現代を生き抜くための空手、虐待に殺されないための武道

2019年10月11日

少々前のこととなりますが、Yahoo!ニュースで知って、フリーダム嫁の観察日記!、と言うブログを読みました。

リンクなどを貼っていいのかわからないので一旦控えさせていただきますが、この方は子供の頃から、それはもう絶句してしまうほどの虐待を受けてきました。

私も、小学校3年生から中学校3年生まで学校でいじめを受けていました。それも小学校3年生から小学校5年生の後半位までは、クラスの男女両方から、女子からは汚い不潔とののしられ避けられ、男子からは殴る蹴るを受け、精神肉体両方で痛め付けられていました。

それがあってかなくてか、そういう記事や本はよく読んできました。ですから、ある程度そういうものには知識、そして耐性があると思っていました。

ですがこの方は、その中でも群を抜いていました。もはやその状況を正確に想像することが難しい方でした。作家である、私が。

その中で私が思ったのは、冗談抜き、本気で空手と言うものは日々の生活を生きていくうえで必要なのだな、と言うことでした。

これは空手の師でもある父がよく言っていたことです。この時代、自分の身を守るために空手が必要だと。

ですがその時の私は、その意味を正確には捉えていませんでした。そういう考え方もある、など、もしくはそういう方便で空手の有用性を訴えるのもありかな、程度にしか。

ですが昨今、虐待、いじめ、パワハラモラハラ、そして車の煽り事件などなど。

引き合いに出すのはどうかと思われますが、いくつもの殺傷事件。

いつも狙われるのは、弱者です。虐待は、家族の中で行われ、家庭の中で行われてしまえば、助けを求めるというのは非常に難しい状況です。その中で、空手さえあれば。

受け方を知っていれば、拳を堪える体を持っていれば、一撃を加えられる力さえあれば。

ただそれだけで、状況は一変する。
私はどうしても、そう思わざるをえませんでした。

絶対に虐待した相手を、許すべきではないし、心情的に許したくもありません。100%、悪いのはそういった奴らです。

しかし現実、頭のおかしい人たちは存在します。言葉が通じない相手は存在する。その中で、唯一交信できるのは、暴力と言う名の力だけです。

私は初めて、道としての武道を追い求める以外の空手のあり方を知った気がしました──いえ、そもそもが武道と言うものが、弱者が強者から身を守るための、戈を止めるためのあり方でした。

自分がまだまだの道半ばである再認識するとともに、それを知ることができたこと、そのブログを書いてくれた彼女に、感謝したい気持ちです。
面白かったらこちらをクリック👍
 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング