五十八話「満身創痍」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________


 ――捌けなかった。
 天寺は、暗い悔しさの海の中にいた。

 構える。
 左手を前に出し、右手で顔面と脇を守る。

 その上から夕人の左ミドルが一、
 二、
 三、
 四発、速射砲のように叩きつけられる。
 一発ごとに衝撃で体がズレ、尺骨がギシギシと軋みを上げ、全身に走り抜ける激痛が、限界を訴える。

 そのあと生まれる僅かな隙をついて、右前蹴りを夕人の腹にぶつける。
 手応えはあるが、めり込むことはない。

 一瞬、夕人が顔をしかめる。
 凶悪な顔が、さらに異形なかたちに歪められた。

 蹴り足が横に跳ね除けられ、顔面目がけて飛び膝蹴りが飛んでくる。
 十字ブロックでそれを受ける。

 衝撃で、上半身がのけぞった。
 脇が空いた。

 そのまま離れず、夕人は天寺の頭を両手でロック――いわゆる首相撲の状態にし、空いた右脇に鋭角に、左膝蹴りを突き刺してきた。

「……づ、ぐっ――!」

 呻き声が、口から漏れた。
 伸ばされた腹筋に突き刺さるそれで、骨も内臓組織も容易く断裂させられそうだった。

 夕人はすぐさま手を放し、距離を取る。
 練仁会のルールでは、掴んでの攻撃は一発までと規定されているからだ。

「……せいっ!」

 右足の甲を、夕人の顔面目がけて跳ね上げる。

 それを夕人は左手で簡単に弾いてから、同じく右ハイを返してきた。
 天寺のハイキックが弧を描いてたのに対して、夕人のハイキックは下からカチ上げるように脛からガツン、とぶつかってきた。
 受けた左腕が痺れる。

 続いて右ローが、太腿にめり込む。
 大腿筋に亀裂が入る感覚に、腰が落ちる。

 攻撃に間断がなく――速い。
 ローなど速すぎて反応できない。

 再び左ミドルが右腕を襲う。
 体が再びズレ、尺骨が軋みを上げる。

 当たった瞬間、右前蹴りを腹にぶつける。
 夕人の眉間にしわが寄る。

 やつの顔の前は、下げられることのない右の拳でがっちり覆われていて、手出しが出来ない。

 右腕が折れたみたいに力が入らない。
 あまりの激痛に指先が震え、ただ顔の傍に添えているだけで物凄い体力を消耗する。

 左の太腿もローの貰いすぎで、今にも崩れ落ちそうだった。
 うまく立っていられず、腰が引けている。

 右の脇腹も、アバラ骨にヒビぐらいは入っているのではないか?
 息が、そこから漏れている気さえする。
 焼かれた火箸を押し付けられているようだ。

 意識が、ぼんやりと定まらない。
 だが、唯一の武器が天寺に戦えと命令する。

 思う。
 もうオレには、右足しかない。

 もうオレには、蹴りしかない。





 天寺はもう、満身創痍になっていた。

 試合は開始してから、二分が経過していた。
 その間に天寺は、左ミドルを右腕に22発、右ローを左太腿に9発、左膝を右脇腹に4発貰っていた。
 あの天寺が、思うままに試合をコントロールされていたのだ。

 そして、今。

 左足が効いているのは誰から見ても明白で、押されるたびにずりずり、と痛々しげに引き摺っていた。
 体は前屈みになり、アバラに蹴りを貰った時の痛がりようは尋常ではなく、技ありギリギリのところで堪えているようだった。
 目も虚ろで、唯一右手だけがしっかり脇とアゴを守っている。

 その中で左手は、何かを探るように宙空を彷徨っていた。
 何か壊れそうな物を優しく包み込んでいるように、半開きにされた手を前につきだしている。
 その様は、誰から見ても不気味だった。
 意識が、トんでいるように見える。

 それを見て、夕人は気味が悪くなってきていた。
 もう全身メタメタに蹴っ飛ばしてやったというのに……もう腕に至ってはヒビくらい入っている筈なのに……ゾンビみたいににふらふらと立ち続けて、馬鹿の一つ覚えみたいに前蹴りを繰り返す。

 ――だが、と夕人は思う。

 だが、この前蹴りが厄介なのだ。
 ムエタイの選手が使う距離をとるような前蹴りではなく、グサリと腹に突き刺さる。

 痛む。

 一発、一発、先が尖った棒で突かれてるように、腹筋がえぐられる。
 それは効いてポイントが取られるほどの痛みではなかったが、確実に夕人の神経を削っていた。

 苛立ちが、胸の中で膨れ上がっていた。しつこさと、前蹴りの痛みが、たまらなく苛立つ。

 苛立つ。
 苛立つっ。
 苛……立つ――――ッ!
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

面白かったらこちらをクリック👍
 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング