新着記事

ロッキー・リンにアッパーを打ち込むリカルド・ロペス

: 空手および格闘技

ホワイトファング!リカルドロペス最強伝説 はじめの一歩越え衝撃アッパーが相手を場外まで吹き飛ばす!

史上最強リカルド・マルチネス 範馬刃牙でいう範馬勇次郎、ドラゴンボール超でいう破 ...
郭雲深の半歩崩拳

: 空手および格闘技

“半歩崩拳あまねく天下を打つ”郭雲深 郭海皇のモデル,史上最強の武術家 太氣至誠拳法澤井健一の師 王郷斎を弟子に持つ!

郭雲深 私の先生は実技のみではなく、空手のみではなく、様々なジャンルや、そして武 ...
輪島功一のカエルパンチ

: 空手および格闘技

“カエルパンチ”!輪島功一 はじめの一歩青木勝の必殺技 よそ見や脅かしウサギパンチを見せて掴んだ重量級の栄光!

ユニークスキル ユニークスキルと言う言葉がある。 固有技能と言われているもので、 ...
闘う極真空手家島田慧巳

: 空手および格闘技

“桜花爛漫”島田慧巳 可憐で鮮烈なる春の桜のように咲き誇ったその舞闘が観衆を魅了する!

新極真会第23回全日本ウェイト制大会 新世代の台頭が多く見られたこの大会で彼女は ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • 七十六話「巨獣 vs 武人」超本格格闘技小説顎

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  間彦六がリングの上に立っていた。  純白の空手衣をまとい、手には指定されたオープンハンドグローブを着け、自然体を保 ……

  • 第66話「銀の三日月」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  彼女も立ち止まり、店を見上げる。 人二人くらいがどうにか通れるくらいの縦長の店内に、まるでおもちゃ屋のように壁とい ……

  • 第32話「五月二十九日、木曜日①」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  そんな悪夢を見た日の大学の昼休み、 「今日も……いる」  少しの驚きと共に、僕は過去の自分の指定席に違和感無く座る ……

  • Ⅶ/傭兵の生活③

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  一度上げるまでが、五秒。 そして落とし足首の前の定位置で止めて反動の震えが収まるまでやっぱり五秒。 そして次の起動 ……

三十話「必死」

2021年11月7日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 ガードの上から叩き込まれ、耐え切れなくなり、天寺は呻き声をあげてしまった。
 纏はその声を聞きとめ、攻撃の手を止めて一歩下がる。

 途端、今まで堪えていた分の痛みが噴き出し、たまらず腹を押さえて体をくの字に曲げ、膝をついた。
 視線を感じる。
 纏が、上からあの鉄面皮のような無表情で、こちらを見下ろしている――

 血を吐き出しそうなほど、悔しかった。

 天寺は纏と、組み手を行っていた。
 今度のは前回のような一本組手ではなく、通常の全員で回るものだ。

 そこで天寺は、最初はうまく捌き、いつものように上段蹴りを狙っていた。
 しかし徐々に追い詰められ、ローや突き、時折放たれるハイなどでバランスを崩され、膝蹴りをまとめられ、壁際に追い詰められ、最後は左ミドルをガードの上から貰い、一本負けを喫してしまったのだ。

 まさかカードの上からこれほどのダメージを被るものだとは、想像だにしていなかった。

「くっ、づ、ぐぅ……ッ!」

 纏に喫した一本負けは、これで五度目になる。

 あの初対決から、既に二ヶ月が経過していた。
 天寺はあの時受けた左中段廻し蹴りで、右肋骨に手痛い打撲傷を負っていた。





 それが、動くのに支障ない程度まで治るのに、一週間ほど。
 そこから組み手が出来るようになるまで、さらに二週間を費やした。

 それから約一ヶ月の間に、それだけの負けを天寺は纏に喫してしまっていた。

「ひゅ……ひゅ……」

 短い呼吸を繰り返し、天寺は必死に痛みから回復しようとした。
 息をするたび腹は軋んだが、その度痛みは落ち着いていった。

 あの初対決から、天寺は変わった。

 今までの天寺は、それほど稽古を重要視していなかった。
 汗臭く必死になって稽古するより、感覚を研ぎ澄まして一瞬のセンスを磨くべきだ。
 努力なんて、才能のないやつがすること。
 そんな風にすら、考えていた。

 それをあの負けが変えた。

 強烈なまでの欲求が、天寺の中に生まれていた。
 勝ちたい。
 汗臭くても、必死になってでも、みっともなくたっていいから努力して強くなって、勝ちたい。
 そんな風に考えるようになっていた。

 毎日毎日汗を流して、必死に稽古した。
 道場に行く回数を週二から四に変え、家に帰ってからは毎日二キロを走り、柔軟を入念に行い、今までやってこなかった筋力トレーニングさえメニューに加えた。

 それでも、纏には敵わなかった。
 それどころか、戦うたび差は開いていくように感じられた。

 天寺の戦い方は、いうなれば相手の裏をかく、奇襲戦法に近いところがある。
 それは逆にいえば、戦えば戦うほど、手の内を読まれ、通用しなくなるという一面も含んでいた。しかし、他にやりようもなかった。
 天寺は技に関しては他の誰にも負けない自信があったが、筋力に関しては常人以下しかないという自覚があった。だからこそ天寺は、今の戦い方を選択したのだから。

「ハァ……ハァ……」

 冷たい汗、整わない息。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇