新着記事

ロッキー・リンにアッパーを打ち込むリカルド・ロペス

: 空手および格闘技

ホワイトファング!リカルドロペス最強伝説 はじめの一歩越え衝撃アッパーが相手を場外まで吹き飛ばす!

史上最強リカルド・マルチネス 範馬刃牙でいう範馬勇次郎、ドラゴンボール超でいう破 ...
郭雲深の半歩崩拳

: 空手および格闘技

“半歩崩拳あまねく天下を打つ”郭雲深 郭海皇のモデル,史上最強の武術家 太氣至誠拳法澤井健一の師 王郷斎を弟子に持つ!

郭雲深 私の先生は実技のみではなく、空手のみではなく、様々なジャンルや、そして武 ...
輪島功一のカエルパンチ

: 空手および格闘技

“カエルパンチ”!輪島功一 はじめの一歩青木勝の必殺技 よそ見や脅かしウサギパンチを見せて掴んだ重量級の栄光!

ユニークスキル ユニークスキルと言う言葉がある。 固有技能と言われているもので、 ...
闘う極真空手家島田慧巳

: 空手および格闘技

“桜花爛漫”島田慧巳 可憐で鮮烈なる春の桜のように咲き誇ったその舞闘が観衆を魅了する!

新極真会第23回全日本ウェイト制大会 新世代の台頭が多く見られたこの大会で彼女は ...

記事ジャンル一覧

関連記事

村田諒太 ゲンナジーゴロフキンとの決戦へ!転落から家族の為覚悟を決めたロブブラントとリベンジファイト!

2021年11月17日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

オリンピック金メダリストにしてプロボクシング世界王者

村田諒太と言えばオリンピックの金メダリストとして初めてプロボクシングの世界チャンピオンに輝いた、日本が世界に誇る竹原慎二以来の二人目のボクシング世界ミドル級のチャンピオンだ。

私は最初、このロブ・ブラントとの再選に、かなり悲観的な見方を持っていた。

村田諒太は、確かにその体幹、パワー、スピード、それは素晴らしい。

特に黄金の拳される右ストレートの破壊力は群を抜いていると言って間違いない。

その右ストレートは、まさに放たれれば、相手のその体を穿ち、貫通し、立っていることを許さない、そんな砲弾のような一撃だった。

しかし私の知る限りではあるが、拝見させてもらった試合の中では、村田諒太は、その一本技に頼りすぎているように見えた。

あまりにも強烈すぎる一撃を持っているがゆえに、それさえ当てれば良く、そのためにボクシングの中では当然とされるジャブなどもほとんど打たずに、ステップワークもほぼなし、ベタ足で近づき、ガチガチに固めたガードの上から打たせ、隙をついて右ストレートをぶちかまして勝つ、ほぼそのやり方一本槍のように見受けられた。

これはある意味では、アマチュアのボクシングで金メダリストまで輝いた、そのやり方もまた、その体験もまた、その戦い方を形成するにひと役買っているのかもしれない。

しかしそのコンビネーションを放棄し、ウィービングやタッキングを避ける技術も使わず、亀になり、体の強さに任せ、右ストレートに頼っている、そのスタイルで、果たしてこれから先も通用するのか?

そんな一抹の疑問も持ち合わせていた。

絶望的な戦前予想のリベンジマッチ

そんな時、村田諒太の、WBAミドル級2度目の防衛戦で当たった、ロブ・ブラント。

25戦 24勝 17KO 1敗。

体格的にも決して劣ることなく、そしてパワーに関しても見劣りすることなく、そしてフットワークが使えて、コンビネーションが激しく、そんな相手に村田諒太は、ほとんど手も足も出せなかったように私には思えた。

そんな相手とリベンジマッチ。

スタイルが変わらなければ、正直多少パワー上がってもスピードが上がっても、勝つことが厳しいのではないか。

この辺が限界なのではないか。

失礼ながら、そんな戦前予想を抱いていた。

正直、それがここまで――良い意味でで裏切られたのは、私の格闘技観戦歴の中でも、非常に稀で、そして幸運なことだった。

ブラントは開始と同時に文字通り走って距離を詰めて、ワンツー。

そして素早く村田諒太の周りを回りながら、上下左右様々なパンチで揺さぶりをかけてくる。

ここまでは、前回とほぼ同じ展開。

しかしそれに対して、村田諒太は、ガードは固めながらも、ワンツー、ワンツー、ワンツーと攻撃を返す。

しかも、ボディーを多めに。

動き回る対戦相手に対して、動かないボディーを狙っている、これは明らかな作戦だった。

そして2分あたりから、村田諒太の手数がブラントを上回り出す。

被弾を恐れず。

被弾覚悟で。

ここに私は、村田諒太の覚悟を感じた。

圧倒的な連打での村田諒太の覚悟

そして2ラウンド、飛び回るブラントの腹を、カウンター気味の村田諒太の左アッパーがとらえた。

効いた。

そこを逃さず、2ラウンドとはまるで思えないような、ボディー、アッパーを交えての、伝家の宝刀、右ストレートのつるべ打ち!

さらには左フックまで使って、明らかに技のレパートリーが増えていた。

敗れてからの9ヶ月で、明らかに村田諒太は進化していた。

そして新たに身に付けた左で、ロブ・ブラントがリング中央まで吹き飛ぶ。

そしてボディーからの、右フックの連発、そして左ボディー、対角線上の右と、相手に的を絞らせずに、完全に効かせる。

さらにアッパーからのフックの連打。

見事だ、見事すぎる、まるで別人の戦いを見るようだ。

そしてとどめは、右フック、レフェリーが飛び出す、当然だろう、ロブ・ブランドの全身は、まるでムチ打たれたかのように真っ赤に変色を遂げていた。

全く手も足も出せないような形でフルマークの判定負けを記した相手に、完璧な形のリベンジを成功。

引退をかけて、家族の思いをかけて、全てをかけて、彼はリスクを恐れず、覚悟をしめて、己のすべてを込めて、自らの体を犠牲にして、そしてこの戦いに挑んだのだろう。

終わった後の晴れ上がった顔面が、まるで勲章のように私は思えていた。

感服、まさに脱帽。

まさに生まれ変わった、プロボクシングを、世界に誇るべきWBC世界ミドル級のチャンピオン、黄金の拳、村田諒太、その真実の意味でも誕生の瞬間だったと私は言いたいと思う。

おめでとう村田諒太。

この日まさに、日本全国、夜世界が、村田諒太、そのための1日だった。

関連記事はこちらへ!→ 空手及び格闘技

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇