小説, 刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 僕は痛む頭を両手で押さえ、目を瞑ったまま地面に片膝をついた。
 耳鳴り ...

小説, 刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 実は彼女はアクセサリー嫌い。

 浮かんでは消し、消しては ...

小説, 刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 彼女も立ち止まり、店を見上げる。
 人二人くらいがどうにか通 ...

小説, 刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

「入ったサークルが悪かったんだ。……いや、よかったのかな? あいつ、大 ...

小説, 刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

「えーと……じゃあ、アクセサリー屋は、どう? それ」

 と ...

小説, 刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

『彼女は……ありゃあ別に暗いんじゃない。単に感情表現が下手なだけだね。 ...

小説, 刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 支障はない……のか?

「い、いいかな?」

 今までネガ ...

小説, 刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 その後二人はただでさえ馬鹿辛い亀々うどんを、切間は七味唐辛子一瓶とラ ...

小説, 刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 一見おかしな所は特に見当たらない、普通のうどんに見える。

 ずずぅ ...

小説, 刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 そう言って引き戸を引いて中に入っていく切間の背中は、不安以外の何物で ...