新着記事

川畑幸一と闘った極真空手家トニー・ボーデン

: 空手および格闘技

“赤鬼”トニーボーデン ギャリーオニールやサムグレコ豪州勢最初期第2回世界大会で繰り広げられた”小さな巨人”川畑幸一との歴史的激闘譜!

オーストラリア出身の空手家 個人的な話だが、私はオーストラリア出身の選手を結構推 ...
内山高志vsジョムトーン・チューワッタナ

: 空手および格闘技

眼窩底骨折の一撃!内山高志スーパー王者初防衛戦vsジョムトーン・チューワッタナとの衝撃破壊劇!

日本史上初のスーパー王者 OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級王者を5度防衛、W ...
極真空手家の吾孫子功二

: 空手および格闘技

“大器晩成”吾孫子功二 未完の大器と嘱望され世界、全日本ベスト8の壁を乗り越えられなかった力が花開いた第7回世界大会の輝き!

未完の大器 身長186センチ体重102キロと言う非常に恵まれた体格、日本人離れし ...
正道会館三連覇を果たした川地雅樹

: 空手および格闘技

“正道三連覇”川地雅樹”佐竹雅昭,角田信朗,柳澤聡行や後川聡之ら強豪と鎬を削り、USA大山空手との戦いで偉業を達成した草創期を代表する名選手!

正道会館全日本草創期 初期の正道会館を代表するとも言える、そうそうたる戦績を収め ...

記事ジャンル一覧

関連記事

交通事故なレフトクロス!畑山隆則vs朴宰佑 天才的速攻で解説「これはちょっと早過ぎる」と叫ばせる!

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

畑山隆則

日本のボクシング史上においても、ある種最も高名な、そしてあまりにも高いセンスを見せつけたボクサーの1人とも言えるかもしれない。

16歳の夏、テレビで見た辰吉丈一郎の試合に刺激を受け、自分と同じような不良でも世界一になれると、高校中退して、プロボクサーを目指して状況。

名トレーナー柳和龍と出会い、二人三脚で練習を重ねていき、東日本新人王及び全日本新人王を獲得。

そのキャリアのほとんどをKOで積み重ねていき、OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級王座3度防衛、日本スーパーフェザー級王座獲得、WBAスーパーフェザー級を一度、WBA世界ライト級王座を2度防衛と言う、輝かしい成績を残すことになる。

そんな彼の試合の中で今回取り上げさせていただきたいのが、1995年7月17日に行われた、朴宰佑戦だ。

その時畑山隆則は12勝10KO無敗、日本ジュニアライト級2位につけており、大変に勢いに乗っている時期であり、そのきっちりと分けられ、整えられ、さらには後ろで結ばれた茶色の髪と、キラキラ輝くガウン、さらに試合前に受けたインタビューで「放送ではとても言えないような物騒な言葉」で語ったという自信が、その時の彼の状態を表しているかのようだった、わからないですけど(笑

対する朴は韓国ジュニアライト級4位、10勝5KO2敗1分、この時国内で畑山隆則の試合の相手をしてくれるボクサーと言うのはおらず、これで4試合連続の外国人との戦いという話だった。

試合前体を動かす畑山隆則のその瞳、そこには一種の狂気、笑顔にも、ある種の恐ろしさがにじみ出ているように感じられた。

睨み付ける朴に対して、畑山隆則はどこを見ていると言うこともなく、ただただ自ら、そこに集中力を高めている様子が見てとれるようだった。

vs朴宰佑戦

第1ラウンド、静かにグローブを合わせ、そしてサークリング、恐ろしいまでの静かな始まりから、いきなりの左フック。

そして静かに構えて、オーバーハンドの右。

重い。

いきなり狙ってきた。

そして完全にノーガードで腰のあたりに両手を据えての、鮮やかなサイドステップ。

そして飛び込むような左フック。

この時点で非常に異質なボクサーだということが伝わってくる。

両手を叩いての左ジャブ、さらに猫だましからの左ジャブ、とらえどころがない、出たり入ったり、体をひねったり、まるでモハメドアリのようだ。

朴がパンチを打とうという体制を見計らって、左フックを合わせる、カウンターよりも早いカウンター。

見たところ左のフック、それが自信があり、狙っているような印象がある。

かと思えばいきなりの右ストレート、全てがフェイントであり、全てが本命のような、そのような不気味さがある。

静まりかえる会場、こんな雰囲気はある種初めてかもしれない。

それに対して朴も、石のように固そうな右のオーバーフックで反撃。

当たるたびガードの上からでもゴツゴツと固い音が響く。

しかし小さな左のダブルを払った、その二発目を狙っての鮮やかな左フックのカウンター。

そこからアッパー、左フック、速い、そして非常に的確。

まだ1分半しか経っていないと言うのが信じられない。

チョッピングライトを狙っての、左フックのカウンター。

恐ろしいまでの当て感。

常に動き、常に頭を振り続ける。

飛ばされたその動きすら、次の一手に変える。

頭がつくほどの接近戦でも、ショートアッパー、ショートフック、そのコンビネーション、ガードの隙間を突く技術がすばらしい。

そのままボディの叩き合いで、コーナーに押し込まれ――もしかしたら引き込み、1ラウンド終了。

この卓越さで、19歳というのはまさしく恐るべきと言えるだろう。

超衝撃のクロスカウンター

8連続KOなるかという解説に背中を押されるように、リングから飛び出し、駆け足で第2ラウンド開始。

こんな始まり方するボクサー初めて見た!

対角線にいる朴目掛けて一直線、そこに朴はカウンターの右フックを合わせるが、それをガードして、返ってきた左フックに合わせてのあまりに鮮やかな左フックでの、レフトクロス!

言葉を失った、そして叫んだ。

いやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやあり得ねー!

倒れた朴はうつろな表情で両足をぴんと伸ばし、肘を曲げた状態で動かず、こう言ってはなんだが、まるで死んでしまったかのようだった。

実況の一言、

「これはちょっと早すぎる!」

終わった後の畑山隆則の表情が余裕すぎる。

なんだこの人――

レベルが違うっていうか、化け物なのかな?

なんかちょっと行って、パチンとやって倒したみたいな……。

当たった瞬間朴はのけぞり、しかしあまりにも的確に顔面だけとらえたために体はその左フックの勢いで回転し、その首だけが置き去りになり、いびつな体となり、そのままの勢いでロープに体が叩きつけられ、弾き飛ばされるようマットに着地。

顎を打ちつけ、頭を打ちつけ、ある意味悲惨な倒れ方となったが、それにしてもそれにしてもそれにしてもな一撃だった。

それこそ本当に、交通事故のような……。

あまりにもあまりにも、ショッキングな映像。

そしてそれを涼しい顔で、当たり前のようにやってのける、その精神力。

なるほど確かにこれだけの実力があれば、天才だと、騒がれているのも、有名なのもうなずけると言う話だ。

倒した直後にトレーナーとにこやかに語っていて、一瞥もしないと言うのもその異質さに拍車がかかっている。

さらに一説よると「この後の決まった相手は誰でも倒す。いつでもうちのジムに電話をかけてくれ」という名言も飛び出したという話もあるという。

恐るべし、そしてこれから知るべき、日本が誇る凄まじいボクサーと言えるだろう。

___________________

おススメ記事!↓

関連記事はこちらへ!→ 空手及び格闘技

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇