新着記事

Thumbnail of new posts 095

: 空手および格闘技

“武芸者”木村靖彦 日本連続準優勝,世界連続6位で日本を支えた大黒柱!

左中段廻し蹴り 極真空手の歴史の中で、様々な得意技を持つ選手たちを見てきたが、そ ...
Thumbnail of new posts 023

: 空手および格闘技

極真史上最強に名を連ねる五人の空手家たち

極真史上最も強い人間とは誰か? そう考えた場合に、極真空手を20年以上行ってきて ...
Thumbnail of new posts 147

: 神アニメレビュー

【かおす寒鰤屋】この程度の雨なら濡れるのも風情だ――名作漫画名言

骨董がテーマのジャンプ漫画 ジャンプ漫画の中でも極めて珍しい、骨董をテーマにした ...
Thumbnail of new posts 134

: 神アニメレビュー

【Dr.STONE】楔を打ち続ける!石神千空×コハク邂逅の時!

異色な科学漫画 それまで様々な漫画やアニメやゲームやライトノベルなどあらゆる媒体 ...

記事ジャンル一覧

関連記事

奇跡の逆カウンター”クリスクロス”長谷川穂積vsウィラポン2伝説の一戦!

2021年7月20日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

カウンターのカウンター「クリス・クロス」

この言葉を、その意味を初めて知ったのやはり私にとってはボクシングの教科書とも言える漫画はじめの一歩の中だった。

作中で絶対王者とも書かれている鷹村守が、大阪からやってきた幕ノ内一歩のライバルになる千堂武士の相手をしたときに、階級も上、実績も上、そういったところを考慮して、力で捻じ伏せるようなことはせずに、高等技術のオンパレードを見せていた時に、その中で披露した。

カウンターに、カウンターを合わせる。

言葉で聞いていて、そして漫画でも見ていたが、現実的には、そして漫画の作者においても、二度と出る事はなかったように思う。

そもそもが、カウンター――というか、そもそもレベルの高いボクシングにおいて、相手にクリーンヒットさせること自体が高等技術と言える。

レベルの高いボクシングは、一発で勝敗が分かれる。

そんな中で、相手のパンチに対して、的確なパンチを合わせて、クリーンヒットさせる。

それ自体が非常に工夫を必要とされる技術だと言うのに、さらにそのカウンターに対してカウンターを打つなど、ほとんど夢物語に近いと言える。

実際格闘ゲームにおける超必殺技というか、名前はクリス・クロスとイカしているし、知っていてもいいかなぐらいに思っていた。

しかし、最近コメントで、そのクリス・クロスが現実に行われた試合があると言うのを知った。

それも、私も以前、デンプシーロールを現実の世界で顕現したとして取り扱わせてもらった、あの長谷川穂積だと言うから衝撃だった。

それはWBC世界バンタム級2度目の防衛戦、相手は、ウィラポン・ナコンルアンプロモーション。

タイの英雄ウィラポン・ナコンルアンプロモーション

そのウィラポンとは、すでにWBCの世界バンタム級のタイトルを取ったときに、その折に激突しており、その時点でウィラポンは日本の誇るべき名ボクサーと言える辰吉丈一郎を王座から陥落させ2度破り、そして西岡利晃を4度にも渡り退け、本国のムエタイにおいてもラジャダムナンスタジアム3階級制覇を達成、ボクシングにおいても合計18度の王座に輝いている、まさしく恐るべきタイの英雄的なボクサーだった。

そんなウィラポンと長谷川穂積は、そのタイトル戦での戦いでは最終12ラウンドまでの壮絶な打ち合いによって、3対0の判定勝ちでタイトルをもぎ取ると言う快挙を見せつけている。

果たして2度目の防衛戦、ウィラポンは長谷川との戦いの後5試合を全て勝利、4K.O、そしてランキング1位をひっさげてのまさに最強の指名挑戦者として日本のリングに戻ってきていた。

通算成績も、長谷川穂積が21戦19勝6KO2敗に対して、ウィラポンは56戦52勝37KO2敗2分け。

実質的に長谷川穂積以外にほとんど負けておらず、さらには戦った数、KOの割合も、圧倒的にウィラポンが有利だった。

はじめての地元神戸での防衛戦となった1ラウンド。

長谷川穂積は足をべったりとマットにつけての広いスタンスで、強烈なワンツーを持っていく。

それに対してウィラポンはタイ人らしく、堂々と淡々とマイペースに、ノーモーションの強烈な右を中心に責め立てる。

さらに中盤からアッパー、チョッピングレフトを混ぜて、ウィラポンを翻弄する。

のしのしと前進を見せるウィラポンに対して、長谷川穂積をじっと見つめて、その様はまるでスナイパーのようだった。

そして3ラウンドラスト1分、アッパーからのまさに長谷川穂積の真骨頂とも言える凄まじいラッシュ!

そこから、ウィラポンが右のボディー、長谷川穂積がアッパーとワンツーを組み合わせて連打でまくし立てると言う展開が続いたが、5ラウンド中盤、長谷川の右に周りこ見ながらのワンツーがクリーンヒット!

そこからの飛び込んでの左のアッパーで、ウィラポンの足が揺れた。

そしてたたらを踏んで下がる。

あのウィラポンが、聞いた!

そこから長谷川穂積はワンツーの連打で攻勢をかける。

しかしウィラポンのボディーからの右ストレートで、意地を見せる。

6ラウンド、スロースターターのウィラポンが、のしのしと前に出てワンツー送り出すところに、長谷川穂積がフットワークを使い回りだす。

そして1分半、強烈な左のカウンターからの左アッパーが、ウィラポンの顎を揺らす!

そこから2、30発は打ってるんじゃないかと言う猛烈なラッシュを見せる!

このスピード、無尽蔵のスタミナこそが、長谷川穂積最大の武器と言えるだろう。

さすがにウィラポンは打たれ強い。

そして7ラウンドは頭をつけての打ち合いに付き合ったかと思えば、8ラウンド、目が覚めるような華麗なステップワークでウィラポンの攻撃を完璧にかわしていく。

まさしく変幻自在。

しかしスロースターターのウィラポンも、むしろ生き生きと、激しい攻撃を放ってくる。

そして9ラウンド、その時が訪れた。

近代日本人ボクサーの完成形

正直その瞬間、私は口をあんぐりと開けてしまった。

絶句。

確かに前半は長谷川穂積が間違いなくポイントをとっていたが、ウィラポンは息を吹き返し始め、ぐんぐん前に出てきて、まだまだここからわからないなと、そういう風に思えていた、その開始直後。

長谷川穂積が右ジャブ二発、右に回り込み、そして軽い右で距離を測り、牽制の左で相手のカウンターの右を誘い、そこへ右の――

クリス・クロス。

ウィラポンはまるで糸の切れた操り人形のようにマットの上に崩れ落ち、立とうとするも足が言うことを聞かず、そのままでレフェリーは試合を止めた。

解説が何度も叫んでいた。

何と言う、何と言うパンチ。

あまりにも、あまりにも素晴らしいものを目撃すると、それを形容する言葉が浮かばないものだった。

まさしく、神技。

私の知る限り、唯一無二といっても良いのではないだろうか。

これだけの強さ、技術を見せてもなお、本当に強いと言う印象しかないと言う言葉に対して、いや全然強くないですよ、運がよかっただけです。

勝負を分けたものも、気持ちもお互い同じくらい強く、なんでしょうわかんないです、ほんとたまたま自分が運が良かっただけだと思ってます。

みんなの応援のおかげで勝てたと思います。

みなさんも良かったら応援してください。

巨大な岩のような、倒れるはずのない、偉大なる対戦相手に、まさしくその間に走っている、見えないようなわずかな亀裂に、薄く鋭い刀を差し入れ、そして真っ二つに切って落としたような、そんなありえないような神業を見せつけておいてなお、そのあくまで謙虚で控えめで、日本人的な美しい姿勢。

そこにある種の、日本人ボクサーとしての完成形を見た気がした。

正直ぶっちゃけなんというか、長谷川穂積選手のファンになった(笑

日本人が誇るべき、そして知るべき、それだけの輝かしきな1戦だと、私は訴えたいとさて思う。

___________________

おススメ記事!↓

関連記事はこちらへ!→ 空手及び格闘技

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇