それでもなぜ、戦うか?

それはTwitterで問われた質問でした。

なぜ戦うのですか?

とっさには答えられませんでした。
正直戦う事は、辛いことの方が多いです。

痛い、怖い、緊張する、時間を取られる、お金も得られない、共感もされない、尊敬もされはしない——

世間一般的な価値観からすれば、やる意味はどこからも見出せないかもしれません。

じゃあなぜ戦うのか?

戦うと決めたからです。

自分で、戦うと決めた。

戦いに、意味は無いのかもしれません。いや厳密に言えばあるでしょう。

相手の痛みを知る、そのことによって優しくなれる。
生死に関わる出来事に立ち向かうことで、生きる意味をもっと強く実感できる。

ですがそれは所詮は、結果論です。

戦うことの最大のポイントは、そこからに逃げないことです。

試合1ヵ月前から、試合と言うものを意識し始めます。

とても嫌な感じです、真綿で首を絞められるような――

試合は、恐怖の塊のようなものです。

怪我をするかもしれない、いやもしかすると大怪我をするかもしれない、一方的にやられて恥をかくかもしれない、観客に蔑まれるかもしれない、師範から失望されるかもしれない、後輩が離れていくかもしれない――

自分の努力は、水泡に帰するかもしれない。

良いイメージなんて沸きようはずがありません。

そんな強い人間など、実際のところほとんどいないでしょう。

1週間前まで来たら、悪夢を見ることすらあります。

やめたくて辞めたくて逃げたくて逃げたくて、しょうがない。

勝ったって、相手を痛めつけるだけ。

それにお互い同じ武道やってる仲間なんだから、勝っても負けてもどっちが上と言うことも、そして興行じゃないんだからお金だってもちろん発生しない。

なんでやらなきゃいけないんだ。

やらなくたって一緒じゃないか。

そこまで追い詰められて、自問自答して、気づくんです。

やってもやらなくたって、武道である以上恥もなにも関係ない。
勝敗によって失うものなど、なにひとつとしてない。

ならば。

より前に進むために、武道という道を歩むために、逃げずに戦うべきだ。

負けたって、恥をかいたって、構わないじゃないか、そんなことは乗り越えたじゃないか?

だったら、立ち向かう。

いやむしろあえて負けを前提で、試合に挑む。

全力を出せなくたっていい。

なんだって。

終われば笑い話、みんなで肩を組んで飯食って酒飲んで大騒ぎだ。

だったら立ち向かおう。

そしたら今よりも前に進める。

空手をもっと楽しめる。

そんな自分をもっと好きになれる。

そして、そんなふうにずっと頑張ってきた、ひたすらやってきた自分に期待をかけている人に、その期待に応えて、笑顔にすることだってできる。

自分に報いることができる。

失敗したって――いや、もっと言えば人生に失敗なんて、ない。

この境地に至ったことこそが、自分が武道をやっていた、その成果だ。

だからなぜ戦うのか? と問われれば、

意味や理由なんかない。

ただ試合があるから。

そして、怪我や負けや恥を恐れることを、克服することこそが武道だ。

私は今、そう信じている。

そしてそう信じることができれば、強くなれる。

たとえ結果が出なくても、そう信じてやっていく自分が大好きだから。

だから私は今、戦っています。

次の瞬間には戦わないかもしれません、私はそこには囚われません。

戦っても戦わなくても、逃げても逃げなくても、自分を軸に据えて考えることができれば、それこそが私が考える武道家だからです。

恐怖を克服して、

自分らしくのびのびとやっていきます

私は、生きていきます。
___________________

面白かったらこちらをクリック👍
 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング