小説, 刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 頬が引き攣る。

「こ、この人は……く、暗戸夜月(よづき)さんて、い ...

小説, 刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 最初の一枚は彼女の背中の見事なアップとなったが、二枚目以降はちゃんと教えた甲斐 ...

小説, 刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 うなだれて呻く僕に、彼女が得意気な顔で両手を腰に置いて、薄い胸を大きく反らす。 ...

小説, 刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 いや、それは別に険悪な雰囲気だったという意味じゃない。
 こ ...

小説, 刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

「――――」

 思考が、凍りつく。
 体も硬直する ...

小説, 刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 ――――落ち着け……。きっと、話す内容がよくなかっただけだ……。
 心 ...

小説, 刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 体は発熱し、動悸が速くなる。
 待ち合わせ場所である学校に向 ...

小説, 刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 正治の言葉を遮るように、とうさんの声が飛ぶ。
 それを聞いて ...

小説, 刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 最初に準備運動、柔軟体操から始まる。
 次に動きの練習である、基本、移 ...

小説, 刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 隼人は今日の写真部であった一幕を話す。
 大体最初僕らの話題 ...