオを破り全日本二連覇 ギャリーオニール、岩崎達也、堀池典久らと激闘を繰り広げ勝ち取った栄光!

第26回全日本空手道選手権大会 全日本大会都合五度の優勝、全世界ウェイト制大会優 ...
二宮城光と戦う極真空手家佐藤勝昭

: 空手および格闘技

二宮城光vs佐藤勝昭 1回世界大会準決勝”サバキ”と”日大の花”を継ぐ者の壮絶なる決闘!

格闘技史上最高のBEST BOUT それを考えたとき私に浮かぶのが、3つの極真空 ...

記事ジャンル一覧

関連記事

“戦慄の膝小僧”ヴァンダレイシウバvsジャクソン①膝蹴り20連打がマッドドッグを粉砕!【PRIDE】

2022年4月18日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

PRIDEミドル級絶対王者

まさにPRIDEの象徴、その1人として圧倒的な活躍を見せていたヴァンダレイ・シウバ。

それまでの寝技、関節技、それらが中心だった総合格闘技界で自身が磨いたムエタイ、それによって勝ち進み、その命通りの膝蹴りへの嵐で、KOの山を築いた。

その激しくも、美しい、そして鮮烈な戦いぶりに、魅了された人間は多いと思う。

あのPRIDEのヒーローとして黎明期を支え、絶対的な強さを誇っていたグレーシー一族を破った桜庭和志も、極真空手から殴り込みをかけた岩崎達也も、柔道からの刺客として驚異的な活躍を見せていた吉田秀彦も返り討ちにした。

あの超人ミルコクロコップとK-1とPRIDEの看板をかけて戦い、引き分けに持ち込んだ。

まさに歴戦の勇者とも言える彼だが、その数多の戦いの中でも、未だ全く色褪せることのない衝撃的な戦いと言えるのか、ライバルと認識されているであろう、クイントン”ランペイジ”ジャクソンとの、2度にわたる激突だろう。

暴れまわる、猛り狂う、その異名をミドルネームに持つ彼は、トレードマークとも言える極太のチェーンをその身にまとい、まさに暴虐ファイト、特にマットへの強烈なボディースラムを中心に、破竹の勢いで勝ち進んでいた。

正道会館から、佐竹雅昭との戦いにて、そのボディースラムで背骨を追ったり、K-1に参戦してシビル・アビディと2戦2勝と勝ち越したり、まさに向かうところ敵なしといえた。

そんな中、王者であるヴァンダレイシウバに何回もマイクアピールをしたり、挑発を繰り返し、その王座は自分のものだと主張していた。

直前でこんなやりとりがあったと言う。

「シウバ、うちに帰って俺のためにベルトでも磨いとけ」

掴みかかった。

「あの言葉を吐いたことを後悔させてやる」

そんな2人が、PRIDEグランプリ2003、その決勝戦でついに相見えることになった。

PRIDEグランプリ2003決勝

開始直後、ヴァンダレイシウバが両手をブルンブルンと振り回してやる気を上げ、それに対してジャクソンは冷静にスタスタと間合いを詰めていき、それにヴァンダレイシウバがフックの3連打をしたところをかいくぐり、その体を下から持ち上げた。

得意のボディースラム。

しかしヴァンダレイシウバはすぐにジャクソンの首に左腕を回す。

フロントスリーパー。

ぴたり、と両者の動きが止まる。

ジャクソンがロープに両手をかけて、ヴァンダレイシウバはひたすらにジャクソンの首を絞めあげる。

動かない。

40秒間そのままで、ジャクソンはうなだれ、そのまま的に前のめりに倒れてしまう。

衝撃が会場を包む。

待望の2人の対決、決勝戦は、こんな開始直後のフロントスリーパーと言う、それだけで決まってしまうのか!?

そう思われた5秒後、ジャクソンは何とかと言う感じでヴァンダレイシウバのロックを外し、そしてそのままガードポジションでボディーをこつこつと叩く。

そしてジャクソンが少しずつ体をずらし、腰を上げて、そのパンチを顔面へと移したところに、シウバは腕ひしぎ十字固めへと移行する。

しかしそれを外し、ジャクソンが鉄拳を落としすのをヴァンダレイシウバは見事な体さばきでかわしていく。

しかしジャクソンがさらに膝を落とし、ハーフガードに移行して、圧力をかける。

ヴァンダレイシウバが出血。

ここまでジャクソン有利、シウバはやや意識朦朧としているようだった。

しかしここでブレイク、スタンドからのやり直しが支持される。

シウバはここで、ある意味救われた形となった。

ジャクソンが左ジャブを出したところに、ヴァンダレイシウバのとんでもない左ハイキックが半回転してジャクソンのコメカミをかすめる。

それに驚いたジャクソンが、中途半端に腰に食いついたところに、待ってましたと言わんばかりに、ヴァンダレイシウバ左の膝蹴りが炸裂!

膝、膝、膝の、膝地獄

慌てて体を起こしたところに、さらに左右のフックが顎に炸裂!

シウバは抱えて足を引っ掛けて倒そうとするが、倒れず、ジャクソンの右のボディーの膝蹴りに抗するような、左の顔面膝蹴りが再び炸裂!

倒れたところにサッカーボールキック、立ち上がったところに右のボディーの膝!

一旦離れてまた向かいあったところに、シウバの冷静な右のローキックからの、左のハイキックが顎直撃!

そこから左の膝、右の膝、左の膝、右の膝、左の膝、右の膝!

ジャクソンはコーナーまで吹き飛ぶ。

さらに飛び込んで右の膝蹴り!

そして左の膝、右の膝、右の膝、引き込んでの左の膝、左の膝、さらに右フックからの、飛び込んでの左の膝蹴り!

さらに立ち上がらせた左の膝、倒れたところにサッカーボールキック、その2連打、立ち上がって右の膝、左の膝、それでも倒れないジャクソンに、ヴァンダレイシウバはニヤリと笑って、右フック、その2連打からの、右の膝蹴り!

ついにレフェリーが止めた。

ヴァンダレイシウバの勝利。

衝撃、それしか言いようがなかった。

数えてみて、合計20発もの膝蹴りの連打。

実質的その間にハイキックやパンチやサッカーボールキックも混ざっているから、打撃の数はそれをはるかに上回る。

だけど、膝蹴りだけで20発。

それもその全てを直撃させ、空振りだったり、ガードさせたりと言うものがない。

凄まじい、おそらくは格闘技史上においても最も数多くの膝蹴りのラッシュによって決まった試合と言えるのではないか?

どこか膝蹴りのラッシュと言うものは、個人的には格闘技そのもの、醍醐味のようなものを含んでいると考えている。

パンチの連打と言うものは、素人でもできるが、膝蹴りを、首相撲でロックしたり、飛び込んだり、そうやって当てるのは技術が必要で、そしてパンチを除けば膝蹴りほど連打がきくけると言うものはないから、カタルシスと爽快感、その両方が満足させられる気がする。

それがこの試合、これ以上ないと言うほどに爆発的に満たされた。

そして、20発もの膝上の連打、さらにはサッカーボールキック、ハイキックを浴びながらも、立ち続けたクイントン・ランページ・ジャクソンは、あっぱれとしか言いようがないだろう。

最後ニヤリと笑ったヴァンダレイシウバの気持ちもわかると言うものだ。

しかしニヤリと笑い、普通に追撃して、さらに膝でトドメを刺すヴァンダレイシウバもヴァンダレイシウバだと思うが……。

まさにクレイジー、突き抜けた、格闘技戦の、その最たるもの、象徴的な一戦だと考える。

___________________

おススメ記事!↓

関連記事はこちらへ!→ 空手及び格闘技

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇