新着記事

コロナ禍うつ病潰瘍性大腸炎になり派遣切り就活20敗で考えた事

死と生の狭間、人間の尊厳を想フ いろんなことを考えました。 まず、やはり人間の尊 ...

那須川天心vs皇治 エンペラーは神に挑み、焼かれながら撃ち堕とされなかった

皇治という生き方 戦前は圧倒的な皇治不利 今回の戦いは、事前情報がかなり豊富な状 ...

【とある科学の超電磁砲T】ちょっと救われたわ…人間の尊厳と世の中の理を問う

超電磁砲Sは人間の尊厳に切り込んだ作品 無印とは別物の展開 とある科学の超電磁砲 ...

死に至る病―うつ病闘病記⑩「僕を救ってくれた奇跡の言葉」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________ ...

記事ジャンル一覧

関連記事

千回ワイン瓶で脛をブッ叩く実験、果たしてムエタイみたくなるか?

2020年9月27日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikukose

武道的実験

最近実験を始めました。

私は昔から、骨があまり強くありませんでした。
先生によると骨の硬さと言うものも才能があって、もともと強い人はやはり硬いという話でした。

しかしムエタイなど、そして昔のK-1や新極真の試合などを研究するにあたって、単純な脛の硬さと言うものがもたらす戦術の幅や純粋な地力と言うものがあまりに大きなウェイトを占めると言うのを知りまして。

どうにもこうにも強くて硬い脛が欲しくなりました。

昔から鍛えてはきたのですが、やはりムエタイのような人並み外れたものにはなっていません。

極真空手を20年以上やってきても、です。

365日、骨を叩く

そこでこのたび、1つの実験をすることに決めました。

毎日、休みなく、稽古する日もしない日も、365日間、ぶっ続けで脛を鍛える。

極真空手家が1000発ひたすら脛を叩くだけの動画

通常であれば鍛えるといっても、練習日だけ、それも週に3日とか4日だとか、用事があったらしないのが普通。

それを寝る前、大体夜の12時ぐらいに、脛をワインボトルの角でぶっ叩きながらアニメを見ると言うことを習慣化して、ずっと続けたらどうなるかという実験を自分の体でしてみることにしました。

ちょうどアニメを見る習慣がなかったので、小説の幅を広げると言う意味でも意欲が湧く、我ながら素晴らしいものだと思いました(笑

そんなわけで週に1回か月に1回か頻度は分かりませんが、叩き続けた脛の様子がどのように変わるかを写真やら説明で載せていきたいと思います。

そんなわけで第一回の写真はこちら、iPhone SEのカメラだと正直映りがあまりよろしくないので、持っているデジカメで撮るかどうかちょっと考え中ですね(笑)

とりあえず今のところは所々赤く腫れていて、触った感じも多少ブリッ、とするかなと言う感じです、ちなみに脛を叩き続けて3、4ヶ月経過してます、しかし昔痛めたと言う理由から内側を叩きすぎていたので、改めて実際に行けるところに当てて始めたのが最近なのでちょうどいいかもしれません。

経過の報告、こうご期待です(笑
___________________

おススメ記事!↓

関連記事はこちらへ!→ 空手及び格闘技

執筆者の超本格格闘技小説はこちら! → 

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇