新着記事

黙想する大山倍達

: 空手および格闘技

黙想 稽古前後に行われるそこに秘められた、武道空手の深奥とは――

黙想 極真空手の稽古において、それを始める前に正座してまず初めに行われるものだ。 ...
白蓮会館世界王者北島悠悠

: 空手および格闘技

“白蓮世界王者”北島悠悠 南豪宏に次ぐ絶対王者として塚本徳臣とも激闘を繰り広げた必殺の飛び膝蹴り!

白蓮会館覇者 最強の侵略者である、白蓮会館、その初期を支えた絶対的な覇者であり、 ...
ロッキー・リンにアッパーを打ち込むリカルド・ロペス

: 空手および格闘技

ホワイトファング!リカルドロペス最強伝説 はじめの一歩越え衝撃アッパーが相手を場外まで吹き飛ばす!

史上最強リカルド・マルチネス 範馬刃牙でいう範馬勇次郎、ドラゴンボール超でいう破 ...
郭雲深の半歩崩拳

: 空手および格闘技

“半歩崩拳あまねく天下を打つ”郭雲深 郭海皇のモデル,史上最強の武術家 太氣至誠拳法澤井健一の師 王郷斎を弟子に持つ!

郭雲深 私の先生は実技のみではなく、空手のみではなく、様々なジャンルや、そして武 ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • #47「純化」小説月が堕ちた夜の表紙

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  沈黙がおりた。 それも当然だった。 こんな質問、答えようがない。  ぼくはただ天を仰ぎ、雪を見つめ続ける。 そこに ……

  • 第63話「なんで?」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 『彼女は……ありゃあ別に暗いんじゃない。単に感情表現が下手なだけだね。お前が引き出してやれよ』  そこまで考えて、不 ……

  • ⅩⅣ/悪魔憑き⑩

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  まったくわからない理屈だった。 というより理解したくもない理屈だった。 これ以上相手にすると面倒そうだった。  ベ ……

  • #45「怖い」小説月が堕ちた夜の表紙

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 「わたしが、遼を……見てるみたいに?」 「――――」  今度はぼくの方が、絶句する番だった。 もはや嬉しいとも違う。 ……

十八話「ノーガード vs サウスポー」

2021年11月7日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 でも、出来ればやっぱり試合を見せたかった。

 どうしても組み手では、暗黙の了解でお互いに手心を加えるようになっている。
 それだと自分の良さが出せない。

 そこに、他県の高校生チャンピオンがやってきた。

 ダブルで嬉しかった。
 クラスメイトにいいところを見せられるという期待感、自分と本気でやりあえる相手かもしれないという高揚感。

 そして実はさらに天寺のテンションを上げる要素が、もう一つあった。
 それはこの相手が、初めてこの道場を訪れた人間だということだった。

 この道場に来たばかりの人間は、往々にして天寺の実力を見誤る。
 天寺の体格は身長173センチ、体重57キロ。ゴツゴツした印象は皆無で、襟足は長くゴムで括られていて、構えはノーガード。
 その外見から彼は、いわゆる舐められる事がよくあった。

 それを、一度の手合いで打ち崩す。

 その時の対戦相手の愕然とした表情を見るのが、天寺は好きだった。
 相手の中での自分の評価が、反転する。
 それを実感する時、自分が強いという実感が得られ、天寺はたまらなく快感を覚えた。

 天寺は、笑みを作った。



 纏はうつむき加減で目を細め、どこか虚ろな表情をしていた。

 まるでなにがそんなに面白いのか、と蔑んでいるようでもあった。
 そしてその構えもまた、同じく静かなものだった。

 一般に最も普及している構えに、双手(もろて)の構え、というものがある。
 両拳をアゴの傍に据え、腰を落とす。
 体は相手に向け、30度ほど半身を切る。

 一般にファイティングポーズとも呼ばれている、正面から衝突することに向いているものだ。

 纏の構えは、それに近い。
 だが、アレンジを加えてある。





 拳の握りは軽く、前後左右に動けるように腰の位置は高めで、半身も30度ではなく45度――斜めに近かった。

 機動性に優れた構えだ。
 何が来るかわからない、逆に言えば何が来てもおかしくない。
 悪く言えば半端、よく言えば怖い構えだった。

 その上纏は、サウスポーだった。

 左利きの構え。
 通常大半の人間がそうである右利きでは、左足が前に来る。

 それに対して纏は右足前に構えていた。
 たったそれだけの事だが、こと組み手に関していえばそれだけで、闘いの組み立て方は激変する。

 にやり、と天寺が笑った。

 天寺の構えが変わっているように、纏の構えも通常のものではなかった。
 それが、嬉しい。

 しかもその構えから伝わってくる、冷たい空気。
 天寺は背筋にぞくぞくするものを感じた。

「――シッ」

 短い呼気と共に、天寺は右の前蹴りを放った。
 だが、力はさほど込めていない。牽制の意味を込めた、しなやかな蹴りだ。

 纏はそれを、右の掌(しょう)――手の平を使って、左に跳ね除ける。
 そのまま身を屈め、懐に飛び込もうとする。

 それに合わせるように天寺の体がスッ、と後ろに下がった。
 同時に左足が短い弧を描いて、纏の前足である右足の太腿にぱちん、と軽い音を立てる。

 下段廻し蹴り、一般的にはローキックと呼ばれている、脛で相手の太腿を蹴り込む技だ。

 それに一瞬、纏の動きが止まる。
 その隙に天寺は左、右の順番で足を引き、間合いを開けた。

 再び構図が、元に戻る。

 じっ、と纏が、天寺の顔を覗き込む。
 まるでこちらの様子を窺っているような、そんな視線だ。

 つ、つ、と右足前のまま、静かに間合いを詰めてくる。
 それに合わせ、再び右前蹴りを放とうと天寺が左足に体重をかけ――



 天寺の左足――前足が、外に吹き飛ばされた。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇