新着記事

ロッキー・リンにアッパーを打ち込むリカルド・ロペス

: 空手および格闘技

ホワイトファング!リカルドロペス最強伝説 はじめの一歩越え衝撃アッパーが相手を場外まで吹き飛ばす!

史上最強リカルド・マルチネス 範馬刃牙でいう範馬勇次郎、ドラゴンボール超でいう破 ...
郭雲深の半歩崩拳

: 空手および格闘技

“半歩崩拳あまねく天下を打つ”郭雲深 郭海皇のモデル,史上最強の武術家 太氣至誠拳法澤井健一の師 王郷斎を弟子に持つ!

郭雲深 私の先生は実技のみではなく、空手のみではなく、様々なジャンルや、そして武 ...
輪島功一のカエルパンチ

: 空手および格闘技

“カエルパンチ”!輪島功一 はじめの一歩青木勝の必殺技 よそ見や脅かしウサギパンチを見せて掴んだ重量級の栄光!

ユニークスキル ユニークスキルと言う言葉がある。 固有技能と言われているもので、 ...
闘う極真空手家島田慧巳

: 空手および格闘技

“桜花爛漫”島田慧巳 可憐で鮮烈なる春の桜のように咲き誇ったその舞闘が観衆を魅了する!

新極真会第23回全日本ウェイト制大会 新世代の台頭が多く見られたこの大会で彼女は ...

記事ジャンル一覧

関連記事

身長2m越えの巨人 ハシムマホメッド,アンドレフィッシュ,フレデリックオルソン 規格外の体格から繰り出す戦い!

2021年11月17日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

身長2メートル越えの巨人

こう聞くとある意味では聞き慣れたような言葉のようだが実際のところ2メートルを超える人間と言うのはなかなかいない。

その巨体で有名なアメリカのウィリーウィリアムス、南アフリカのケニーウーテンボガードも、当初2メートル越えと言う触れ込みで売り出されていたが、それはおそらくは映画の宣伝効果も加味しても表現で、実際のところ196センチ前後というのが本当らしい。

その後幾度も巨体の選手は現れたが、ヨーロッパ最強の男ミッシェルウェーデルも197センチで、白鯨ジャンリヴィエールも188センチ、バルトの魔人と呼ばれたドナタス・イムブラスも196センチだ。

k-1やPRIDEで活躍していた有力選手たちも、ほとんどが190センチ前後と言うのが相場となっている。

しかし長い極真の歴史の中で、本当に2メートルの大台を超え、その活躍を期待され、しかし結果を残すことなく去っていった選手たちというのがいる。

2メートル越え、そして華々しい紹介、実際のところミーハーな私はそのたびに胸踊らせ、敗れ去ってもなおその時の興奮を忘れることができない。

そんなわけで今回はそんな彼らにスポットライトを当てたいと思う。

はじめに紹介するのは、ハシム・マホメッド

スーダンのハシム・マホメッド

スーザン出身の彼は、本部道場で修行を重ね、研鑽し、そして第13回全日本選手権大会に挑んだ。

身長2メートル1センチ、体重103キロ、そのあまりに恵まれた体格のため、当時熊殺しとして世間を馳せていたウイリーウイリアムスを超える逸材として騒がれていたようだ。

そんな彼は初戦を清水雅文選手を相手に、わずか開始14秒左上段廻し蹴りで1本勝ちを奪い、会場を大いに沸かせることになる。

2回戦を延長で退けて迎えた3回戦、相手は闘将の異名を持つ木元正資。

身長30センチの差をものともせず前に出る、そこへ帯の下あたりに膝蹴りが決まり技り――正直これは金的蹴りに見える(笑

さらに中に入ってくるところに、顔面パンチの連続。

これに木元選手の下顎が骨折、歯も3本折れたために、ドクターストップで次戦に進むと言う…いや今考えるとマジありえない判定ですね(笑

そして4回戦で対戦した前田政利選手に、接近して正拳突きの連打を食ったところで苛立ったのか、わかりやすく投げを放ち、そこから試合が大いに荒れ、つかみまくるし、やめと言われても聞かないし、審判を蹴飛ばすし、顔面を殴るし踏みつけるし、もうめちゃくちゃ。

その反則が減点となり、ここでハシムは破れることになった。

その後はプロレスに行って猪木に挑戦しようとしたり、士道館に行ったり、さらに芦原会館移籍を経て、アラビア空手を主催しているとの話もある。

当時の大山総裁の書籍で、神仏は尊ぶべし、しかし頼るべからずと言う話の一説で、1日6時間もお祈りし、稽古時間は2時間、祈りと稽古の時間を入れ替えれば世界一になれるものを…と語っている話があるが、これはどうやらハシムマホメットについて語っていたようです。

続いて紹介するのが、極真大山派として開催された第7回世界大会に出場した、オランダのアンドレ・フィッシュ。

オランダのアンドレ・フィッシュ

身長は驚きの2メートル4センチ!

自分が知る限りでも超巨体と言っても差し支えないのではないだろうか?

対戦相手にまるで中段のノリで上段回し蹴りを連発し、接近したところに膝蹴りで一撃必殺。

その圧倒的な戦いぶりに胸沸かせたものだ。

しかし次の戦いで当たった、デンマークのブライアン・ヤコブセンの後ろ蹴りを膝で受けてしまい、それでおそらくは痛めてしまい、その後の下段回し蹴りで止めを刺されて、そこで試合を終えてしまった。

この試合の台風の目と呼ばれた男だったが、しかし実際これを止めたブライアンヤコブセンはヨーロッパ大会において常に優勝戦線に食い込み、世界大会もベスト16以上の常連で、あの極真史上最強である塚越孝行にものちに勝つこともあると言うことも踏まえれば、この敗北は必然と言えば必然だったのかもしれない。

そして最後に紹介するのは、新極真会の第9回世界大会に出場した、スウェーデンのフレデリック・オルソン。

スウェーデンのフレデリック・オルソン

今知ったのだが身長は205センチ。

いや衝撃、アンドレフィッシュよりでかいですね――これは間違いなく極真史上最高クラスの身長!

あのバルトの魔神を相手に果敢な攻撃を繰り出すが、回り込まれ、追い詰められ、パンチで腹を効かされガードが下がったところに、まさかの左上段回し蹴りを食っての1本負けを喫した。

相手のドナタス・イムブラスの、身長196センチ体重108キロならではの決まり手と紹介されたがその通りで、ある意味では緑帯にしてここまでやって、派手に玉砕したために、これ以上ないほどに注目されたとも言えるかもしれない。

武道の極意は良く、柔よく剛を制す、小よく大を制すと思われがちだが、その反語も確かに存在している。

剛よく柔を断つ。

人はやはり自分にはないもの、大きいもの、強いもの、それに憧れる、そして私もそれは間違いなくその例に漏れない。

他を圧倒する状態にして、大衆の目を引きつけ、期待され、しかしそれに充分応えること必ず、壇上を降りていったその選手たち。

私はそんな彼らに、勇気を持って舞台に上がったことに喝采を送り、その勇姿を胸に焼き付けて、忘れないようにしたいと思っている。

大きければ強いわけではない。

どんな人間でも戦いは怖い。

そこに勇気を持って立ち向かう、そこにこそ、武道性、極真空手の真髄があると私は考えている。

___________________

おススメ記事!↓

関連記事はこちらへ!→ 空手及び格闘技

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇