新着記事

Thumbnail of new posts 080

: 空手および格闘技

“不退転の覚悟”マイケル・ヤング 三瓶啓二,ミッシェルウェーデル,増田章ら超強敵と闘い闘志を見せつけたその勇姿!

三瓶啓二のアバラを叩き折る フィジー、そしてオーストラリアの極真空手家、マイケル ...
Thumbnail of new posts 110

: 空手および格闘技

間柴了の必殺技モデルトーマス・ハーンズのフリッカージャブでパブロ・バエズを衝撃K.O!

間柴了 主人公幕之内一歩の初期のライバルであり、現在でもメインキャラであり、幕之 ...
Thumbnail of new posts 013

: 空手および格闘技

“ヒットマン”長田賢一 空道北斗旗を通算7度制し,佐竹雅昭,極真と共に最強の一角に数えられた、一撃必殺のその打撃!

大道塾草創期の絶対王者 大道塾空道を代表する選手として、その草創期に多大なる活躍 ...
Thumbnail of new posts 024

: 空手および格闘技

ミッシェルvsアデミール 欧州最強の男と南米の星で繰り広げた星の潰し合い、世界最強を決める壮絶な戦い!

極真史上最高のBEST BOUT それを考えた場合私の頭に、3つの戦いが浮かんで ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • 第14話「あの日のその後③」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  ストレッチャーが動き、僕は手術室の中に入った。  今回は全身麻酔を行うらしい。 既に左足には運び込まれた時点で診察 ……

  • 第77話「変で極端で歪な街」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  人間いつまでも童心を忘れてはいけないと思わされる。 それに僕自身、青臭い友情万歳なところもある。  それは、やはり ……

  • ⅩⅩⅢ/アレ=クロア③

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 「い、いや、してませんよっ! それはいわゆる魔女でして、わたしは魔法使いで、その違いは――」 「なら、関係ないな。オ ……

  • Ⅳ:世界の危機

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  どうやってそういう状況になったのか、なんの記憶もなかった。 「どうかね、少しは落ち着いたかね?」  最初に耳に入っ ……

第93話「ビーチバレー決戦」

2020年10月7日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 彼女は終始無言無表情。
 いや、若干頭をひねってはいたか。

 あんま見るのもあれなので、二人が準備してるのを一緒に見て、時折ちらちらと盗み見た。
 やっぱ白くてすんげー可愛かった。
 初めて見る太腿は凶悪なしなやかさで、熱とは別のもので倒れてしまいそうになった。

 肩もすごい繊細。
 胸も主張し過ぎない大和撫子な魅力に溢れていた。
 ああっ……残念なのが、髪が長くて毛量が凄いので背中と……お尻がまったく見えないことなのだが。

 ――て僕は何を言っているのだろうか?

 そんなことを思ってるうちにコートが完成し、かくして隼人、神龍ペアVS僕、暗戸さんペアによるビーチバレーが始まった。
 じゃんけんの末、先攻は隼人チームになる。

「行っくよー」

 隼人が掛け声と共に、軽いサーブを打つ。
 緩くボールが弧を描いて、こちらの陣地に落ちてくる。
 それを彼女がレシーブで受け、僕がトスを上げる。

 太陽の位置と重なり、ボールが一瞬逆光で見えなくなり――

 それと重なるように、彼女の影が舞い上がった。

「……うぇ?」

 変な声が出る。
 それくらい、彼女は高く舞い上がっていた。
 ……一メートルくらい跳んでないか、あれ?

 彼女の影はそのまま空中で、まるで弓のように大きくしなり――

 どん、

 と重たい音を立て、前方に一回転した。
 同時にボールはレーザーのように一直線に吹き飛び、隼人の左隣の砂の上にざくっ、と深々と突き刺さる。


 隼人は一歩も動けなかった。
 神龍もぼんやりと彼女が飛んでた辺りを見つめていた。
 ボールはその半ばまで砂に埋もれ、ぎゅるぎゅると回転を続ける。
 打ったというよりも、"撃ち落とされた"って言った方が正確かもしれない。

 ……なんだあれ。
 僕は呆然と、一回転して着地した彼女を見つめる。
 隼人は困ったように笑っている。
 一方の神龍はじっ、とそのボールを見つめていたが、不意にニヤ、と闘争心剥き出しの笑みをその顔に浮かべた。

 ……とうそうしん、剥き出し?

「来い、白柳」

 気になる表情は変えないまま、神龍がボールをこちらに投げる。
 何となくヤな予感はしたが、しょうがないのでボールを受け取り後ろのラインまで下がり、ほどほどの力でサーブを打った。
 神龍がそれを拾い、隼人がトスを上げる。
 それを神龍が――って!? 

 神龍は思っくそ跳んでいた。
 それこそ顔を真っ赤にして、体全部伸ばせるところは伸ばして鳥のように羽ばたいてた。
 元々身長が高いから、ネットなんて悠々見下ろしてる。

 そして――

 力一杯打ってきやがった!
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇