小説, 刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

『――それはどっちの意味?』

 再びそう訊くより早く彼女が突然、でも ...

小説, 刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 おばちゃんはいつものように豪快に笑いながら対応している。

小説, 刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

「……うちの購買部にも置いてあるけど。……よかったら、見に行く?」

小説, 刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 語尾になるほど声が小さくなっていく。まるで自分の心をそのまま投影して ...

小説, 刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 ――よし!
 ずんずんと大股で一気に近づいて一息で、 ...

小説, 刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 ぴくん、と切間の体が反応し、

「……いってない。俺はやっ ...

小説, 刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 話が面白いのか僕がこんなことをやるのが珍しいせいか、今日の切間のペー ...

小説, 刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 緊張感が、部屋を支配する。
 待つ間の時間は十秒が十分にも一 ...

小説, 刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 以前受けた印象と同じ、食事を必要な作業のように行っている節が見受けられる。 ...

刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 そんな悪夢を見た日の大学の昼休み、

「今日も……いる」 少しの驚きと ...