小説, 刃と夜, 第四章「鬼ごっこ」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 考察が始まる。
 周りが意見をかわし、それにとうさんが答えを挟みつつ進 ...

小説, 刃と夜, 第四章「鬼ごっこ」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 再び笑う。

 正治の頭が急浮上し、そのまま後方に仰け反る。

小説, 刃と夜, 第四章「鬼ごっこ」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

「――初段、石窪正治(いしくぼ せいじ)。三段、白柳進也(しろやなぎ  ...

小説, 刃と夜, 第四章「鬼ごっこ」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 違和感。
 おかしい。
 僕の狙いでは、ここで隼人が ...

小説, 刃と夜, 第四章「鬼ごっこ」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 僕たちが指定席についたのが十二時二十分くらいで、隼人が一度死んだのが ...

小説, 刃と夜, 第四章「鬼ごっこ」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 その日の昼休み。
 いつものように隼人と一緒に指定席に行き、彼女に声を ...

小説, 刃と夜, 第四章「鬼ごっこ」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

「大学生活の半分は休みだ。後一ヵ月ちょいでオレたちも二ヵ月の夏休みに入る。二ヵ月 ...

小説, 刃と夜, 第四章「鬼ごっこ」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

「お前、えらい気が抜けてねぇか?」

「わかる? 暗戸さんと ...

小説, 刃と夜, 第四章「鬼ごっこ」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 それからはしばらく、穏やかな日々が続いた。

 学校に行き ...

小説, 刃と夜, 第四章「鬼ごっこ」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 そんな早瀬市の中でも件(くだん)の照ヶ崎海岸は、ここに住む市民にとってトップク ...