新着記事

ロッキー・リンにアッパーを打ち込むリカルド・ロペス

: 空手および格闘技

ホワイトファング!リカルドロペス最強伝説 はじめの一歩越え衝撃アッパーが相手を場外まで吹き飛ばす!

史上最強リカルド・マルチネス 範馬刃牙でいう範馬勇次郎、ドラゴンボール超でいう破 ...
郭雲深の半歩崩拳

: 空手および格闘技

“半歩崩拳あまねく天下を打つ”郭雲深 郭海皇のモデル,史上最強の武術家 太氣至誠拳法澤井健一の師 王郷斎を弟子に持つ!

郭雲深 私の先生は実技のみではなく、空手のみではなく、様々なジャンルや、そして武 ...
輪島功一のカエルパンチ

: 空手および格闘技

“カエルパンチ”!輪島功一 はじめの一歩青木勝の必殺技 よそ見や脅かしウサギパンチを見せて掴んだ重量級の栄光!

ユニークスキル ユニークスキルと言う言葉がある。 固有技能と言われているもので、 ...
闘う極真空手家島田慧巳

: 空手および格闘技

“桜花爛漫”島田慧巳 可憐で鮮烈なる春の桜のように咲き誇ったその舞闘が観衆を魅了する!

新極真会第23回全日本ウェイト制大会 新世代の台頭が多く見られたこの大会で彼女は ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • ⅩⅩ:聖堂の騎士

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 「……お前、名はなんという」 「あ、はい、その……エリュー=オブザードと、いいます」 「ん……お前の職業(クラス)は ……

  • Ⅶ/傭兵の生活④

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________  動かない手足。  動かなくなった子供。  届かない、窓の外の世界。  手を伸ばしたい。  そして、救ってあげたい。  子 ……

  • 五十七話「硬い骨」超本格格闘技小説顎

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  夕人が構えている。くん、くん、と上下にリズムを取っている。  拳を握った状態で、手の平側を天寺に向けている。 左手 ……

  • 第47話「嘘みたいな熱気に包まれて入道雲が高かった屋上で、嘘みたいな十九分間」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  むしろ開き直った。 『いいよ。何時にどこに集まろうか?』  しばしの間をおき、携帯が震える。 『学校。9時』  ― ……

六十八話「叫び」

2021年11月7日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 そして、未だ天井を仰いで薄ら笑いを浮かべている夕人に、ハイキックを放った。
 しかし、そのハイキックはスローモーションのように緩やかで、力がなく、その上高さも足りておらず、夕人の肩に触れたところで、その勢いを止めた。

 夕人が纏に気づいた。
 ギョロリ、と視線を移す。

 その時、会場中の人間が思った。
 ――この場合、ルール上ではどうなるのか?

 しかし次の瞬間、その考えがいかに愚かだったか、思い知った。

「お前さ、」

 夕人が無表情に纏を凝視したまま、乾いた声で呟き――

 拳サポーターを外した。

 会場中に、戦慄が走った。
 こいつが次に何をするか、わかってしまったからだ。

 誰もが思った。
 待――

「うざいよ」

 ごん、と纏の頭が、殴り飛ばされた。
 素手で、だ。

 歯を砕かれ、血の海に沈みながら、相手の反則に抗議することもなく続行した纏の頭を、こともあろうか拳サポーターを外した"素手で"、殴り飛ばしたのだ。

 会場中が、怒りに包まれた。
 火のような怒りはセコンドで特に激しく燃え盛り、その最たるものである天寺が先頭を切って飛び出そうとした、その時。

 一つの人影が、試合場に現れた。

 その人影が、叫んだ。

「あんた、何やってんのよッ!!」

 朱鳥だった。

 空手関係者より、セコンドより、天寺より。誰より早く、風のように壇上に上がったのは、今回初めて格闘技を見た、ただの兄の付き添いだったはずの、神薙朱鳥だったのだ。

 叫ぶ。





「そんなことして、みんながあんたを認めるとでも思ってんのッ!」

 ――止まらなかった。
 朱鳥は試合場で叫びながら、心の中でも叫んでいた。

 朱鳥は二人――天寺と纏の戦いを見てきて、考えが大きく変わりつつあった。
 今まで蔑んでいた強さ、というものが、それぞれが秘めたる美しさ、誇り、魂を見ているうちに、素晴らしく思えるようになってきていた。
 要はその人次第なのかもしれないと、そう思えるようになってきていた。

 それになにより、双子の兄である遥の――永らく見なかった前向きな変化を、本当に嬉しく思っていた。

 そこで、最後にこれを見せられてしまった。

 夕人の、最後にして最悪の、反則。
 負けそうになったらルールなど関係なく、強さで我が儘を押し通す。

 これでは結局、強さは醜悪なもの、ということになってしまう。
 荒々しく、真っ黒で、ガキみたいに我(が)を押し通すことしか知らない。

 それを、こいつが最後の最後に見せてしまった。
 それが、たまらなく許せなかった。

 みなで作りあげた、死力を尽くして盛り上げた宴が、最後のファイヤーストームでその火が周りに燃え移り、大惨事になってしまったようなものだ。
 最悪の、ケチだ。

 それが、許せなかった。

「顔を殴るなって、パンフレットにだって書いてあんでしょ! 何でわかんないの、選手でしょあんた! 最初に確認してこいって話よ! 決勝戦でそんなこと、しないでしょ!」

 自分でも、何を言ってるのかわからなくなりつつあった。
 でも、止まらなかった。
 止まれなかった。

 怒りだけが、口から際限なく出た。

「あんたみたいなやつ、出てこないでよ! あんたみたいなやつが、親をナイフとかで刺すのよ! ガキじゃないんだから、自分の思い通りいかなかったからって、キレないでよ! これはもっと神聖なものなのよッ!!」

「うむ、その通りだな」
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇