新着記事

Thumbnail of new posts 103

: 空手および格闘技

“空手界のミルコ”中山猛夫 極真,芦原,正道を左ハイキックで活躍した空手家!

第9回全日本大会初出場での準優勝 極真空手の第9回全日本空手道選手権大会出場して ...
安田英治と山口剛玄と江上茂と大山倍達

: 空手および格闘技

“武神”安田英治②剛柔流,松濤館,大山道場,極真空手修め武道の神髄に到達した伝説!

極真史上最強の空手家 極真空手の長い歴史の中で、神の名を冠する異名を持った人間と ...
Thumbnail of new posts 146

: 空手および格闘技

“獰猛なる英国紳士”ニコラス.ダ.コスタ 中量級で後ろ回し,下突き,素早い出入りを武器に、二年連続世界大会ベスト8を達成した名選手!

UFC準優勝ジェラルド・ゴルドーを撃破 第3回、および第4回世界大会に出場し、第 ...
Thumbnail of new posts 100

: 空手および格闘技

“戦慄の膝小僧”ヴァンダレイシウバvsジャクソン①膝蹴り20連打がマッドドッグを粉砕!【PRIDE】

PRIDEミドル級絶対王者 まさにPRIDEの象徴、その1人として圧倒的な活躍を ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • 二十八話「サンドバッグ」殴り蹴りあう空手家二人

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________  そしてその場所は ……

  • 第45話「真っ黒な携帯」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  不意打ちだった。  切間からケースとして教えられてはいたが、まさか本当にOKを貰えることがありえるとは夢にも思って ……

  • 四十九話「気合一閃」殴り蹴りあう空手家二人

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 「ッづ……!」  痛みが膝の内側を走り抜け、視線を下げて足を見た。 前足である左足が、外に大きく弾かれていた。 普通 ……

  • ⅩⅩⅢ/アレ=クロア①

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 「うむ、これでいよいよ悪魔と契約した可能性が高くなったな……くわばらくわばら」 「いやいや、嫌な時代ですな。おちおち ……

第91話「彼女の水着」

2020年10月7日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 他の人影は、まったく見当たらない。
 灰色の防波堤の向こうに見える、映画の中のカリブ海でしか見れないような透き通った海水と、どこまでも白い砂が、泣いてるような気がした。

 こんなに潮の香りも体の中を洗浄してくれそうな清潔さなんだけどなぁ……。

 そう思ってじゃりじゃりと音を鳴らして防波堤を乗り越え、サンダルの中に入り込んでくる砂の暑さにわたわたして波打ち際までダッシュして、いざ海を目の前にして、ふと思った。

 着いたはいいが……彼女は、泳ぐのだろうか?

 今までのイメージではいかにも泳ぎそうにないような気がする。
 服はいつもあの黒いのだし、今日は黒い日傘まで差してるし。
 ひょっとして今日は見学するつもりとか?

「暗戸さん?」

 振り返ると、彼女は他の靴組(くつぐみ)と同様にのんびりとこちらに歩いてきていた。
 ……おのれ、今日は靴が正解か。

 そんなことを思っていると彼女は首を傾げて僕の顔を覗き込んできた。
 呼びかけた声は聞こえてたみたいだ。

 尋ねる。

「今日は、水着は持ってきたの?」

 頷く。

 ピシッ、と音を立てて、意識が軋んだ。


 …………持って、きたのか。

 一瞬どんなんか想像しようとしたんだけど、そもそも持ってきてるってこと事態が不測の事態過ぎて、そこから先は脳の処理能力を越えまくってしまってたから、口だけくるくる回して、

「じ――じゃあ。いったんここでかいさんして、むこうのこういしつできがえて、それでそのあとまたここにきて、それでしゅうごうってことにしようか?」

 頷く。

「お――しっ。隼人っ、神龍っ、行くぞ!」

 妙な気合いを入れて二人の腕を掴み、引きずるように僕は防波堤の下の、シャワー室とトイレとセットになってる石造りの更衣室へ向けてずんずん歩き出した。
 途中神龍が
「いたいいたいいたい落ち着け白柳」
 と騒ぎ、
「あは、あは、あはははは」
 と隼人が笑ってたのが聞こえた。

 更衣室へ行く時も、着替えてる時も、そのあとちょっとトイレに行った時も、神龍の海パンの尻の辺りに黄金の竜が刺繍されてるのを見た時も、そして今こうして彼女が出てくるのを待ってる間もずっと、頭は一つの疑問に支配されていた。

『彼女は一体、どんな水着を着てくるのか?』

 こういう時、切間がいたらと少し思う。
 あいつとなら一緒に、彼女が水着を持ってきてたことに驚いたり、待ってる間にどんなの着てくるのかを予想し合ったりと色々やれるのだが、今回のメンツにそれを期待するのは……無理だろう。のんびりマイペースでいつもにこにこしてて、そもそも何考えてるかよくわからない隼人。
 隼人とは別に意味で独特の自分の世界を持ち、その興味以外関心を示さない神龍。
 我が友ながら、凄く浮き世離れした変なメンツばっか

 ドアノブが動いた。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇